カテゴリ:考えごと( 7 )

2017年振り返り&2018年の抱負

あっという間に過ぎ去った2017年。
ちょっと振り返っておこうと思います。

何もしていないようだけれど、
子供とみっちり一緒にいてお世話するという
実は密度の濃い1年でした。
まずは、病気や怪我もなく、無事に1年育ってくれたことに感謝。


++2017年嬉しかったこと楽しかったこと頑張ったこと++
・3-4月と10月の日本一時帰国
・10月の帰国時のケアンズ&石垣島旅行
・久しぶりの友達とのキャッチアップ
・腱鞘炎になりながら子育て
・6月くらい(息子8ヶ月頃)から仕事再開
・読書を再開
・プレイグループに参加


ようやく本をまた読むことができるようになったのは、息子が半年を過ぎてからでした。
それまでは、時間があったらとにかく寝る、休むばかりで。
最初に読んだのは村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」。
騎士団長殺しを読みたくて、でもまだ手元になかったから。
久しぶりの活字を追いながら、ゆっくり本を楽しめる時間と心のゆとりが戻ってきた…と
ジーンとしたのを覚えています。
それからは、息子が散歩中に寝たら公園とか図書館とかで読む日々。
本を読むというのは、かなり能動的なことで、読書は贅沢なんだなと思いました。


息子が8ヶ月になった6月頃からは仕事も再開。
フリーランスで物を書いたり翻訳をしたりという仕事なので、
自宅でもどこででもできるというのは、こういうとき助かります。
息子が昼寝をしている間や、夜寝かしつけたあとにちょこちょこパソコンに向かっていました。
と言っても、いつもひっきりなしに仕事があるわけではないので、仕事を依頼された時だけ。
たまたま仕事が重なってしまった11月〜12月は結構ハードでした…。ゲッソリした。


この1年は、子供が成長して行くのと同じように、自分も初めての経験を積んで行って
どんどんレベルアップしてたくましくなっていきました。
初めてひとりでベビーカーで子供を連れて電車でシティまで行ったときとか、
バスに乗ってショッピングセンターへ行ったとか、
プレイグループに参加したとか…
そんなささいなことでも、初めてというのはとてもドキドキするもので、
特に子供がぐずぐずしないかな…とか不安に思いながら、
初めの第一歩を踏み出すのは少しばかりの勇気が必要でした。
でもやってみればできないことはなくて、自分がレベルアップしたのを実感できました。
初めての親というのは、皆こうして色んな初めてを経験しながら
頑張っていたんだなーと、先に親になった友人たちをちょっと尊敬。



そして2018年のやりたいことがんばりたいこと。
・たぶん引っ越し
・ダーニング(繕い物)
・編み物
・刺繍
・旅行いろいろ


息子が生まれてからはとにかくラクを追い求めるばかりの1年だったけれど、
1歳をすぎてからはずいぶん落ち着いたので、
これからはまた丁寧な暮らしを目指したいです。
ゴミはなるべく少なくとか、そういう簡単なこと。

それから、読書とオプショップ以外の趣味も復活させて、
ひとり手芸部を再開したいと目論み中。
寒くなる前に、子供の服とか帽子とかを編んでみたいです。
とか思っているけれど、今は一時落ち着いたように見える子育てが
また大変になって、それどころではなくなるかも。
ま、それはそれで、とにかく健康で楽しい1年を過ごせますように。




d0084580_08322365.jpg







[PR]
by skkiiiii | 2018-01-17 08:36 | 考えごと | Trackback | Comments(0)

平凡だけど楽しかった週末

「子の成長はよろこばしいけれど、昨日とたいして変わり映えのしない今日。
毎日に新鮮味がなくて、たいくつ。
わたしはいまマンネリ沼にはまってしまっている…」

こんな風に思う日が数日続いた先週。
あ!もしやこれは軽く産後ウツなのでは、、、
最近細切れでしか眠れていないからだきっと。


そう感じたので、週末は何か楽しいことをしようと思い立ち、
ちょうど7/14のフランスBastille dayを祝うフェスティバルが
ノースメルボルンで開かれるというので行って来ました。
冬は出来ることが限られているけれど
こういうイベントがあるとちょっと楽しい。


d0084580_12213655.jpg



この日のお目当てはゴントランシェリエのパン。
Smithストリートのお店は我が家からは遠く、行くのが面倒だし
マットがあのエリアはあまり好きではないというのもあってなかなか行けない。
でもノースメルボルンは近いしね、ということで。

イベントは結構なにぎわいで、入るのにちょっと並んだ。
しかし帰りにみたら行列はもっと長くなっていた。
みんな冬はイベントに飢えているのかも。
入場料はひとり2ドルで、なんと赤子の分も払わねばならなかったのはびっくりだったけど
ダノンヨーグルトをただでもらえたので3人分もらっといた。
ちゃんともとは取れるようになっているようです。

「ボンジュ〜ル♡ サヴァ?」「ちゅっちゅっ」とほっぺにキスをしあう人たちに混じって、
ラクレットとゴントランシェリエのパンオショコラと
クロワッサンとクレームブリュレを食べた。
好物ばっかりたべて大満足。

あとはワインが飲めていたら最高だったのですが、
まだ授乳中の身なので断念。また今度のお楽しみ。


翌日は最近お気に入りのスーパー、LaMannaに行ってきた。
ここはイタリア系なのかな。お魚セクションがすごく充実しているし、
外国っぽいものがいっぱいで、異国気分が味わえてとにかく気分が盛り上がる。

帰りにコストコにも寄ったら、日本の人たちが大絶賛していてずっと欲しかったけれど
オーストラリアでは売られていなかった噂のプレスンシールを発見!
さらにKabocha Pumpkin(日本のかぼちゃ)まで売られていたので嬉々として購入。


なんだかマンネリだなと思っていたけれど、
その日あった楽しいことを写真でインスタとかに記録するとしたら、
そしたら何をアップするかなとか考えたら、
意外と小さなことでも日々は楽しいことに溢れているなと気づけた週末。
良き週末でした。

さあ今日はどんな楽しいことを見つけられるかな。



[PR]
by skkiiiii | 2017-07-19 12:12 | 考えごと | Trackback | Comments(0)

そろそろ旅に行きたいような

d0084580_20322373.jpg

ともだちの家の近所にすごくおいしいドーナツ屋さんがある。
遊びに行った時に、「おいしいよ」と聞いたので買って帰ったら、ものすごく好みの味だった。
でも遠いのでなかなか買いには行けない。
そろそろまた食べたいなと思っていたところ、ちょうどこちらに来てもらう用事があったので
図々しくもドーナツが欲しいとお願いして買って来てもらった。
やっぱりおいしかった。マットとふたりで6個ぺろりと食べた。
ふわふわの生地においしいクリームが挟まっている。ミスドのエンゼルクリームのような。
で、思い出した。ポルトガルのポルトでも、これに良く似た味の
とっても好みのクリームドーナツを食べたことを。


d0084580_08024418.jpg


d0084580_08024436.jpg


ポルトガルは良い思い出がたくさん。
このドーナツもおいしくてたまらなかったし、エッグタルトもおいしかったし
ホテルのベッドの寝心地は最高だったし、私のなかではいつかまた行きたい国ナンバーワン。
いつかまた行けるかな。行きたいなと思っていたら、
心がそっちに向かって無意識に働きかけるはずだから、きっとまた行けるはず。


こんなふうに、ふとした瞬間に過去に行った旅先のことを思い出して、
猛烈にせつなーい気持ちになることがあります。
ポルトガルで大スクリーンでW杯サッカーを観たこととか、
バルセロナは暑くて、歩くと足がむくんでぱんぱんだったなーとか、
思い出したらちょっと遠い目をして夫婦で思い出ばなしをしたり。
FBがときどき出してくる「××年前の今日」写真もくせ者で、
こないだは新婚旅行で行った南米旅行、チリからアルゼンチンへ向かうバスから見た朝靄写真を出して来た。
そんなのを見てしまうと、「あの頃は、猫も子供もいなくてすごく身軽で気楽だったな…」と、
なんだか色んな気持ちが入り交じるのです。


子供が産まれてから、パタリと旅行熱が冷めていた我が夫婦。
「寝んね期の赤ちゃんの頃が一番楽に連れて行けるよー」なんて聞いたけれど、
こんな赤子を連れて行くなんて大変過ぎるだろう、と全くその気にならず。
けれどここにきて、ちょっと旅行にいきたいと思うようになってきた。
でも航空券を探したり、ホテルを選んだりするのは面倒くさい。
お金がいっぱいあれば、「だいたいこのあたりの時期に、このくらいの予算で…」と、旅行会社に丸投げして高級リゾートとかでゆっくりできるのに。と、ここで気づいちゃいましたよ。
実は旅に行くのに二の足を踏んじゃうのは、飛行機移動が長いからじゃないんだわ。
「これだけの金額を出して、疲れに行くの?」って思っちゃうこと、お金が問題なんだわ、我が家の場合!
もし余剰のお金がいっぱいあったら、さくっとバリとか、なんならむしろパリだって
子供が小ちゃくても連れていくさ、きっと。


最近うらやましいなーと思うのが、アジアのハブに住んでいる友達。
数時間でベトナムとかラオスとかさくっと旅行に行けていて、良いなあと。
いや、日本からもアジアの国なら短時間で行けるじゃないか。
移動時間が短くてすむならもっと気軽にどこかに行けるのに。4時間までなら気軽に行けそう。
しかしそれではここからケアンズかパースにしか行けないではないか。
4時間乗ってもまだオーストラリア。
なんだかせつないメルボルン暮らしなのでした。
どこでもドアでハワイに行きたいなあ。




[PR]
by skkiiiii | 2017-07-18 19:13 | 考えごと | Trackback | Comments(0)

家事をチャキチャキ

授乳をしているとすごくお腹がすくと聞いていたけれど、本当にいつもお腹をすかせている私。
でも、自分の食べるものをゆっくり用意する時間なんてないことがほとんど。
家にいる時間はたくさんあるのに、ゆっくり自分の食べるものを用意する時間がない暮らし。
食事の準備だけでなく、家事全体にかける時間があんまりない。
それが赤児のいる暮らし。
家事にかかる時間をはなんならもっと減らしたい。
効率よく作業して、「あまり時間」をいっぱい作りたい。
あまった時間は何するのかって言いますと、ダラダラのんびりしたいんです。
ダラダラのんびりするために、チャキチャキしたい。

そこでとうとう、とうとうルンバを購入しました。
妊娠するよりもっと前から欲しい欲しいと言い続けていたルンバ。
最近も外出から戻るたびに、
「ルンバがいたら、家に帰って来たらぴかぴかになってるんやんな〜」と呪文のように唱えたところ、
とうとう夫も「ダメだこりゃ」と思ったらしく、買おうと言い出しました。
型落ちのだと思ったより安かったってのもある。

で、買った感想はといいますと…
めっちゃいい!すごくいい!ルンバ最高!
今もすやすや寝息をたてる息子を抱っこ紐で抱っこしながら
バランスボールに座ってこのブログを書いています。
自分が何か別のことをしているあいだに、掃除機がけが終わるって素晴らしい!
しかもルンバさんはロボットなので、当然不平不満も言わず
なんならテーブルの足とか、テレビ台の下とか、私が掃除するよりも
きっちりと埃を吸い取ってくれるのです。
そんなに働き者なのに、おやつもお小遣いもせびらない、良い子のルンバちゃん。

しかし人間というのは横着なもので、掃除機をかけなくて良い暮らしに
慣れてくると、次は床を磨いてくれるブラーバさんや
窓ふきをしてくれるなんとかさんも欲しくなってくる。
なかでもダントツで一番欲しいのは乾燥機。
乾燥機があったら、洗濯物が乾かない冬も無敵になれるのに…と、
今日もおむつからしみ出るほど大量のおしっこをした息子の寝袋を洗いながら思うのでした。





[PR]
by skkiiiii | 2017-06-21 08:41 | 考えごと | Trackback | Comments(0)

2015年を振り返ってみた&2016年の目標など

毎年恒例の、昨年を振り返ってみるシリーズ。
2015年のまとめも今さらだけれどやってみた。
振り返って反省してこれからに活かすことは大切だから。
2月も後半だけど、そんなことは気にしちゃだめ。


2015年の抱負はこんなのだった。
・刺繍をする
・仕事量をもうちょっと増やす
・3月までに体重−5キロ
・車を買い替える
・アジア旅行
・毎日丁寧に暮らす


意外にもほとんど実現していて
刺繍は冬のあいだにひとり刺繍部状態でいっぱいしたし、
仕事量は増えなかったけど、やりたいことはやったし、
車は買い替えた。
アジア旅行はベトナムに行ったし、
まあそれなりに毎日丁寧に暮らそうと努力はした。

が、どこをどう計っても体重−5キロは実現していない…。
むしろ+5キロに近いくらい増えたような…。


思い返せば、2015年は1月のサッカーアジアカップではじまった楽しい1年だった。
1月のシドニー、3月の日本、9月のベトナム、年末年始の日本と、
気がつけば旅行が多かった。おかげでただいま絶賛貧しい暮らし中。

青梅を見つけて初めて梅酒を仕込んだほか、他の果実酒もいろいろ仕込んだ。
キムチ仕込んだり、栗仕事をしたり、チェリーもいっぱい食べたりと
年を重ねるにしたがって、年中行事が増えている感じがする。

しかし、いいことばかりではなく、11月1日に初めて車の事故に遭った。
そこからは運気が下降気味で、その後年末年始にかけて、
どうもぱっとしないもやもやした数ヶ月となっていました。
が、なんとか今月最初にそれは抜けたよう。
運気が底の時は、そんなときもあると思って、じっと静かに身を潜めておりました。


そんなわけで、毎年同じような内容だけれど、
2016年の抱負は以下のとおり。 

・英語の本をたくさん読む
・毎日規則正しくきちんと生活する
・今年こそ真面目に本気で痩せる(8月までに−6キロ)
・寝室の壁飾りを織る
・ヨガをやる


目標を立てるときは、長期目標を立ててから、細かくゴールを設定していくことが大切。
貯金もしかり。なので体重コントロールは1ヶ月1キロ減を目指す。
今年は運動センターでヨガとかのクラスに参加したいな…と思っておりますが
どうなることやら。

とりあえず2016年も、健康で良い一年となりますように。







[PR]
by skkiiiii | 2016-02-24 20:18 | 考えごと | Trackback | Comments(0)

お掃除計画表

私、お掃除がけっこう好きなんです。
お片づけもけっこう得意なんです。
先日、「散らかった部屋を片付けたり、掃除したりするとき、ものすごいアドレナリンが出る」と
友達に話したら、「えーーーーー!!」とドン引きされました。
でもね、ほんとに「大掃除」とか「お片づけ」とか「断捨離」とかって単語を聞くと、
胸がわくわく。なんだか血がさわぐんです。


そうは言っても、毎日ピカピカに家を磨いているわけではないし
特に猫を飼い始めてからは、散らかったり、ほこりが溜まってるのを見てため息がでることも。
一軒家なので窓とか網戸も気がついたらずいぶん汚れてたりもするのです。


で、最近またお片づけ系ブログを読んでいて、
「おお!これは真似したい!」と思うアイデアを見つけました。
ズバリ、「お掃除計画表をたてる」というもの。
毎日は掃除しないけど、しばらくやらないと気になる箇所をリストアップして表を作り、
お掃除したら○印を付けていくんだって。
よく飲食店のお手洗いとかで目にする、あの表です。


例えば、家の外壁とか、玄関のデッキとか、バスルームの換気扇とか、電気のカサとか。
電球にほこりがたまってたりするのって、気がついたらすぐ掃除すればいいのですが
なかなか面倒くさくて放置してしまったりして、でも目にするたびに気になって、
なんだか心が荒んでくることがあるのです。
でも、このお掃除表システムにすれば、きっといつもキレイが保てるはず。


そんなことを思っていたら、先日シティライブラリで面白い漫画を見つけました。
「わたしのウチには、なんにもない」ゆるりまい著

タイトルには、『「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります』なんて続きます。
読んでて、片付けられない・捨てられない家族との暮らしとか、
「おーわかるわかる!」なんて思ってしまうところがいろいろありました。
ウチの母と姉もそういうタイプなのでね…


ここまですっきりはさせられないけど、ほんと、物がないと掃除ってかなりラク。
読んだらまた断捨離スイッチがONになった気が。
あとは、家のデザイン的に凸凹が多いのがちょっとストレスなので
箱のような、すっきりした家に住みたいわーーーーなんて思う今日この頃です。

















[PR]
by skkiiiii | 2015-05-04 13:46 | 考えごと | Trackback | Comments(0)

ロマンスカーに乗りたいとかいろいろ



この頃、あっという間に1日が終わってしまう。
今日はもう金曜日…。驚くほどあっという間に1週間が経っている。
忙しいというよりも、時間の使い方がへたくそなだけだという気がするので
自分の日々をもう少し記録しておくことにし始めた。
仕事も、だらだらやってたら、どれだけの時間をかけたのか分からなくなってしまうし
もうちょっとメリハリつけてやらなきゃだめだよね、と。



このあいだ、「女くどき飯」がおもしろいというのをどこかで読んだのでさっそく観てみたら
貫地谷しほりがとっても良い。前からかわいいと思ってたけど、
かわいいだけじゃなくて、すごく味がある。好みだわ。
30分という短さも、集中力を切らさず、さらっと観るのに向いている。
ニマニマしながら観てしまい、マットにずいぶん気持ち悪がられた。



ある日なぜかふと、「あ。ロマンスカーに乗りたい」と思ったことがあった。
10年くらい前、まだマットが私の人生に登場する以前に、神奈川県の相模大野に住んでいたことがある。
その頃わたしは翻訳の勉強をしつつ、新宿にある、とある会社で働いていた。
新宿まで40分ほどかかる小田急線での毎朝毎夕の通勤は、それはそれは辛かった。
満員の通勤電車が好きな人なんて、もちろんいるわけがないのだけれど、
あの20代半ばの日々を思い出すと、小田急線のことが浮かんでくる。
小田急線のことを考えてみると、満員電車が辛かったことだけじゃなくて、
ホームに滑り込んでくる箱根行きの小田急ロマンスカーのことも思い出す。
冬の冷たい空気のなかで、いつもとてもうらやましい気持ちになったんだった。
そんなもろもろを全部セットで思い出した。
新宿とは逆方向の、箱根に向かうロマンスカー。
なぜ急に思い出したんだろう。寒い日だったのか。
人間というのは、こういう小さい思い出の積み重ねなんだな。



最近家のなかが薄汚れていて困る。
日本では年末と言えば大掃除だけど、オーストラリアに来てからは
暑いと年末らしい気分にもならず、当然大掃除の気分にもならず、
今年はなんだかとても慌ただしかったしで、結局どこも磨かずに年を越してしまった。
この家に越してから、なんともう3年が経過しているけれど
その間に少しずつ、しかし着実に汚れが溜まっているようで
あちらこちらが汚くてどうも落ち着かない。
だいたいミニーが来てから、毛はふわふわ舞うし、
爪研ぎ段ボールのゴミがあちこちに巻き散らかされたりで、
散らかり度は格段にアップしてしまっている。
いっそのこと、家の中のものを全部出して空っぽにして、家ごと丸洗いしたい気分。



d0084580_09202771.jpg





[PR]
by skkiiiii | 2015-02-26 22:02 | 考えごと | Trackback | Comments(0)


オーストラリア生活記


by skkiiiii

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
アデレード
メルボルン
ともだち
本・映画
旅行
南米旅行 2012
中米旅行 2009
オーストラリア国内旅行
ハンドメイド
食べ物/ベジ
マットと私
op shopping/サステナ
wedding
flower
メルボルンでの部屋探し
オーストラリア移住準備
いえ/インテリア
スペインポルトガル旅行2014
考えごと
ガーデニング
妊娠経過
育児
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

プロフィール

2010年4月にアデレード出身のパートナーと一緒にメルボルンに移住してきました。

旅と本と猫が好きな私+夫+飼い猫ミニーの暮らしの記録。

最新のコメント

> 通りすがりのただの母..
by skkiiiii at 19:16
もしかしたら、歯が生えて..
by 通りすがりのただの母 at 09:40
> sowhat99さん..
by skkiiiii at 11:29
久しぶり~に覗いてみたら..
by sowhat99 at 19:15
++きんさん ご無..
by skkiiiii at 18:57

検索

タグ

ライフログ






ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
海外生活

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31