ベトナム旅行記⑥ ホイアン1日目

ホイアンへは、まず飛行機でダナンまで行く。
ダナン空港に着陸すると…そこは一面水浸しの世界だった。
どしゃぶりの雨。雨。雨。ガーン。

地球の歩き方には、空港からホイアンまでを結ぶシャトルバスがあると
書いてあったので空港のカウンターで聞いてみたけれど、
空港から出てるバスはなく、ダナンの街中にあるバス停から
乗らなければならないと言われる。ガーン。

台風並に雨がいっぱい降っている。こんな雨の中、
バス停でいつ来るとも知れないバスを待つなんて
とても面倒でやってられないぜ…となったので、
バスは諦めてタクシーで直接ホイアンまで行くことにした。
へたれトラベラーですみません。
(雨でなければ、タクシーでダナンのバス停まで行って、そこからバスに乗り、
ホイアンのバス停からホテルまでタクシーに乗るという方法がずっと安上がりなはず


ところどころ水没している道路を走って、40分くらいかかって車はホテルに無事到着。
どうやら、ちょうど2日くらい前にサイクロンが来たところだったらしく、
「今日着いてよかったですね。昨日一昨日は酷い大雨で大変でしたよ」と
受付で言われた。今降っている雨はサイクロンの最後のひとあがきらしい。

しかしそうは言っても、雨はまだまだ激しく降っている。
滝のように窓に打ちつける様子を、ぼーっと眺めるしかできません。
そのうち止んでちょうだいよ…とお祈りしつつ、洗濯をしていたら
1時間ほどしてようやく雨があがった。ヤッター。


ホイアンの旧市街は小さいので、ダナンに泊まって半日だけホイアンに行く人も多いらしい。
日本からダナンへの直行便も出来て、ダナンはただいま絶賛売り出し中のリゾートとして
開発もかなり進んでいるらしく、日本人旅行客も多いよう。
実際、空港には何組か日本人らしき人たちを見かけた。
我々はダナンはスルーしてホイアンで2泊。
古い街並みがとっても良くて、全然飽きなかった。



d0084580_16454216.jpg



16〜17世紀には海のシルクロードとして繁栄したホイアンは
かつては日本人町も造られていたそうで、中国や日本の様式が混じり合う古い町並みは
異国情緒たっぷり。ハノイとはかなり趣が異なる。
雨上がりのむしっとした暑さで、夏のアジア感たっぷり。
のんびりした町に、観光客がゆっくり歩いている。




d0084580_16501533.jpg






d0084580_12355915.jpg




ハノイで3回も朝ご飯を食べてから来たけれど、
ぶらぶら歩いていると小腹が減ってきたので
コーヒー休憩兼ホイアン名物だという「カオラウ」を食すことに。



d0084580_18321031.jpg



もちもちした米麺のうえに、豚肉と、せんべいぽいカリカリが載ってるこの料理は
日本の伊勢うどんがルーツらしい。ほんとか?
伊勢うどんよりこっちのほうがおいしいぞ。

イエローリバーというお店で食べたけど、中途半端な時間のせいか
われわれふたり以外にお客さんはいなかった。
しかし、カオラウはおいしかったし、おばちゃんも感じ良かったし、
店構えも古い様式で情緒あり。ガイドブックによると、築約150年の建物らしい。




d0084580_16524014.jpg




d0084580_16540379.jpg




さて、このあとは服のオーダーメイドに!
ベトナムは服が安くオーダーメイドでき、なかでもホイアンは有名だそう。
あっちにもこっちにも洋服屋さんが並んでいて、
特に市場の近くでは「服作らない?安くするよ。私上手だよ」と声がかかる。

マットは同僚から「ホイアンでは服を作ってきた方がいいぞ」と
おすすめされていたのに、私が勧めても今いち興味を示さず。
でも、折角だからホテルのフロント係におすすめされたお店に行ってみた。

そしたら…その店のおねーさんの商売上手なこと。びっくり。
気づいたらマットはシャツ2枚+パンツ2本を、
そして全くその気のなかった私まで
ワンピースとスカートをオーダーしておりました。
ここのおねーさんは、全然押売りっぽくなく、
とっても楽しく買う気にさせる、良い商売人だった。

さらに、「ついでに靴もオーダーしなよ〜」というおねーさんに連れられて
すぐ近くのお店に行ったところ、これまた全く買う気はなかったのに、
私は2足、マットも1足をオーダーしてました。
こちらの店のおねーさんは、やや強引だったけれど、
「オーストラリアでデパートとかでお金を落とすなら、
ここで個人で商売してる人たちに払う方がいいんじゃないか」とマットに言われ
それもそうか…と思い購入に至ったのです。
出来上がりは翌日2時。ふふふ。楽しみなような、怖いような…



靴選びに思いのほか時間がかかり、夕食時になったので
今宵はバーレーウェルというお店へ行ってみた。


d0084580_18321212.jpg



串焼きを、野菜と一緒にライスペーパーに巻いて、たれをつけて食べるお料理。
セットメニューみたいに決まってる感じで、どーんと並べられた。

1個目はお店の人がふたり分ささっと巻いて作ってくれた。見てる分には簡単そう。
しかし自分で巻く段になると、思いのほか難しい。
ライスペーパーは水で戻してなくて固いので、くるっと巻けず
手こづっていたら、またお店の人が来て、ちゃちゃっと作ってくれてまたどこかへ行く。
見てたら隣のテーブルの人たちも上手にできずにお店の人に助けられていた。

さて、この巻き巻き料理、おいしいけれど、ある箇所になるとものすごくマズい。
生臭い味が口の中に広がって、嘔吐きそうになる。
ちょっとずつ食べて調べてみたら、
どうやら野菜の中にすごくまずい葉っぱが混じっていることが分かった。
どんな味かと言いますと…「沼みたい」。沼食べたことないけど。
その葉を巻かないようにして食べたらおいしい。





d0084580_16573816.jpg



食べたら、あとはゆっくり町を歩く。
夜になると、ランタンが灯ってとってもきれい。




d0084580_16592444.jpg



d0084580_17004956.jpg



d0084580_16552757.jpg




d0084580_16563281.jpg




d0084580_16585934.jpg




来遠橋(日本橋)もライトアップ。幻想的。



d0084580_19483045.jpg



d0084580_19491638.jpg




ホイアンの夜は、夏祭りの雰囲気。
暑くて、ちょっと蒸して、でもみんなのんびり夜を楽しんでいた。




d0084580_19501749.jpg



d0084580_19474443.jpg



[PR]
by skkiiiii | 2015-11-11 13:41 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://skkiiiii.exblog.jp/tb/22490801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


オーストラリア生活記


by skkiiiii

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アデレード
メルボルン
ともだち
本・映画
旅行
南米旅行 2012
中米旅行 2009
オーストラリア国内旅行
ハンドメイド
食べ物/ベジ
マットと私
op shopping/サステナ
wedding
flower
メルボルンでの部屋探し
オーストラリア移住準備
いえ/インテリア
スペインポルトガル旅行2014
考えごと
ガーデニング
妊娠経過
育児
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

プロフィール

2010年4月にアデレード出身のパートナーと一緒にメルボルンに移住してきました。

旅と本と猫が好きな私+夫+飼い猫ミニーの暮らしの記録。

最新のコメント

> 通りすがりのただの母..
by skkiiiii at 19:16
もしかしたら、歯が生えて..
by 通りすがりのただの母 at 09:40
> sowhat99さん..
by skkiiiii at 11:29
久しぶり~に覗いてみたら..
by sowhat99 at 19:15
++きんさん ご無..
by skkiiiii at 18:57

検索

タグ

ライフログ






ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
海外生活

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31