人気ブログランキング |

2歳8ヶ月 イヤイヤは一旦終了

子供の成長記録


d0084580_21161758.jpg




誰もが通るというイヤイヤ期という名の暗黒期を
ようやく一旦抜け出したようです。

おかげでまた子供が可愛いくて可愛いくて仕方ないという心持ちに戻ってこれました。
イヤイヤが酷かった一時は、大変>かわいいと、
天秤が大変の方に傾いてしまって、実に途方にくれておりました。


特に、2月から4月末に日本に行くまでの数ヶ月間は、
今から考えるととても酷かった。
このままでは自分が壊れてしまう、子供を週に数回でいいから預けて離れないとやばい
と思いながら週末を迎えては夫にいろいろ任せて束の間の息抜きガス抜きをし、
また月曜日からああダメだ…と思いながらなんとか週末までいくというように、
だましだまし頑張っていた日々。


日本行きのために夫がイースターから1カ月のホリデーだったのですが、
それまで毎日、文字通りカレンダーに✖︎印をつけながら指折り数えていました。
でも実は日本行きすら面倒くさくて、夫が休みなら、日本に行くよりも誰にも会わずに
メルボルンでずっとダラダラテレビを見て何もせず過ごしたいと思っていたほど。
とにかく疲れ切っていたようです。


でも日本滞在で思ったよりリラックスでき、
戻って少しした5月末頃からはすっかりイヤイヤは鳴りを潜め、今は平穏な日々。
これがずっと続いて欲しいと心から願うばかりです。


イヤイヤが終わったのと関係があるのではと思うのが
よく言われるように言葉の成長。
日本に行く前の数週間は、それまで母(私)には日本語、父(夫)には
英語と使い分けていたのに、私にまでずっと英語を話すようになってしまっていた。
それが日本滞在で日本語力もあがり、
言いたいことをほぼ100パー伝えられるようになってイライラしなくなったのではと。

もう一つは寝かしつけ。
日本行き前は、夜はとにかく疲れ果てていたので
寝かしつけは夫に任せてしまっていました。
それが、日本滞在中は必然的に同じ部屋で寝なければいけなかったのをきっかけに、
今に至るまでずっと、夜は夫も私も揃って3人で川の字になって
本を読み聞かせて、子が寝るまで私も一緒に横にいるようになりました。
ミニーもやって来て家族4名が布団で寝転んでいるのが
子供はとても楽しく嬉しいようで、心が満たされることで
心の安定に影響しているのではないかなと思っています。


イヤイヤ期はほんとに大変で、鳥が先か卵が先かじゃないけれど、
子がぐずるから親もイライラするし、親がイライラ余裕がないから
子もグズグズするしの悪循環になる。
それはわかっていても、どうしようもありませんでした。

でも日本に行っている間は、まず家事を全て自分たち夫婦でやらなくても
家族が助け合ってくれるのがとにかく楽でした。
全部を自分たちで背負っていた肩の荷が下りた感がすごかった。
夫も、子供の相手以外には家事をする必要がないおかげで
子供に専念できて、楽しくてとてもラクだったと思います。
おかげで夫婦ともに子のグズリにイライラすることがすごく少なかったです。
人手に余裕があるというのは実に心に余裕を与えることを実感。
親が怒ったりイライラキーキーすることが無くなったら
やっぱり子も穏やかになった気がします。


イヤイヤが落ち着くのと時を同じくして、それまで数ヶ月間
ずっと頑なに拒んでいたプレイグループに行きたがるようになりました。
友達と遊ぶのが楽しいと思うようになったようです。
それなら…と、「保育園みたいなとこに行く?おもちゃがあって、
お友達と遊べるところ」と聞いたら、
「…行く」と言ってきて驚いたと同時にちょっと一抹の寂しさ。

イヤイヤ期も落ち着いたことで一段大人の階段を登って、
ママと家でふたりでいるよりも友達と遊ぶ方が楽しいと
思う時がとうとう来たのかもしれません。
サナギのようにコクーンにくるまれていたのが
ちょうちょになって飛んでいくイメージで、
「ああ私の手から離れてこれからどんどん自分の世界を作って行くんだな」と思うと、
成長が嬉しい反面、ちょっと寂しい。

なんて言いながら、昼寝をしてくれなかった日の夕方には
もうしんどくてしんどくて、頼むから早く帰って来てくれと
夫に応援要請することも多々。
そして息子に再び「保育園行く?」と聞いたらば、
「いらーん!」…ですって。


日本では満3歳になった4月から幼稚園の年少がスタートすると思いますが
オーストラリアでは満4歳になった年の2月から4歳キンダーという
幼稚園ブログラムが始まるらしく、
息子の場合は、2021年の2月から。
それまであと1年半!
せっかくの時間だから、みっちり楽しく一緒に過ごしつつ、
集団生活にも慣れて社会性も身につけて欲しいし、いろいろ学んでも欲しい。
就学までの期間をどう過ごすかは、何が子供にとってベストなのか
親が決めてやらねばならないわけで、責任重大だな、親ってと思う次第です。





# by skkiiiii | 2019-08-01 20:01 | 育児 | Trackback | Comments(0)

2019 心機一転引越し

d0084580_18593017.jpg



ブログを休んでいた間のいちばん大きな生活の変化として、とうとう引っ越しをしました。

2017年の終わりに「来年やりたいこと」リストに書いていた引っ越し。
2018年ではなかったものの、2019年に入ってすぐに実現しました。

前の家のことはかなり気に入っていたのですが
いろいろと問題があり、その問題への大家の対応の仕方に業を煮やして
とうとう引っ越しを決断するに至りました。

結婚してすぐからなので、丸7年住んだことになる前の家。
ミニーと子供という家族が増えた思い出の家。
お別れはさみしいけれど、次のステージが来たということ。
最後はなんだかんだトントン拍子で引っ越しが決まりました。

びっくりしたのが、7年前の引っ越しと比べて荷物が倍増していたこと。
すっかり甘くみていました。

前回セントキルダから引っ越してきたときは、長距離の移動だけど
荷物が少なくて友達に手伝ってもらって余裕で完了した記憶があり、
今回もそこまで荷物が多くはないはずだし、
新居までは徒歩でも10分くらいの超近距離だし…と思った我々。

自分たち+友達の少々のヘルプで引っ越し作業を行ったけれど
思った以上に荷物が多くなっていて、さらに掃除も自分たちでしたので、
家をきれいにして最後の荷物を出した時には夜中になっていた。
子連れの引越しは大変&子供の荷物はとても多い。
なので、次の引っ越しは、せめて掃除は業者に頼もう。(自分への覚書)


d0084580_12005154.jpg


さて、新居での生活はというと、
ミニーも息子も、私の心配をよそにすぐにあっという間に慣れました。
前よりちょっと広くなった家に加えて、
裏庭が前よりもずっと広くなったので子供が楽しそうに毎日遊んでいます。


これが自分たちの家なら万々歳だったのですが、相変わらずの賃貸生活。
次に引っ越すときは、家を買ったときが良いなと思うけれど、
果たしてそんなときは来るのでしょうか。
いつか、2025年くらいまでには買いたい。
書いたり言葉にしたらそれに向かってがんばるようになると思うので、書いておこう。



d0084580_12005260.jpg


# by skkiiiii | 2019-07-28 20:03 | メルボルンでの部屋探し | Trackback | Comments(0)

1年7ヶ月ぶりのブログ

d0084580_22084917.jpg

なんと気がついたら前回の記事からすでに1年7ヶ月が経過していました。
書きたい記録しておきたいと思いながらも、
下書き状態のままでたくさん放置してしまい、
ちゃんと文章をまとめる時間と余裕がないままに月日が流れておりました。
びっくりだ。

その間いったい何をしていたかというと…
「ひたすら子供の相手。以上」
というくらい、昨日何を食べたか先週何を食べたかもあやふやで、
代わり映えしないわりにぐちゃぐちゃな日々を送っていました。

毎日なんだか疲れていて、頭を使う活動をしたくない。
そして自由時間はただひたすらAmazonプライムで動画をみてしまう…
そんな毎日でした。

でも、ふと過去の記録を読み返してみると、
自分でも忘れていたようなことを記してあり(育児もだけど、旅行のこととかも)
ああやっぱり記録って大事だなと思うことが多かったので
また一念発起してブログ習慣を復活させたいなと思っています。

これまでの1年7ヶ月間の下書き記事も順次編集してアップしていくつもりですが、
余裕がなかった日々の記録として、まずここに記しておきます。




# by skkiiiii | 2019-07-28 14:07 | 育児 | Trackback | Comments(0)

2017年振り返り&2018年の抱負

あっという間に過ぎ去った2017年。
ちょっと振り返っておこうと思います。

何もしていないようだけれど、
子供とみっちり一緒にいてお世話するという
実は密度の濃い1年でした。
まずは、病気や怪我もなく、無事に1年育ってくれたことに感謝。


++2017年嬉しかったこと楽しかったこと頑張ったこと++
・3-4月と10月の日本一時帰国
・10月の帰国時のケアンズ&石垣島旅行
・久しぶりの友達とのキャッチアップ
・腱鞘炎になりながら子育て
・6月くらい(息子8ヶ月頃)から仕事再開
・読書を再開
・プレイグループに参加


ようやく本をまた読むことができるようになったのは、息子が半年を過ぎてからでした。
それまでは、時間があったらとにかく寝る、休むばかりで。
最初に読んだのは村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」。
騎士団長殺しを読みたくて、でもまだ手元になかったから。
久しぶりの活字を追いながら、ゆっくり本を楽しめる時間と心のゆとりが戻ってきた…と
ジーンとしたのを覚えています。
それからは、息子が散歩中に寝たら公園とか図書館とかで読む日々。
本を読むというのは、かなり能動的なことで、読書は贅沢なんだなと思いました。


息子が8ヶ月になった6月頃からは仕事も再開。
フリーランスで物を書いたり翻訳をしたりという仕事なので、
自宅でもどこででもできるというのは、こういうとき助かります。
息子が昼寝をしている間や、夜寝かしつけたあとにちょこちょこパソコンに向かっていました。
と言っても、いつもひっきりなしに仕事があるわけではないので、仕事を依頼された時だけ。
たまたま仕事が重なってしまった11月〜12月は結構ハードでした…。ゲッソリした。


この1年は、子供が成長して行くのと同じように、自分も初めての経験を積んで行って
どんどんレベルアップしてたくましくなっていきました。
初めてひとりでベビーカーで子供を連れて電車でシティまで行ったときとか、
バスに乗ってショッピングセンターへ行ったとか、
プレイグループに参加したとか…
そんなささいなことでも、初めてというのはとてもドキドキするもので、
特に子供がぐずぐずしないかな…とか不安に思いながら、
初めの第一歩を踏み出すのは少しばかりの勇気が必要でした。
でもやってみればできないことはなくて、自分がレベルアップしたのを実感できました。
初めての親というのは、皆こうして色んな初めてを経験しながら
頑張っていたんだなーと、先に親になった友人たちをちょっと尊敬。



そして2018年のやりたいことがんばりたいこと。
・たぶん引っ越し
・ダーニング(繕い物)
・編み物
・刺繍
・旅行いろいろ


息子が生まれてからはとにかくラクを追い求めるばかりの1年だったけれど、
1歳をすぎてからはずいぶん落ち着いたので、
これからはまた丁寧な暮らしを目指したいです。
ゴミはなるべく少なくとか、そういう簡単なこと。

それから、読書とオプショップ以外の趣味も復活させて、
ひとり手芸部を再開したいと目論み中。
寒くなる前に、子供の服とか帽子とかを編んでみたいです。
とか思っているけれど、今は一時落ち着いたように見える子育てが
また大変になって、それどころではなくなるかも。
ま、それはそれで、とにかく健康で楽しい1年を過ごせますように。




d0084580_08322365.jpg







# by skkiiiii | 2018-01-17 08:36 | 考えごと | Trackback | Comments(0)

クリスマス2017&年末年始


d0084580_14021951.jpg



クリスマスは今年もアデレードへ行ってきました。

メルボルンからアデレードまでは、飛行時間1時間。
乗って、おやつにバナナとパンを食べさせて、ちょっと遊んで、授乳したら
ころりと寝て、あっと言う間に到着。
日本への長距離移動を経験している身としては、
行きも帰りもびっくりするくらい楽勝でした!
日本もこのくらいの距離ならば、しょっちゅう帰るのに…残念。



d0084580_14084852.jpg


今回は、25日の朝の便で行き、27日の朝の便で帰ってくるという
正味48時間のアデレード滞在。
家族イベントのほかは、ちょっとだけボクシングデーセールへ行ったのと、
ビーチへ行ったくらいですが、やはりアデレードのビーチはきれいだった。
水遊びが大好きな息子は、ちゃぷちゃぷ楽しそうに遊んでました。
ビーチ遊びをすると、「The 夏」という気持ちになります。



d0084580_14084858.jpg


ちなみに今年のクリスマス家族会は、義妹の家で行われたのですが、
こちらのお宅、広くて、裏庭にはプールもあって、とても素敵だった。
クリスマスツリーも本物の木のでっかいのを飾っていて、
ああ、せっかくオーストラリアに住むんだから
こんな広々とした家で広い庭もプールもあるところに住めたらいいよなあ…と
ちょっとだけアデレードに住むのもいいなと思ってしまいました。
(住宅の値段がアデレードとメルボルンでは雲泥の差なのです)



そして年末はというと、大晦日の日は恒例になりつつあるお寿司&そば。
今回はフィッツロイのHINOKIでお寿司を予約しておきました。
マットには「タマゴはいらんかった」と言われましたが、
タマゴの入っていないお寿司は物足りないと思うのは私だけ?


d0084580_19473518.jpg



ノンアルコールビールもついでに買って、
息子をねかしつけたあと、ゆっくり味わいました。
終わりよければ全て良し。
2017年もよくがんばった、良い一年でした。おつかれさま。


そして正月気分は特になく、マットは2日から仕事で、淡々とはじまる1月。
でも姉が日本からわざわざ丸餅を送ってくれたので、
お雑煮は面倒くさいので、お汁粉を作っていただきました。
甘くておいしい。
でも、気温35度とかの日の食べ物ではない。w
あんこがいっぱい残ったので、残りは毎日連日あんバタートーストにして食べました。
あんこラブ。あんこは日本の心だ。



d0084580_19473435.jpg



年末年始はやっぱり日本で過ごすのが楽しいけれど、
せっかくの夏に真冬の日本へ行くのがもったいなくも感じてしまうという、ジレンマ。
しかしいつかは子供にも日本のお正月を体験させてあげたいな。







# by skkiiiii | 2018-01-16 12:37 | アデレード | Trackback | Comments(0)

夏のあれこれ

d0084580_19473495.jpg



夏と言えばチェリー。旬が短いチェリーは12月が勝負。(←なんの勝負や)
ここぞとばかりに、今年は3回もチェリーピッキングに行って来ました。
我が家が最近行くのは、メルボルンの西側からほど近い、Bacchus Marshというエリア。
ここのNaturipeというファームが昨今のお気に入りです。
うちからなら30分で到着でき、近いことが何より良いポイント。
人が多くなる前、暑くなる前の朝イチで行くのがおすすめです。

こちらのファームはチェリーはもちろん、いちごやネクタリン、りんご狩りもでき、
今年はここでいちごのおいしさに開眼。
スーパーで買うのとは新鮮さと甘さが全然違ってます。
オーストラリアのいちごは甘くないと思っていたけど、
こうして熟れた穫りたていちごだと充分甘い。

一昨年かその前の年だか忘れましたが、ネクタリン狩りも行ってみたことがあり、
それもすごくおいしかったのを覚えています。
やっぱり市場で流通するものは、収穫してから冷蔵保存されたり時間が経ってしまうのに比べて、
木でおいしくなるまで育ったものを穫ってすぐ食べるとおいしさが違う。
ましてや輸入物は…。
やっぱり地産地消が良い。



d0084580_19473577.jpg


夏の散歩道にはピンクと紫がいっぱい。
紫のはジャカランダ。
こんなところにこの木があるなんて、今の家に住んで6年経つまで知らなかった。
子供ができるまえは、家と駅の往復しかしなかったのに、
今ではぐるぐるあてもなく散歩するのが日課です。



d0084580_19473530.jpg


ピンクのブーゲンビリア。
夏によく似合うこのショッキングピンクが大好き。
バラでいっぱいの庭もいいけれど、こんなピンクが
塀を覆い尽くしているような庭も良いなあと、
未だ見ぬあこがれの我が家を夢見ながら、うろうろうろうろ散歩の日々です。




# by skkiiiii | 2018-01-16 12:00 | マットと私 | Trackback | Comments(0)

2017年オプショップまとめ


d0084580_10432713.jpg



Arabia ruska コーヒーポット
ハンドバッグ
手押し車
Arabia Meri ミルクピッチャー
Finel オレンジなべ
スツール

そのほかIKEAのおもちゃ、バナナぬいぐるみ、
ガラスジャー、それから子供服も10枚くらい。

2017年もたくさん宝探しができました。
今年はどうかな。いっぱい良いものみつけられるかな。
寝てばかりの赤ちゃんを連れてオプショップに行くのは
良い気晴らしになっていたけれど、
さすがに動きたいさかりの子を連れて行くのは難しいか。
それでもチャンスがあれば、頑張ります。






# by skkiiiii | 2018-01-11 19:12 | op shopping/サステナ | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとうございます

d0084580_13002062.jpg


あけましておめでとうございます。
あっという間に2018年になりました(゚ω゚)

下書き状態のものがたくさん溜まるばかりで、きちんと更新できていないけれど
いつも訪問して下さる方々、読んでくださってありがとうございます。
育児記録、日々の生活の記録として、また少しずつ更新していきたいと思います。

ゆっくりマイペースなブログですが
今年もどうぞよろしくおねがいします(*´ω`*)


# by skkiiiii | 2018-01-05 20:06 | マットと私 | Trackback | Comments(0)

1歳1ヵ月になりました

d0084580_19311697.jpg

下書きしてあった過去記事を過去の日付でアップしています


最近のルーティン

朝6時半
朝ご飯 バナナとかイチゴを入れたポリッジ

8時半くらい
散歩 暑くなる前に。
自分からぶいーん、ぶいーんと、外に行きたいアピールをしてくるようになりました。

散歩中に寝ることもあれば、寝ない日も。
寝たら家に帰って、ベビーカーに乗せたまま玄関先に置いておき、
その間に仕事したり、お茶飲んだり。
1時間から1時間半くらい時間はあるはずなのに、
ちょっと仕事してお茶飲んで、、、としたらあっと言うま。

11時 昼ごはん
シャケを混ぜたごはん
出汁で煮た大根と人参
かぼちゃとカリフラワー
ブルーベリー
お豆腐

昼食後に1人遊びをさせながら自分もランチをパパッと食べ、
ついでに晩御飯の準備

12時半くらい
散歩
暑いからか出かけるのが嫌なときもあるけれど、
そんなときはショッピングセンターで涼む
昼寝1時間半から2時間

夕方
公園、庭、散歩、プールなど

7時半くらいに寝るも、まだほぼ毎日1〜2回起きる。
ひどいときは4回くらい起きる。
まぐれで朝まで寝てくれたときは、ものすごく嬉しい。



+こんなことができるようになりました+
・お腹がいっぱいになったときや、プールや公園から帰りたくなったときは
両手をパチンと合わせてごちそうさまポーズで知らせてくれるように
なりました。親バカ全開ですが、とてもかわいい。
・動物をみると、なんでもかんでも「ミニー!」と言う。
・手押し車で上手に歩くけれど、まだひとりでは歩けない。
・ラスクがすきでカリカリ食べます。





# by skkiiiii | 2017-11-30 11:05 | 育児 | Trackback | Comments(0)

1歳になりました

d0084580_06424284.jpg
下書きしてあった過去記事を過去の日付でアップしています


散歩が楽しい春になった…と思ったら、急に真夏のような暑さ。
暑いのは好きだけど、日差しが強くて辛い。

近所を散歩中に、ポピーがいっぱい咲いている小道を見つけました。
野良ポピー。我が家でも毎年勝手に咲きます。儚げな色でかわいい。


+最近の息子+
最近は家で昼寝をしてくれるので自由時間がまあまあできて嬉しい。
1時間ぐっすり眠ってくれるだけで、かなり息抜きになります。
エルゴ抱っこのままで寝かせないで、一人でコットで寝かせていれば
こんなに楽だったのかと母歴1年でようやく実感。
私的に「無敵になれる育児必需品ナンバーワン」のエルゴでも
さすがに1時間とか抱っこしていると重くて
肩がパンパンになってしまうようになっていたので、
今は体もすごく楽になりました。
自由時間は最高だ。

それにしても、月並みな言い方だけれど、毎日があっという間。
特に週末は、あれもしたいこれもしたい気持ちでいっぱい。
夫がいてくれるといろいろ出来るので、週末を楽しみに生きているようなもの。
ふたりで子供一人を見るのは楽勝とまで言わないけれど、やっぱりだいぶラク。
とはいえ、最近は昼間に一人で子供の相手をする間も
いろいろできるようになりました。
1歳になってから、急にラクになった気がします。

しかしかなり活発にもなってきたので、目が離せなくなっています。
ソファに乗れるようになったり、自分で降りれるようになったり。
そして目を離したすきに失敗して落下してしまうこともあるので大変。


+1歳0ヶ月 こんなことができるようになりました+
読んでほしい絵本を持ってきて、膝に座る。
滑り台にのぼる。
ソファに登り、お尻から降りる。
ミニーの名前を呼ぶ。(ミニー、ミニベー)


日本に行ってるあいだは夫も毎日いたので、いろいろルーティンにも変化が。
嬉しいのが、エルゴでしか朝寝昼寝しなかったのが、
夫がいつも抱っこで寝かせたあと布団に置く癖をつけてくれたおかげで
私だけになってからも、エルゴ抱っこ→コットに置いても
寝ててくれるようになったこと。

身軽な自由時間があるってこんなに楽なのか…としみじみ。
コーヒー飲みながら寝転んでダラダラできるのがすごく幸せ。
他にも、片付けものをしたり、料理したり、そうか、
みんなお昼寝のあいだはこんなにいろいろできていたのか。

日本に行ってるあいだにまた夜の授乳が復活しましたが、
帰ってきてからまたストップ。
しかしいまだに2回ほど起きる…夜の断乳をすれば
一晩中寝るようになると聞いていたけれど
あれはかならずしもではないようです。残念。

7時過ぎに寝て、1時くらいと、4時くらいに起き
そのままグダグタになり5時すぎ起床といった毎日です。
どうせ5時とかに起きるのならば、4時のはほんとやめていただきたい。
寒いから起きるのか?なぞです。

朝寝昼寝はだいたい決まった時間に1時間ずつくらい。
ひとりでたくさん遊んでくれるので、家事を一通り終わらせたら、
遊ぶ息子を椅子に座って眺める日々。
でも時間帯によっては後追いがすごいときも。
でももっと小さかったときと比べて、泣いているときや、
グズるときは、その理由がなんとなくわかるようになった気がします。

1日は早く終わるようでいて長く感じる日もたくさん。
特にベビーカーに乗るのを拒否する日は
1日中家に引き込もることになるので長く感じがちです。

# by skkiiiii | 2017-11-12 06:41 | 育児 | Trackback | Comments(0)

日本一時帰国 飛行機

d0084580_21371124.jpg
下書きしてあったものを過去の日付でアップしています


10月は、2週間ちょっと、日本に一時帰国してきました。
1歳目前の息子にとっては2度目の日本。

前回は生後5ヶ月半のときでした。
その時は飛行機がとても大変だったので、今回も心配していましたが…
またもや行きのメルボルン→ケアンズ便(ジェットスター)では
離陸前から泣いて泣いて大変でした。

前回はメルボルンを出発するときに授乳のタイミングを
失敗してしまったせいで大泣きだったので、
(耳が痛くならないように離陸するときに授乳しようと思っていたら
シートベルト着用サインがついてからずいぶん時間がかかり、
待たされた息子は大泣き。でも授乳したらすぐ寝て、そのまま長時間起きなかった)
今回は気をつけよう…と思っていたのですが…
席についてご機嫌で遊んでいた息子が
シートベルトサインがもうすぐつくぞという時に、なんと嘔吐。オエップ。
あわてて着替えさせたり、自分の服は着替えられないので
除菌シートでふいたり、わたわた。
そしてシートベルトサインがついていよいよ動けなくなって
離陸を待つあいだに、まんまと眠くなってきてぐずぐず。
頼みの綱の授乳をいやがり、夫が抱いて寝かそうとするも断固拒否で大泣き。
斜め前に座っていた若い女性が何度も振り返って見てきたのが辛かった…。
たぶんウルセーナー的感じではなく、むしろ、
だいじょうぶ?的な視線だったのですが
何度も見られるのは辛かった。

結局、まだまだ飛行機は動きそうになかったので
シートベルトを私の方につけなおし、いつも寝かせる時と同じように
バランスボールに座ってる感じでゆらゆら前後に揺れて
子守唄を歌ったらようやく眠ってくれました。

早朝のメルボルン空港は混雑するのか、
シートベルト着用のサインがついてから離陸までに
かなり時間がかかるので要注意です。
これに懲りて、それからは飛行機にはギリギリまで乗らないことに。
小さい子供を連れていると、優先搭乗で早く乗せてもらえるけれど、
そうすると飛行機の狭い座席に閉じ込められる時間が長くなってしまうので、
動きたい盛りの子供はギリギリまで空港で遊ばせて
搭乗は最後に、という方が良いのだとやっと気づきました。
気づくの遅いね。

ケアンズで休憩がてら一泊したあと、関空へ。
ケアンズー関空便はジェットスターのビジネスクラスに
アップグレードしていたのですが…
ここでも突然泣いて泣いてワタワタした時間がありました。
でも、優しい日本人フライトアテンダントさんがあやしてくれたり
近くの席の子連れファミリーのおばあちゃんらしき米国人マダムが
わざわざ声をかけにきてくれて、
「泣いたら周りの目が気になってしまうかもしれないけど、
全然気にしなくて大丈夫なのよ。気持ちが落ち着くから
赤ちゃんと自分たちにこれ使ってみて」と言って、
ラベンダーオイルともう一つなんかのオイルを貸してくれました。泣
プラシーボ効果もあるかもしれないけれど、
ラベンダーオイルで本当に気持ちが落ち着いた気がし、
これ以降、いつも飛行機に乗るときには持っていくようにしています。
ハンカチに染み込ませて行ったり、ロールオンの小瓶を持って行ったり。
おススメです。


帰りの飛行機は…ジェットスターの夜便でしたが、
泣いたら授乳泣いたら授乳でなんとか乗り切りました。
満席の飛行機で、隣には若めの男性が座っていたのですが、
ずっとフードをかぶって寝てくれていました…
たぶん私が授乳するから気遣ってくれてフードを被って
見ないようにしてくれていたのではと思い、なんだか申し訳なかった記憶が。


さて、楽しい日本滞在のあと、帰ってからちょっと辛かったのが
家事の借金に追われたこと。
荷解きとか、留守中に汚くなった家や庭の掃除とか、
やらなきゃいけないことが溜まっているのに、
それにプラスして普段の家事もついてくる。
元のペースに戻るまでは、日本にいる間はやらずにすんでいた
食事作りがとても面倒くさかったです。



d0084580_13023593.jpg



日本にいるあいだに、息子は1歳になりました。
その記念に石垣島へ行ってきました。
写真はおみやげに買ってきた、ペンギン食堂のラー油。
そのむかし一世を風靡したこちらのラー油。
いつもの麻婆豆腐もこれをかけたら風味がぐんと増しました。
日本はいろいろおいしいこと楽しいことがいっぱいです。




# by skkiiiii | 2017-10-31 13:45 | 育児 | Trackback | Comments(0)

生後11ヶ月

d0084580_19304614.jpg



体重9.45キロ
9月は7回くらい朝まで寝ました。
19時から6時まで通しで寝た日や、23時に授乳しただけで6時半まで寝た日もあれば
逆に、夜中4度も起きてギャン泣きした日や、疲労困ぱいでヤバい日もあり、
ほんといろいろです。


バイバイとパチパチができるようになりました。
人見知りは相変わらず。
ハイハイでどこまでも行くようになったので、
広い公園へ連れて行ったり、庭やデッキで遊ばせています。
走りだすようになるのが怖い…
ハイハイや伝い歩きをするようになって目が離せなくなり、
これまでの10カ月なんて甘っちょろかったなと実感しています。
先輩ママたちが言ってたのはこのことか、と。
寝転んで泣いてるだけの時期は、自分で動き出してからと比べたらほんと簡単だった!
さらには、ベビーカーには乗りたくないと拒否したり、
抱っこじゃないと嫌と泣いたりするときもあり、
10キロ近い赤子を抱き抱えて、出先から20分以上かけて歩いて帰ったり、
片腕で抱き抱えて家事などしたりすることも度々で、疲労度が高いです。涙
でも自分から抱っこを求めて手を伸ばす仕草はすごく可愛い。


仕事を頑張っている友人の話を聞いたりすると、
自分はほぼ子育てしかしてないなーとちょっと落ち込む気持ちになることが。
でも自分にまだ子がいなかったときは、同じことを言ってる友達をみて、
「何言ってるの!子供育ててるやん!」と思ったことを思い出し、
子育て頑張ってるからいいんだよと自分に言い聞かせる。


家の中をかなり子供仕様にして、好きなだけ動き回っていいよーと
言える状態にしたらストレスが激減しました。
行ってほしくない場所には行けないように、
でも自由な場所はとことん自由に。
ハイハイでたくさん動き回れて楽しそうです。


自由にあちこち動き回るようになったのと引き換えに、
親の行きたいカフェなどに連れて行くのは難しい時期が来てしまったようです。
シティとかアウトレットとか、気が向いたらぶらりと行くのが
いい気晴らしになっていたのに。涙
スーパーも、ゆっくり棚をみて回るのが楽しかったけど
これからしばらくはオンラインショッピングオンリーなのでしょうか、、、
出かけないようになる分、お金を使わずに済むかもと、ポジティブに考えてみる。

再来週から2週間ちょっと日本です。


# by skkiiiii | 2017-09-27 08:03 | 育児 | Trackback | Comments(0)

生後10ヶ月になりました

d0084580_09244349.jpg



体重9.1キロ。
つかまり立ちから、伝い歩きをはじめました。
ずっとハイハイをせず、つかまり立ちのほうが先にできるようになっていたけれど、
ようやくハイハイもするように。
そうなると、部屋の真ん中に座らせていても、ハイハイでソファやテレビ台まで移動して、
そこから自力でつかまり立ちをしてドヤ顔でみて来たり。
かわいいけれど、まだバランスが危なっかしいので目を離せないし、
いろんなところに手を伸ばして触ろうとするので大変になってきました。
床に敷くマットレスとか、ゲートとか、まだ用意していなかったけれど必要ですね。

自分で立つようになると、急に赤ちゃんぽさが抜けて幼児らしくなってきました。
ハイハイは赤ちゃんぽくて可愛いのでたくさん見せてほしいけれど、
どうやら単なる移動手段で、すぐ立ちたいようです。


ミニーのことが大好きで、ミニーが横切るだけでキャッキャキャッキャ笑っています。
触りたくて手を出しては、しつこくしすぎて猫パンチされたり。
しつこい息子からミニーを守っている毎日です。
でもミニーさん、パンチしたりしつつも、居間で息子と私がふたりであそんでいたりすると
すぐに近くに来たりして、どうやら一緒にいたいらしい。
尻尾をひっぱられたり顔を叩かれたりさえしなければ、
そばにすわってナデナデされることは満更でもないようです。


私はというと、ふとした瞬間に涙が出ることが。
産後のホルモンの影響か、すっかり涙もろくなりました。
我が家はまったくワンオペではなくて、
朝8時半から夕方5時半までひとりで頑張れば、あとはマットが何でもしてくれる。
週末も私がひとりででかけたりする間、しっかりお世話してくれているし、
なんなら夜中に起きたときだって夫が抱っこしてくれている。
朝も子供が起きたら一緒に起きてあそんでくれている。
離乳食の作り置きも一緒に作ってくれる。週末は晩ご飯も作ってくれたりもする。
良いお父さんだし、良い夫だし、良い人です。

そんな夫がいてくれてとても助かっている私だけど、
友達が、義母やら義父やらに子供をみてもらっている話を聞いて、
なんだかちょっと悲しい気持ちになったり落ち込んだことがありました。
なんだかんだ、日豪カップルの場合は、メルボルンに家族が住んでいる人がほとんどで
我が家のようにメルボルンには誰も家族がいないなんて状況は実はレアケース。
もちろん誰も自慢しようとして話していることではなくて、
ただのお互いの状況を伝え合っているだけなんだけど、
私たちのうちにはだーれも手伝ってくれる人がいないんだ、、、と思ったら
無性に悲しい気持ちになったのです。

でも、育児は誰かと競い合ってするものではなくて、
自分がラクなように、子供が健やかに育てはそれでいいのだから、
自分の置かれている状況を誰かのと比べたりせず、
自分の理想と現況とだけを比べて、
希望する状況になるべく近くなるようにだけすれば良いのだと思います。

うちには頼れる家族はだれもいないけれど、もしも夫とふたりきりで出かけたくなったら、
ベビーシッターに頼めばよいのだから、と思えばちょっと気持ちがラクに。
でも、いつか息子に子供が生まれたりしたときには、
私はいっぱい孫を預ろうかと申し出てやりたいし、
うざくない程度に手伝ってやりたいです。
それが物理的に遠くて無理ならば、
「私に預けたと思って、このお金でベビーシッターに預けなさい」と
たまのデートのためのベビーシッター代を渡してやれる、そんな母でありたいなと思います。


+現在のルーティン+

朝6時くらい 起床
7時過ぎ 朝食離乳食
最近はバナナなどのフルーツを入れたポリッジが多い
遊ぶ
8時半 マット出勤 お父さんがいなくなるーと、寂しくて泣く
8時半〜9時くらい 朝寝 だいたい30分から1時間
朝起きた時間と前夜の睡眠の質によって長さはまちまち
起きたらまたひとりで遊ぶ
11時過ぎ 昼食離乳食
外出時はパケットのものを利用

1時半 昼寝1時間くらい
5時過ぎ 夕食 離乳食
5時半すぎ マット帰宅
親が慌ただしく夕食をとる横で遊び
本読み
6時半お風呂
授乳して、おやすみの本をよんで寝かせる。
7時就寝

朝まで寝る日もチラホラあるけれど、だいたい1回起きるので授乳。
飲んだらすぐ寝ることがほとんどなので、まあ良いかと思っている。
しかし、朝5時とか4時とかに目覚めたら授乳はせず、
マットが抱っこでなんとかしようとしているのだけど、これが大変なときが。
例えば今朝も、5時にふえーんと泣いて自分で再入眠できないようだったので
マットが抱っこしたらしく、それからは抱っこの腕の中では
気持ちよさそうにスヤスヤ寝てるのに、コットに置こうとすると泣き、
ベッドに添い寝させようとしても泣き、かわいそうなマットさんは
ずっと起きて抱っこしてあげてたらしい。(私は別部屋で寝ていた、、、)


ここまで子育てしてわかったことは、、、
状況は刻々と変わるし、大変なこともずっと続くわけじゃない。
事前の準備ももちろん大事だけど、想定外のこともいっぱいあるから、
あんまり考えすぎずテンパらず、その時その時でモグラ叩きのように
問題をクリアしていけばいいということ。
考えすぎないこと、悩みすぎないこと、構えすぎないことが大事。
記憶はあてにならないから、記憶より記録。
こんな感じです。




# by skkiiiii | 2017-08-27 14:48 | 育児 | Trackback | Comments(0)

ひとり時間は大事

子供を夫に任せて身軽に外出することが続いた今週。
6時間弱の自由時間。半日のびのびできたおかげで、身も心もなんだかすごく楽になった。
やっぱり一人になる時間は大事ですね。
それも1時間2時間じゃなく、ある程度まとまった時間というのが重要ポイント。
近所の一時預かりサービス(オケージョナルケア)も利用してみたいけど、
そこは午前中の2時間だけなのでちょっと短い。
せめて4時間パッケージだと良いのだけれど。


これを機に、週末はいつも3人で出かけてしまうけど、
これからはちょくちょく一人ゆっくり満喫時間をもらおうと決めました。
帰って来てからのわたしがいつもとは違うというのをマットも感じたらしく、
いつもなら子を寝かしつけたあとはグレーのどんより疲労オーラを纏っているけれど、
この日はすっきりしていたのを目の当たりにして、
「もっとオデカケしておいで!」と。
お言葉に甘えさせていただきます。
良いヤツです。


出かけなくても、一人で家の掃除や片付けをゆっくりできるだけでもすっきりするし、
やはり自分のペースで邪魔されずに何かできるのってストレス解消になるのでしょうね。
近くに家族親戚は誰もおらず、夫婦2人で力を合わせてやっていくしかない我が家。
こんな感じで頑張ってます。


4月以降はテレビからも遠ざかっています。
最後に観たのはタラレバ娘。
昨年末には真田丸を観ながらアイロンがけをしていて、
ラスト2話がすごく良くて、3回も繰り返し観たくらい、
暇ですごく余裕がありました。
まだ子供は生後2カ月で、「なんか全然大変じゃないな。こんなんでいいのか?」とか思っていたのです。
大丈夫よ、今を満喫しておきなさいと言ってあげたくなりますね、当時の私に。
でもそろそろまた落ち着いてきたし、お出かけだけじゃなく、
またテレビっ子も復活出来そうです。




# by skkiiiii | 2017-08-16 07:23 | 育児 | Trackback | Comments(0)

最近のまとめ

d0084580_08303682.jpg


お気に入りのスーパー、LaMannaで
ちょっと小腹がすいたお茶タイムによく食べるCannoli。



d0084580_08303679.jpg


うちからはちょっと遠いけど、ときどき行くゴントランシェリエ・スミスストリート店。
いつも週末に行くけれど、いつ行っても結構空いていて、
大丈夫かな…と心配になっていたけれど、(撤退したら悲しいから)
先々月あたりに2店舗目もホーソンにオープンして、安泰のようで安心。

ちなみにスミスストリート店は、おむつ替えシートつきの広いトイレはあるし、
ハイチェアもあるし、ボックスシートが複数あるし、混んでいないしで、
実は子連れには使い勝手がかなり良いですよ。
店員さんたちの感じはあんまりよくない気がするけど…。
オーストラリアではなく、フランスな感じ。たぶん。知らんけど。



d0084580_08303793.jpg



子供の昼寝時間にあわせてベビーカーで散歩するのが日課になっていて、
今日はこっちのスーパー、明日はこっちのスーパーetcという感じで
あっちへこっちへうろうろ。
近所の多国籍な感じの食料品店でめずらしい品を物色したりして、
食べたことのないもの、飲んだことのないものをひとつ買ったりするのが楽しみ。



d0084580_08303711.jpg


お気に入りのGlick'sのベーグル。
産後しばらくしてから散歩でそれまで行くことがほとんどなかったスーパーに
よく行くようになり、そこ(ウルワース)で見つけた。
それからは行くたびに買っていたのに、
ある時を境に取り扱いがなくなったと思ったら、そのウルワース自体が閉店してしまった。

しかし、たまたま2駅先のおしゃれスーパーに行った時に発見。狂喜乱舞。
軽くトーストしてクリームチーズをたっぷり塗って食べる。
前はCostcoでミニサイズのが売られていて、いつも買ってたのに、
いつからか取り扱いがなくなったのか、みなくなった。残念だ。



d0084580_08303866.jpg

授乳中だからか、疲れているからか、甘い飲み物がホッとする。
ホットチョコレートをしょっちゅう飲む。




# by skkiiiii | 2017-08-10 08:29 | 育児 | Trackback | Comments(0)

生後9ヶ月 第2次しんどい期

d0084580_19291610.jpg


朝焼け。
冬のメルボルンの日の出は遅い。
冬が半分終わったいまでも、朝7時をすぎてようやく空が明るくなる。
しかし赤子を持つ家族の朝は早い。


たとえ1回2回だけとは言え、そろそろ夜中に起きるのが辛くなってきた我が夫婦。
そんな矢先、夜中に泣いて泣いて、寝ても置いたらすぐ起きるを繰り返し、
このままだと朝まで一睡もできないかも…と覚悟するような夜がありました。
これはまずい。
そこで、睡眠についてもう少し本やネット情報を読んで勉強し、
夜間断乳をしてみようということになりました。


これまではお風呂のあと授乳→飲んでいるうちに寝る→
マットが抱っこしながら子守唄を歌い、コットに置く 
という流れだったのを、
お風呂→寝かさないように授乳→絵本→マットが抱っこしながら子守唄→コットに置くというように、
授乳で寝かさないように。
最初の日こそ、絵本なんてどうでもいいわーとでも言わんばかりのぐずぐず大魔王でしたが
すぐにこのルーティンに慣れてくれました。


思えば日本に行く前の毎日朝まで寝てくれていた2ヶ月間くらいは
こんなふうに、授乳後もまだ目が開いている状態で「おやすみーまた明日ね」と言っていたのに
日本に行ってからは環境が変わったせいや時差もあってか、
いろいろリズムが狂って、夜中に起きてしまうようになり
そのたびに、抱っこだけでは寝そうにないときは、
うるさいとまわりの家族に悪いな…などと思って
授乳で寝かせるくせをつけてしまったのでした。


帰って来てからも、起きたら授乳すればすぐ寝るので、
簡単だからと授乳に頼ってしまっていた我々。
これは振り返って、「たられば」思うことだけれど、
最初から断固として夜中は泣いてもおっぱいなしにしていれば、
ずっと朝まで寝てくれていたのかもしれません。


で、夜間断乳してみた結果はと言うと…

生後9ヶ月になった翌日から3日間朝まで夜通し寝て、
おお!これはもう夜通し寝る日々が戻ってきたーーーー!
と思ったのもつかの間、
翌日からは恐ろしいひどのギャン泣きの夜が待っていました。
現在もまだ夜泣き続行中。
いままでの9ヶ月ちょっとの日々のなかでいまが一番辛いです。



d0084580_08013368.jpg



写真は夜通し寝るようになったし…と思って乾杯して晩酌に飲んだビール。
残念ながら、また飲めない夜に逆戻り。






# by skkiiiii | 2017-07-30 07:52 | 育児 | Trackback | Comments(0)

花に免じて許してやろう

d0084580_09093605.jpg




週末、久しぶりにリッチモンドのIKEAに行ったら、エスカレーターの下に可愛くて好みの雰囲気の花屋が。

前日にマットが私を怒らせることをしたので罰としてIKEAに連れてきてもらったのだけど
(うちから遠いし道が混むので運転手には苦行)、せっかくなので花も買ってもらった。
いちばん安いのだけど。
たっぷりのラナンキュラス。つぼみばっかりだから長く楽しめるかな。



d0084580_08592546.jpg



産後しばらくは庭も放置だったけれど、
6ヶ月くらいになってからはようやく手入れをする時間と心の余裕がでてきました。
ずっと空っぽで悲しい感じだった植木鉢にも、
ちょうど冬を迎えるときだったので、元気が出るように花をいろいろ植える。
キッチンの窓から裏庭デッキを見た時に癒されるようにと思って。



d0084580_12293015.jpg




これまでいろいろ野菜も植えたりしてみたけれど、
我が家はこれからは、野菜はニンニク、ネギ、ミニトマト、インゲン専門、
あとは勝手に毎年芽を出してくれる紫蘇、三つ葉、パセリだけと決めました。
どれも手がかからず、植えっぱなしで水をやるだけでしっかり育つ簡単なものばかり。
他の葉野菜とかに手を出しても、結局使わないことが多くてもったいない。
それよりも、花をいっぱい植えたいなと。
花のある暮らしはやっぱり心がなごむから。

なんだかぽかぽか陽気の日があって、もう冬は終わりなのかと騙されては
風が冷たい日が戻って来たり、行ったり来たりなメルボルン。
そんな中、せっかちなムスカリがいくつか花を咲かせ始めました。
着実に春は近づいています♡
南半球のみんな、がんばろー!


# by skkiiiii | 2017-07-23 07:34 | flower | Trackback | Comments(0)

OPショップがまたブーム

妊娠してからというもの、増えるであろう子供グッズに備えて家をすっきりさせなければ…と
断捨離的なことばかりして、オプショップから足が遠のいていたわたし。

子供が生まれてからも、
「産まれたばかりの無垢な赤ちゃんにはキレイなものを着せたい!」と、
オプショップで誰がきてどんなふうに保管されてたのかわからんものを着せるのには
抵抗がありました (知ってる人からもらったお下がりは大歓迎だったけど)。
が!子供が成長し、なんでもナメナメするようになってからは、そんなの御構い無しになってきました。
そして再ブームとなったオプショップ通い。
いやー安い!楽しい!
やっぱりわたしはオプショップがすきだー!


近所に最近できた店なんて、4歳くらいまでの子供赤ちゃん服はなんと1枚1ドル。
子供の服代はばかにならないから(身を以て実感)この安さはとっても助かります。
子供は着せ替え人形じゃないのはもちろんわかっているけれど、
やっぱり気に入ったかわいいものを着せたいじゃないですか。
しかしなんでも新品で揃えていたら、家計は火の車。
そんなわけで、暇な夕方の散歩どきには足しげくオプショップに通っている。
オプショップの宝探し感はやっぱり楽しい。
そして自分は毎日同じようなのをひたすらローテーションで着ている…そんな母でございます。


しかしほんと、子供というのはお金がそこそこかかるものですね。
先のことを考えたら、なんだか不安になるくらい。
チャイルドケア、幼稚園、小学校、ハイスクール…と、
教育費はこれからいくらくらい必要なのか皆目見当がつきません。
そんな中、いま私にできることは、こつこつ貯金をして
お子が18歳くらいになったとき、大学の学費を出してやるとか、
もしも日本やフランスやスペインの大学に留学したいと言ってきても
(あ、親の願望が入りまくっている) 出してやれるようにすること。

君の将来のため、母ちゃんはがんばるよ、と今日もいざオプショップへ。
リテールセラピー効果バツグンです。






# by skkiiiii | 2017-07-22 08:24 | 育児 | Trackback | Comments(0)

散歩道

d0084580_19224371.jpg



寒くても毎日欠かさず散歩。
天気がいいと気持ちいい。
黄色いミモザ。赤い南天。
キレイだねーと、聞こえてるんだか聞こえてないんだかの赤子に声をかけつつ散歩。
黄色や赤に、がんばれよと励まされる気分。
もうすぐ冬は終わり。



d0084580_19224368.jpg







# by skkiiiii | 2017-07-20 14:08 | 育児 | Trackback | Comments(0)

平凡だけど楽しかった週末

「子の成長はよろこばしいけれど、昨日とたいして変わり映えのしない今日。
毎日に新鮮味がなくて、たいくつ。
わたしはいまマンネリ沼にはまってしまっている…」

こんな風に思う日が数日続いた先週。
あ!もしやこれは軽く産後ウツなのでは、、、
最近細切れでしか眠れていないからだきっと。


そう感じたので、週末は何か楽しいことをしようと思い立ち、
ちょうど7/14のフランスBastille dayを祝うフェスティバルが
ノースメルボルンで開かれるというので行って来ました。
冬は出来ることが限られているけれど
こういうイベントがあるとちょっと楽しい。


d0084580_12213655.jpg



この日のお目当てはゴントランシェリエのパン。
Smithストリートのお店は我が家からは遠く、行くのが面倒だし
マットがあのエリアはあまり好きではないというのもあってなかなか行けない。
でもノースメルボルンは近いしね、ということで。

イベントは結構なにぎわいで、入るのにちょっと並んだ。
しかし帰りにみたら行列はもっと長くなっていた。
みんな冬はイベントに飢えているのかも。
入場料はひとり2ドルで、なんと赤子の分も払わねばならなかったのはびっくりだったけど
ダノンヨーグルトをただでもらえたので3人分もらっといた。
ちゃんともとは取れるようになっているようです。

「ボンジュ〜ル♡ サヴァ?」「ちゅっちゅっ」とほっぺにキスをしあう人たちに混じって、
ラクレットとゴントランシェリエのパンオショコラと
クロワッサンとクレームブリュレを食べた。
好物ばっかりたべて大満足。

あとはワインが飲めていたら最高だったのですが、
まだ授乳中の身なので断念。また今度のお楽しみ。


翌日は最近お気に入りのスーパー、LaMannaに行ってきた。
ここはイタリア系なのかな。お魚セクションがすごく充実しているし、
外国っぽいものがいっぱいで、異国気分が味わえてとにかく気分が盛り上がる。

帰りにコストコにも寄ったら、日本の人たちが大絶賛していてずっと欲しかったけれど
オーストラリアでは売られていなかった噂のプレスンシールを発見!
さらにKabocha Pumpkin(日本のかぼちゃ)まで売られていたので嬉々として購入。


なんだかマンネリだなと思っていたけれど、
その日あった楽しいことを写真でインスタとかに記録するとしたら、
そしたら何をアップするかなとか考えたら、
意外と小さなことでも日々は楽しいことに溢れているなと気づけた週末。
良き週末でした。

さあ今日はどんな楽しいことを見つけられるかな。



# by skkiiiii | 2017-07-19 12:12 | 考えごと | Trackback | Comments(0)

そろそろ旅に行きたいような

d0084580_20322373.jpg

ともだちの家の近所にすごくおいしいドーナツ屋さんがある。
遊びに行った時に、「おいしいよ」と聞いたので買って帰ったら、ものすごく好みの味だった。
でも遠いのでなかなか買いには行けない。
そろそろまた食べたいなと思っていたところ、ちょうどこちらに来てもらう用事があったので
図々しくもドーナツが欲しいとお願いして買って来てもらった。
やっぱりおいしかった。マットとふたりで6個ぺろりと食べた。
ふわふわの生地においしいクリームが挟まっている。ミスドのエンゼルクリームのような。
で、思い出した。ポルトガルのポルトでも、これに良く似た味の
とっても好みのクリームドーナツを食べたことを。


d0084580_08024418.jpg


d0084580_08024436.jpg


ポルトガルは良い思い出がたくさん。
このドーナツもおいしくてたまらなかったし、エッグタルトもおいしかったし
ホテルのベッドの寝心地は最高だったし、私のなかではいつかまた行きたい国ナンバーワン。
いつかまた行けるかな。行きたいなと思っていたら、
心がそっちに向かって無意識に働きかけるはずだから、きっとまた行けるはず。


こんなふうに、ふとした瞬間に過去に行った旅先のことを思い出して、
猛烈にせつなーい気持ちになることがあります。
ポルトガルで大スクリーンでW杯サッカーを観たこととか、
バルセロナは暑くて、歩くと足がむくんでぱんぱんだったなーとか、
思い出したらちょっと遠い目をして夫婦で思い出ばなしをしたり。
FBがときどき出してくる「××年前の今日」写真もくせ者で、
こないだは新婚旅行で行った南米旅行、チリからアルゼンチンへ向かうバスから見た朝靄写真を出して来た。
そんなのを見てしまうと、「あの頃は、猫も子供もいなくてすごく身軽で気楽だったな…」と、
なんだか色んな気持ちが入り交じるのです。


子供が産まれてから、パタリと旅行熱が冷めていた我が夫婦。
「寝んね期の赤ちゃんの頃が一番楽に連れて行けるよー」なんて聞いたけれど、
こんな赤子を連れて行くなんて大変過ぎるだろう、と全くその気にならず。
けれどここにきて、ちょっと旅行にいきたいと思うようになってきた。
でも航空券を探したり、ホテルを選んだりするのは面倒くさい。
お金がいっぱいあれば、「だいたいこのあたりの時期に、このくらいの予算で…」と、旅行会社に丸投げして高級リゾートとかでゆっくりできるのに。と、ここで気づいちゃいましたよ。
実は旅に行くのに二の足を踏んじゃうのは、飛行機移動が長いからじゃないんだわ。
「これだけの金額を出して、疲れに行くの?」って思っちゃうこと、お金が問題なんだわ、我が家の場合!
もし余剰のお金がいっぱいあったら、さくっとバリとか、なんならむしろパリだって
子供が小ちゃくても連れていくさ、きっと。


最近うらやましいなーと思うのが、アジアのハブに住んでいる友達。
数時間でベトナムとかラオスとかさくっと旅行に行けていて、良いなあと。
いや、日本からもアジアの国なら短時間で行けるじゃないか。
移動時間が短くてすむならもっと気軽にどこかに行けるのに。4時間までなら気軽に行けそう。
しかしそれではここからケアンズかパースにしか行けないではないか。
4時間乗ってもまだオーストラリア。
なんだかせつないメルボルン暮らしなのでした。
どこでもドアでハワイに行きたいなあ。




# by skkiiiii | 2017-07-18 19:13 | 考えごと | Trackback | Comments(0)

生後8ヶ月になりました

はやいもので、息子は生後8ヶ月になりました。
去年の今頃は、お腹が大きくなりだして、傍目からも妊婦って分かるようになりだした頃でした。
しかし、毎回毎回書くけれど、はやいわー。
何度も何度も書くけれど、はやいわー。
体感的には5ヶ月くらいが経過したぐらいの気持ちなんだけど、
実際の時間は1.5倍速以上のはやさで流れて行ってるようです。

さて、こないだ検診がありました。
身長71センチ、体重8715グラムと、
ちょうど平均的なサイズでした。
が!頭がすっごい大きかった…。ちょっと心配。

生後6カ月くらいのときに非常に大変だった時期がひと月ほどあったのですが、
(当時の育児日記は下書き状態。そのうち加筆して記録に残しておこう)
それに比べたらかなり楽になりました。


+最近の1日の様子はこんな感じ+

5時半〜6時 起床
マットが起きて一緒に遊ぶ。
そのあいだ私は7時くらいまで長めに寝かせてもらっている。ありがたい。
7時 授乳
8時半 朝寝
エルゴで抱っこするとすぐに眠る。
30分から1時間寝るので、その間バランスボールに座ってこうしてブログを書いたり、
インスタみたり、家計簿つけたりと、私の楽しみの時間。
朝寝から起きたら、抱っこ紐のままで洗濯を干す。
それからしばらく遊んで離乳食。
9時半 離乳食
食欲旺盛で離乳食大好き。食べてくれると食べさせるほうも楽しいので助かっている。
食後は息子を遊ばせている横で、自分も早めのランチ。散歩準備。
11時 散歩へ出発
天気が良ければ公園へ行ったり、とにかく外へ出てうろうろする。
12時 昼寝
ベビーカーでうろうろしているうちにウトウト眠りだすので、そしたら大抵は図書館へ行く。
最近はお昼寝の時間に合わせて図書館で休むことが日課になっている。
長いと2時間くらい寝てくれるので、椅子でゆったり座って、
ふーわーと魂が抜けたかのようにしばし抜け殻状態になります。
暖かければ公園でゆっくり過ごすことも多い。
13時半くらい 帰宅して授乳
しばし家で遊ばせる。その間に夕食の準備をすることが多い。
ひとり遊びをしてくれるようになったので、ほんとだいぶ楽になりました。
15時 散歩NO2
グズグズしそうになり出したら2回目の散歩へ。
エルゴで抱っこして近所のオプショップへ行ったり、ただ近所をうろうろ3周(!)くらいしたり、
とにかく外の空気を吸うと楽しいみたい。
こちらも家でこもっていると煮詰まるので、散歩に出かけるのは良い気分転換になります。
朝寝昼寝が少なかった日はベビーカーに乗っている場合は散歩中に夕寝することも。
そしたら近所の公園のベンチに座って、また私は魂抜けた抜け殻でエネルギーをチャージします。
16時半 離乳食
離乳食はまだ2回食。午後の部もかなり喜んで食べてくれます。
18時前 マット帰宅で夕食
大人の夕食風景を眺めながら遊ぶ
18時半 お風呂
19時 授乳して就寝
そしてそのまま朝までぐっすり…だと言うことなしなのですが、
最近は夜10時くらいと夜中1時くらいに起きてしまいます涙
記録をたどると、最後に朝まで夜通し寝たのは5月15日だった…
図書館で借りたねんねトレーニングの本を読んだりしたけれど
どう改善すればまた朝まで寝るようになるのか分からない。トホホ。
昼の運動が足りないのか、お乳が足りていないのか。
とりあえず酷い夜泣きに悩まされているというわけではなく
起きて授乳すればおとなしく寝るので、しばらく様子見です。


最近はミニーのことが気になるようで、隣にいると手を伸ばして触ろうとします。
ちょっと毛をひっぱっちゃうことも。
ミニーはシャーと怒ったりもせず、じっと耐えています。けなげ。カワイイ。
ミニーには長生きしてもらって、ふたりで仲良く遊んで欲しいなあ。


# by skkiiiii | 2017-07-06 08:07 | 育児 | Trackback | Comments(2)

家事をチャキチャキ

授乳をしているとすごくお腹がすくと聞いていたけれど、本当にいつもお腹をすかせている私。
でも、自分の食べるものをゆっくり用意する時間なんてないことがほとんど。
家にいる時間はたくさんあるのに、ゆっくり自分の食べるものを用意する時間がない暮らし。
食事の準備だけでなく、家事全体にかける時間があんまりない。
それが赤児のいる暮らし。
家事にかかる時間をはなんならもっと減らしたい。
効率よく作業して、「あまり時間」をいっぱい作りたい。
あまった時間は何するのかって言いますと、ダラダラのんびりしたいんです。
ダラダラのんびりするために、チャキチャキしたい。

そこでとうとう、とうとうルンバを購入しました。
妊娠するよりもっと前から欲しい欲しいと言い続けていたルンバ。
最近も外出から戻るたびに、
「ルンバがいたら、家に帰って来たらぴかぴかになってるんやんな〜」と呪文のように唱えたところ、
とうとう夫も「ダメだこりゃ」と思ったらしく、買おうと言い出しました。
型落ちのだと思ったより安かったってのもある。

で、買った感想はといいますと…
めっちゃいい!すごくいい!ルンバ最高!
今もすやすや寝息をたてる息子を抱っこ紐で抱っこしながら
バランスボールに座ってこのブログを書いています。
自分が何か別のことをしているあいだに、掃除機がけが終わるって素晴らしい!
しかもルンバさんはロボットなので、当然不平不満も言わず
なんならテーブルの足とか、テレビ台の下とか、私が掃除するよりも
きっちりと埃を吸い取ってくれるのです。
そんなに働き者なのに、おやつもお小遣いもせびらない、良い子のルンバちゃん。

しかし人間というのは横着なもので、掃除機をかけなくて良い暮らしに
慣れてくると、次は床を磨いてくれるブラーバさんや
窓ふきをしてくれるなんとかさんも欲しくなってくる。
なかでもダントツで一番欲しいのは乾燥機。
乾燥機があったら、洗濯物が乾かない冬も無敵になれるのに…と、
今日もおむつからしみ出るほど大量のおしっこをした息子の寝袋を洗いながら思うのでした。





# by skkiiiii | 2017-06-21 08:41 | 考えごと | Trackback | Comments(0)

生後7ヶ月

近頃の悩みは、何でも中途半端になってしまうこと。
家が100パーセント片付いているなんてことがなくなりました。
やはり噂通り、ねんね期は楽だったと振り返って思います。
今は、私の姿が見えなくなると泣くので、ロクに料理もできないことが多いです。
これは辛いな…と感じていたけれど、でもほんの数年のことなのだから
気にしないようにしようとある日悟りました。


子育てはアップダウンとは良く言ったもので、
あんなに毎晩よく寝たのに、いつからか毎晩起きるようになってしまいました。
これも辛い…と思うけれど、まあこれもしばらくのことだろうから頑張ろう、
子供はすぐに大きくなるんだから、あっという間に7カ月になったのだから、と
こちらも悟りの境地に。


最近の標語は「できることをがんばる」。
「数十分の積み重ね」を大事に、ちょこちょこ出来る範囲で出来ることだけをするようにしています。
あとは、なんでも夫を巻き込んでやろうとするのはやめて
自分の好きにしちゃうようにしようと決めたら気楽になりました。
花を植えるのとか、人への贈り物とか、
今までなら相談していたけれど、事後報告ですませるように。
無駄に時間がかからず、さくさくと出来て良いです。


オプショップの服に抵抗がなくなってからは、
夕方の散歩がてらオプショップ通うようになりました。
家にいると煮詰まりがちなのでたくさん散歩するようになり、
ピクニックシートを常に持ち歩いています。しかし痩せない。なぜだ。


生後7カ月現在の1日の様子

6時くらい 起床(父と遊ぶ)
7時くらい 授乳①
ひとり遊び

8時半〜9時半 30分から1時間朝寝
いまだ抱っこエルゴで寝かせている。
エルゴ抱っこして歌を歌うと落ち着くのかすぐ寝る。
今の寒い季節になって、抱っこしてると温かくて気持ちいいので
ずっと抱っこしたまま、バランスボールに座ってお化粧したり、
パソコンで調べものしたり、iPhoneでインスタみたり、とにかく抱っこしたままでいる。
コットにおけば自由の身になれるはずなのに、抱っこが気持ちいいので。
そのうちもっと大きくなって抱っこがキツくなるころには朝寝しなくなると思うので、今はこれで。

9時半くらい 離乳食&授乳②
ひとり遊び
11時くらい 近所をうろうろ散歩
11時半〜13時半 1時間から2時間昼寝
昼寝中は母の癒やしタイム
図書館で休憩したり天気いい日は公園で本を読んだりする

13時半 授乳③
(プレイグループのときは終わって帰ってから授乳で14時半すぎ)
ひとり遊び
15時 ヒマなときは散歩
15時半から16時半のあいだ 夕寝(昼寝が少なかった日だけ)
16時半くらい離乳食&授乳④
18時マット帰宅
大人の食事風景を眺める

19時お風呂&授乳⑤
19時半就寝
両親は自由時間
離乳食を作ったり、本読んだりする。

残念ながら、夜中は1〜2回起きるようになってしまいました。
私の身体は短時間で深く眠れるようになったのか、
夜中に起こされたとき、もう3時だろ…と思って時計を見たらまだ12時過ぎなんてことが多い。
22時までには寝るようにしているので、睡眠時間はたっぷり。
夜中はマットが起きて抱っこしてあげてくれるうえ、
朝も先に一緒に起きてくれるのですごく助かっています。



# by skkiiiii | 2017-05-15 15:50 | 育児 | Trackback | Comments(0)

6ヶ月になりました

はやいはやいはやすぎる。


d0084580_12263588.jpg



3月末から日本に行き、桜をみてきました。
行きの飛行機はギャン泣きで大変でした。
帰りは問題なしで大丈夫でしたが、軽くトラウマです。


最近の息子は、よく寝る。
歯ぐずりの時期2週間弱だけは夜泣きらしきものをして大変でしたが、
また落ち着いて、夜通し寝るようになっています。


手が腱鞘炎で大変なこと、
掃除がなかなかきちんと出来ないことがいまの悩みです。




# by skkiiiii | 2017-05-06 05:11 | Trackback | Comments(0)

生後4ヵ月になりました


はやいもので、生後4ヶ月になりました。
ちょうど4ヶ月になったその日に検診があり、計ってもらったところ…
体重7010グラム
身長64センチ
でした。

オーストラリアの成長曲線ではちょうど真ん中の平均的なサイズのようです。
ここまで、特に問題もなくすくすくと育ってくれていてありがたい。


d0084580_19022823.jpg


いつの間にか2月も終わってしまったわけですが
この1ヶ月、子育て以外にいったい何をしてたかしら、ハテ?と思ってしまうくらい
一日一日が早いです。
村上春樹の新作がとうとう発売されたけれど、
残念ながらその祭りにも参加できず
3月末に日本に帰った時に買って読むのを心待ちにしております。

その代わりと言ってはなんですが、最近ハマっているのが育児漫画。
ナナイロペリカンさんの「たまご絵日記」というのをどこかで見て知って
電子書籍で買えたので、出版されている3冊をまとめて買って一気読み。
さらに連載も一気読み。
そこから育児ものが面白くなっちゃって、他にもインスタでかわいい赤ちゃん絵日記をフォローしたりして
ニヤニヤしながら読んでます。
きこもり気味育児をしている身なので、他の人の子育てストーリーを知れるのが楽しい。
相変わらず寝かしつけは抱っこなのですが
(そのうち重過ぎて抱っこ以外で寝かしつけしたくなって、でもきっとうまくいかずめっちゃ後悔しそう)
エルゴの中で寝てしまった息子を抱いたまま漫画を読む時間が幸せすぎる。暇か!


生後100日を迎えた日にはじめて夜通し眠るようになってから
今日までで夜通し眠ってくれた日がだいたい半分くらい。
夜7時半すぎに眠りについて、うまくいけば翌朝7時まで寝てくれるので、
ほとんど普通の睡眠サイクルに戻りました。本当にありがたい。
でも、最近日本語プレイグループで知り合った、あるお母さんは
「生後4、5ヶ月の頃はずっと朝まで夜通し寝ていて良しっ!と思っていたのに
6ヶ月になった頃から毎日夜中に起きるようになってしまった」と言っていたので
うちもこれから先はどうなるかわかりません。
が、とりあえず今はよく寝てくれてラッキーと感謝しつつ
この調子でずっといっぱい寝てねと言い聞かせるようにしよう。


さて、その他の現在の息子の成長具合はというと
・首はしっかりすわっている
・寝返りはまだ
・いっぱいアーアーウーウーしゃべる
・おもちゃを掴めるようになった
・指しゃぶりをいっぱいするし、よだれも出て来ており、そろそろ歯が生えてくるのかも

検診では、そろそろ寝返りをしていなければダメ!
もっと腹這いにさせて練習しなさいと言われたけれど、
日本の母子手帳をみると、まだできなくても特に遅いわけではなさそうで
なんだろう、日豪で成長具合が違うのかな。
まあ5ヶ月になるまでには寝返りできるようになるだろう。


それよりも今悩んでいることは
①相変わらず哺乳瓶を嫌がる
②掃除が行き届かなくなっているのがちょっと辛い。家事をいかに時短するか
です。


まあこんな感じで、ここまであっと言う間の4ヵ月。
マットは時々余計な仕事を増やしてくれて
オイオイ、いや、オイo(`ω´ )oゴラー!となるけれど
まさに二人三脚で育ててくれて、いろいろ心も配ってくれて感謝しております。
それでも、毎朝8時半に彼が出勤して、18時に帰ってくるまで
ひとり育児の時間は正味9時間半だけだけど、
16時とか17時とかになると、結構お疲れモードになってしまい
はやくマットさん帰って来ないかしら、まだかしら、と首を長くして待ってしまう。
週末は夕方がくると寂しいのに、平日は夕方が待ち遠しいです。

わたしなんてひとりで頑張らなきゃいけない時間はうんと少ない方で
日本にいる私の姉妹など、旦那さんの帰りが遅くてひとりで何でもしなければいけないお母さんたち、
しかも子供がひとりじゃなくて複数のお母さんたちは
もっともっとうんと大変なんだろうなと思うし、心から尊敬しています。
それに比べたら、私の疲れ具合なんてたいしたことないのだろうな、
だから愚痴っちゃバチがあたるな…と思いつつ、それでも私もやっぱり疲れます。
ほんの数時間でもちょっとだけみててもらえる家族が近くにいたらいいなと思うことも。
ま、これは仕方ない。自分で選んでオーストラリアで暮らしているのだから。涙


そんな毎日ですが、矛盾するようだけど、一日があっという間に終わってしまって、
子供をお風呂に入れるときは、ああ今日ももう終わっちゃうのか、
と寂しい気持ちになったりも。
あっという間に4ヶ月が経ち、写真が溜まる一方なのでそろそろ整理しなければ!
なんだか振り返ってみたら、出産してから子育てしかしてないような気がするので
だんだんこれからのこととか考えてちょっと不安な気持ちになったりもします。
会社勤めだったわけではないので、今後戻る職場があるわけでもない私。
「これから先、仕事はどうしよう。今までみたいな生活で
この子の教育費プラス日本へ帰省する費用を捻出できるんだろうか」とか、
考え出すといろいろ。
育児のリズムもだいぶできあがった今、これから先のことも
考えていかなければなーと思い始めた今日この頃です。




# by skkiiiii | 2017-03-04 20:13 | 育児 | Trackback | Comments(0)

初めて夜通し寝ました

お食い初めをした日の前日は、私とマットの誕生日だったのですが
なんと、その日の夜、息子さんは初めて夜7時半から朝7時まで夜通し寝てくれました!
両親の誕生日に睡眠をプレゼントしてくれたようです。孝行息子や。涙

その日以降、今日までの10日間のうち、夜中の授乳があったのは3日。
打率7割です。悪くないぞ!
いつになったら朝まで寝れるのかな〜とか言ってましたが、意外とその日が早く来て、
しかも突然来たのでびっくりでした。
マットなんて朝起きて、「また夜中の授乳のとき寝ちゃってて起きれなくてごめんね」とか言ってたし。

このまま、毎日朝まで眠ってくれるようになればとっても楽だけれど、
きっともうちょっと月齢が進んだら、また夜泣きだとかが始まるのかな。

こないだまで夜中3回くらい起きてたのに、それが2回になり、1回になり…
とにかく、日々いろいろ変化していて、日々成長しています。
「3ヶ月になったら楽になるよ」と言われてきましたが、ほんと。
もともとこれまでもかなりラクな赤ちゃんだったと思うけれど、3ヶ月になると、
リズムがちゃんとできてきて、ちょっと予想がつくようになったのがラク。
あとは首がかなりしっかりしてきたので、抱っこするのもラクになった。

今の悩みは…ボトルで飲まないこと、
散歩の時に途中で起きてしまいベビーカーをいやがること、
昼寝の睡眠時間が少なくなったこと。
そして手首が痛い。
エルゴのひもをようやく自分でちゃんと留められるようになった。
一週間前と比べても、色々と状況が変化していくので
書こうとしたことがどんどん古くなってしまう。

最近プレイマットを購入したら、これが大正解。
気分が乗っているときなんて、1時間以上ひとりで遊んでくれます。
(誤ったタイミングだと、置いただけでギャン泣きされるけれど)

もうひとつ困っているのが、昼食や軽食を用意するのが大変なこと。
お腹がすいた時にすぐに食べられるものを常備しておく必要があるなと思う。
ゆっくり自分の昼ご飯なんて準備してる余裕がなかったり、面倒くさ過ぎる時があるから。
おにぎりとか。クロワッサンとか。ベーグルとか。


# by skkiiiii | 2017-02-09 20:13 | 育児 | Trackback | Comments(0)

お食い初め

無事に100日を迎え、家族3人+1匹でお食い初めをしました。

d0084580_15110225.jpg


日本だと鯛などは買えたり、あるいは外食でお食い初めができたりするようですね。
こちらでは全部用意するのも大変だし、何もしなくても良いかな…そういうときだけ「オーストラリア人」で行こうか…とも思ったけれど、やっぱり一生食べ物に困って欲しくないし!と思いなおし、頑張って用意しました。
準備はちょっと大変だったけれど、今の私にできる精一杯の気持ちを込めたので、良い思い出になりました。
やっぱりやってよかった。

用意したのは鯛、お赤飯、煮物、香の物、歯がための石、お吸い物。

100日になった日は、ちょうど私とマットの誕生日の翌日。
今年の誕生日は、翌日のお食い初めの準備のことで頭がいっぱいだったわ!という
母になって初めての誕生日はいままでとはちょっと違うというのを実感した日でした。

お食い初めの日は平日だったので、マットが帰って来てからお祝い。
ムスコくんは全く何がなんだかわかっておらず、だんだんもうボクチンねむたいです状態に。
オーストラリアではこういう生後何日とか、何ヶ月とかのお祝い事はないようでマットは楽しんでいました。


d0084580_15110282.jpg


次はなんだろう。5月の初節句か。
その前の3月末から2週間弱初めて日本に連れて帰ることに決まりました。
初めての飛行機、どうなるかドキドキですが
日本の家族や友達にお披露目できるのが楽しみ。

# by skkiiiii | 2017-02-09 19:43 | 育児 | Trackback | Comments(0)

クリスマス 2016

忘れてしまわないうちに今回のクリスマスの思い出も記しておこう。


d0084580_12114808.jpg



例年なるべく年末年始は日本にいるようにしている私ですが、さすがに今年はアデレードへ。
2ヶ月になったばかりの赤ちゃんを連れての初めての旅行。
あちらでの滞在中も車は絶対に必要だし、子連れで荷物も大量だしということで
今回は車で行きましたが、なかなかこれが大変でした。

なんせノンストップで走っても8時間はかかる距離。
行きはすごく順調で、すごくよく寝てくれて10時間ほどで到着したけれど、帰りは苦戦。
往路よりも3度ほど多めに授乳だなんだで休憩をしつつ12時間ほどかかった。
1秒でも遅く到着したい往路は順調だったのに、1秒でも早く帰りたい復路は
ぐずって大変で何度もストップせねばならず余計に時間がかかったという皮肉…。

そもそも帰りの日はムスコクンは朝5時起き。
なぜか朝から目やにが出ていて、どうも体調がいまいちだったのか、
変なタイミングで何度もぐずったし、あと少しでメルボルンというところでもギャン泣き。
見ると、目やにで目がくっついたようになっていて、そんな姿を見たら
こんなに疲れさせて辛い思いをさせてしまった…と私も涙が出てきたのでした。
(目やには帰って来たらすっかり治ったけれど、いったい何だったのだろう。)

滞在中も、環境が変わったことでリズムがくるってしまい、
暑さもあってぐずぐずしてなかなか寝なかったりした。
普段あまり夜に寝なくて困ることなんてない親孝行な子ですが、
このクリスマスの期間はちょっと大変だった。
疲れ+暑さで、大人でもしんどかったのだから、赤ちゃんもぐずるのは当然なのだけれど。
それに加えて、私が「アデレード行きたくないな。早くメルボルンに帰りたいな」と
思ってストレスを感じていたので、敏感に感じ取ってしまっていたのかもです。

帰って来てからは、私のほうもどっと疲れが出たのか、
はたまたクリスマスのごちそうで甘いものを食べ過ぎたせいか、
胸がパンパンに腫れて大変なことに。
乳腺炎になりかかっていました。
一生懸命吸ってもらってなんとか大事に至らずにすみましたが、
岩のようにカチカチになってやばかった…。


ま、そんなこんなで大変なアデレード行きでしたが、
かわいい甥っ子姪っ子に会えたし、義家族の皆さんに息子を見てもらうことができて
いっぱい抱っこしてもらえて良かったです。
クリスマスの翌日には親戚一同が集まるクリスマス会があって、
そこでも親戚の皆さんに顔を見てもらおうと思っていたのに
ずっと寝てて一度も起きず、プレゼントだけ大量にもらってしまったけれど。
おもちゃを山のようにいっぱい頂いて、しばらく何も自分たちでは買わなくてよさそうです。
とってもありがたいことでございます。感謝。



d0084580_12114782.jpg


それから、アデレードに行くたびに通っているセントラルマーケットへも行けました。
赤子を連れてても、マーケット内のレストランやカフェなら余裕のよっちゃん。
ちょうどお利口にしててくれたので、つかの間の休息を楽しむことが出来ました。

他にも、はじめてビーチにも連れて行ったり(と言っても砂浜を歩いただけ)
アデレードのコーヒーチェーン店Ciboに何度も行ったりと、
振り返ってみたら、あれ、割と楽しんで来たやん…という感じの今回のアデレード行きでした。

子供が出来たので今後はもうちょっと頻繁に行くことになるかもしれないアデレード。
次は子供を預けて、マットとふたりでどこかおいしいレストランとかに行けたらいいな。




# by skkiiiii | 2017-01-27 20:07 | オーストラリア国内旅行 | Trackback | Comments(0)

もうすぐ生後3ヶ月です

概ね順調な育児生活ですが、ここに来て困った事態が発生中。

悩みその① 哺乳瓶拒否

生後すぐのころ黄疸が出たせいで、普通に授乳後に、搾っておいた母乳を哺乳瓶から追加で与える…ということを
していたので、哺乳瓶にはなれていた我が子。
黄疸がなくなってからも、問題なくときどきは哺乳瓶で飲んでいたのです。
が、つい先日、私が初めて女子会(婦人会と呼べと言われる)で昼間にひとりででかけたときに悲劇が。
授乳時間になりマットが哺乳瓶で飲ませようとしたところ、何度がんばっても拒否し、しまいには授乳用の体勢に抱いただけでギャン泣き。
私の初めてのひとり外出は途中で召還されるという非常に残念なことになってしまいました。

その2週間前まではたしかに哺乳瓶で飲めていたので油断していたけれど、
どうやら知らない間にひとつ成長の階段をのぼっていたようで
「これぼくのかーちゃんの乳首とちがう!」と気づいてしまったようです。
それ以来、毎日がんばって哺乳瓶で飲ませてみようとするも、毎回泣かれて終わるという…。
どうしよう、このままでは私はひとりで長時間の外出ができない、と悩みは切実です。
出産前は、「夜中の授乳とか、搾乳しておいたのをマットがあげれば私は眠れてラクできる〜」などと
考えていたのですが、実際はぐずり始めた子に搾乳したものを温めて飲ませるのは手間で、
その点、母乳だとペロッと服をまくればすぐあげられて簡単なので哺乳瓶の出番が減っていたのです。
母乳がいっぱい出るからと油断していたらダメだった。
現在いろいろな哺乳瓶を試し中。
このままずっと拒否されたら…授乳間隔に合わせて外出せざるをえなくなる…涙

悩みその② 寝かしつけ方法

もうひとつ現在悩んでいることは、寝かしつけ。
ありがたいことにわりとよく眠るので、寝なくて困る!というわけではないんです。
でも変な寝かしつけ方法でクセをつけてしまったのは失敗だったかも??
我が家では今のところまだコロコロ付きのバシネットで寝かせているのですが(昼寝も夜も)
寝かしつけるときはそれをコロコロすれば眠るクセがついている。
が、このバシネットは6ヶ月くらいまでしか使えないサイズ。
いつもコロコロしなければ寝ないのだとしたら、バシネットを使えなくなったら
どうやって寝かせるのが?!と焦っています。どうしよう。
いよいよねんねトレーニングをするべきかな…
ベビーベッドは子供部屋に設置してあるけれど、
やはりこれを夫婦の寝室に移動させるべきなのか。
そのためには解体しなければならない。なぜなら、ドアを通らないから!

悩みその③ 寝場所

妊娠する前からずっと「外国では赤ちゃんは自分の部屋で自分のベビーベッドでひとりで寝かせるものだ」
という認識があって、妊娠中もずっと、我が家でもそうするつもりでいたのです。
が、妊娠後期になった頃、助産師さんや、マットの職場の諸先輩ママパパたちから話を聞いたところ
生後半年くらいまでは、両親と同じ部屋で寝る方が良いというのです。
子育て論というのは日々変わるようで、最近はこういう風潮なんだとか。
で、上記のバシネットを買って、大変重宝したわけですが
もうそろそろ使えなくなるけれど、今後はいったい昼間とかどこで昼寝させようか。
遊び場も、家具をいろいろ取っ払って、ラグの上でゴロゴロハイハイできるようにすべきなのか。
ああ困った。


そのほか今思っていること、考えていること
・スペイン語を勉強したい。
一日のうちの数時間、数十分だけでも自分のために使う

・航空券をいいかげん予約したい

・家の掃除を毎日きっちりできないのがストレス。
やろうと思ったらできるんだろうけど、面倒くさい。

とりあえず元気にしっかり育っています。




# by skkiiiii | 2017-01-20 14:24 | 育児 | Trackback | Comments(0)


オーストラリア生活記


by skkiiiii

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
アデレード
メルボルン
ともだち
本・映画
旅行
南米旅行 2012
中米旅行 2009
オーストラリア国内旅行
ハンドメイド
食べ物/ベジ
マットと私
op shopping/サステナ
wedding
flower
メルボルンでの部屋探し
オーストラリア移住準備
いえ/インテリア
スペインポルトガル旅行2014
考えごと
ガーデニング
妊娠経過
育児
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
more...

プロフィール

2010年4月にアデレード出身のパートナーと一緒にメルボルンに移住してきました。

旅と本と猫が好きな私+夫+飼い猫ミニーの暮らしの記録。

最新のコメント

ほぉーーー。これもまた見..
by ponzu_77 at 10:57
インレー湖いいのかー??..
by ponzu_77 at 10:48
> 通りすがりのただの母..
by skkiiiii at 19:16
もしかしたら、歯が生えて..
by 通りすがりのただの母 at 09:40
> sowhat99さん..
by skkiiiii at 11:29

検索

タグ

ライフログ






ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
海外生活

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31