タグ:育児 ( 2 ) タグの人気記事

もうすぐ生後3ヶ月です

概ね順調な育児生活ですが、ここに来て困った事態が発生中。

悩みその① 哺乳瓶拒否

生後すぐのころ黄疸が出たせいで、普通に授乳後に、搾っておいた母乳を哺乳瓶から追加で与える…ということを
していたので、哺乳瓶にはなれていた我が子。
黄疸がなくなってからも、問題なくときどきは哺乳瓶で飲んでいたのです。
が、つい先日、私が初めて女子会(婦人会と呼べと言われる)で昼間にひとりででかけたときに悲劇が。
授乳時間になりマットが哺乳瓶で飲ませようとしたところ、何度がんばっても拒否し、しまいには授乳用の体勢に抱いただけでギャン泣き。
私の初めてのひとり外出は途中で召還されるという非常に残念なことになってしまいました。

その2週間前まではたしかに哺乳瓶で飲めていたので油断していたけれど、
どうやら知らない間にひとつ成長の階段をのぼっていたようで
「これぼくのかーちゃんの乳首とちがう!」と気づいてしまったようです。
それ以来、毎日がんばって哺乳瓶で飲ませてみようとするも、毎回泣かれて終わるという…。
どうしよう、このままでは私はひとりで長時間の外出ができない、と悩みは切実です。
出産前は、「夜中の授乳とか、搾乳しておいたのをマットがあげれば私は眠れてラクできる〜」などと
考えていたのですが、実際はぐずり始めた子に搾乳したものを温めて飲ませるのは手間で、
その点、母乳だとペロッと服をまくればすぐあげられて簡単なので哺乳瓶の出番が減っていたのです。
母乳がいっぱい出るからと油断していたらダメだった。
現在いろいろな哺乳瓶を試し中。
このままずっと拒否されたら…授乳間隔に合わせて外出せざるをえなくなる…涙

悩みその② 寝かしつけ方法

もうひとつ現在悩んでいることは、寝かしつけ。
ありがたいことにわりとよく眠るので、寝なくて困る!というわけではないんです。
でも変な寝かしつけ方法でクセをつけてしまったのは失敗だったかも??
我が家では今のところまだコロコロ付きのバシネットで寝かせているのですが(昼寝も夜も)
寝かしつけるときはそれをコロコロすれば眠るクセがついている。
が、このバシネットは6ヶ月くらいまでしか使えないサイズ。
いつもコロコロしなければ寝ないのだとしたら、バシネットを使えなくなったら
どうやって寝かせるのが?!と焦っています。どうしよう。
いよいよねんねトレーニングをするべきかな…
ベビーベッドは子供部屋に設置してあるけれど、
やはりこれを夫婦の寝室に移動させるべきなのか。
そのためには解体しなければならない。なぜなら、ドアを通らないから!

悩みその③ 寝場所

妊娠する前からずっと「外国では赤ちゃんは自分の部屋で自分のベビーベッドでひとりで寝かせるものだ」
という認識があって、妊娠中もずっと、我が家でもそうするつもりでいたのです。
が、妊娠後期になった頃、助産師さんや、マットの職場の諸先輩ママパパたちから話を聞いたところ
生後半年くらいまでは、両親と同じ部屋で寝る方が良いというのです。
子育て論というのは日々変わるようで、最近はこういう風潮なんだとか。
で、上記のバシネットを買って、大変重宝したわけですが
もうそろそろ使えなくなるけれど、今後はいったい昼間とかどこで昼寝させようか。
遊び場も、家具をいろいろ取っ払って、ラグの上でゴロゴロハイハイできるようにすべきなのか。
ああ困った。


そのほか今思っていること、考えていること
・スペイン語を勉強したい。
一日のうちの数時間、数十分だけでも自分のために使う

・航空券をいいかげん予約したい

・家の掃除を毎日きっちりできないのがストレス。
やろうと思ったらできるんだろうけど、面倒くさい。

とりあえず元気にしっかり育っています。




[PR]
by skkiiiii | 2017-01-20 14:24 | 育児 | Trackback | Comments(0)

出産報告

予定日より3週間と1日早く、10月23日に元気な男の子を出産しました。
早く生まれてきたわりに、体重は3230グラムとお腹の中でしっかりと育ち、自分で勝手に「もう出まーす」と決めて出て来てくれたようです。
そこから、あっという間に3週間が経過。この調子だとあっという間に3年くらいが経ちそうです。

でもこの3週間は、ゆっくりじっくり充実の時間でもありました。
出産の前は、日本から誰も手伝いに来ないというと、
「えー大変だよー」なんて言われたりして心配なことがたくさんあったけれど、
実際は、想像していたよりもずっと余裕がありました。
3週間育休を取ったマットがいてくれたので、それ以上のヘルプなしで大丈夫だったし、
むしろ夫婦ふたりでじっくりゆっくり新生児の育児に取り組めて新生活のペースを作れて良かったです。
それもこれも、思いのほかスピード安産だったせいで体力の消耗が少なく(これが陣痛か…と思う痛みが来てから産声が聞こえるまで3時間ちょっとだった…)産後の回復がすごく早かったことと、
父親マット氏が想像していた以上の活躍ぶりで、授乳以外のお世話は率先して何でも全部やってくれたおかげです。

出産前にずっと「里帰りなし出産 ヘルプなし」などで検索をかけて色んな人のブログを読んで準備をする参考にさせてもらい、かなり辛い状況を想定して心の準備をしていたのも良かったのかも。

今週月曜からマットは仕事に復帰し、ここからがいよいよ育児本番な感じではあるけれど、いまのところ心穏やかに暮らせています。ってまだ4日しか経過してないけど。

ありがたいことにいまのところ睡眠も、一度に2時間、3時間の細切れだけど、1日合計8時間くらいは確保できているので、それほど睡眠不足で辛いということもありません。それでも夜中の2時とかに起きるのはやや辛いので、はやく朝までぐっすり眠れる日が来て欲しいなーと思っちゃうけど、そんなのはまだまだ先なのでしょうか。(゚∀゚)



[PR]
by skkiiiii | 2016-11-17 10:11 | 妊娠経過 | Trackback | Comments(2)


オーストラリア生活記


by skkiiiii

カテゴリ

全体
アデレード
メルボルン
ともだち
本・映画
旅行
南米旅行 2012
中米旅行 2009
オーストラリア国内旅行
ハンドメイド
食べ物/ベジ
マットと私
op shopping/サステナ
wedding
flower
メルボルンでの部屋探し
オーストラリア移住準備
いえ/インテリア
スペインポルトガル旅行2014
考えごと
ガーデニング
妊娠経過
育児
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

プロフィール

2010年4月にアデレード出身のパートナーと一緒にメルボルンに移住してきました。

旅と本と猫が好きな私+夫+飼い猫ミニーの暮らしの記録。

最新のコメント

> sowhat99さん..
by skkiiiii at 11:29
久しぶり~に覗いてみたら..
by sowhat99 at 19:15
++きんさん ご無..
by skkiiiii at 18:57
久しぶりです。ワタシ日本..
by きんさん at 19:04
++ Mehreenkh..
by skkiiiii at 12:31

検索

タグ

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31