「ほっ」と。キャンペーン

クリスマス 2016

忘れてしまわないうちに今回のクリスマスの思い出も記しておこう。


d0084580_12114808.jpg



例年なるべく年末年始は日本にいるようにしている私ですが、さすがに今年はアデレードへ。
2ヶ月になったばかりの赤ちゃんを連れての初めての旅行。
あちらでの滞在中も車は絶対に必要だし、子連れで荷物も大量だしということで
今回は車で行きましたが、なかなかこれが大変でした。

なんせノンストップで走っても8時間はかかる距離。
行きはすごく順調で、すごくよく寝てくれて10時間ほどで到着したけれど、帰りは苦戦。
往路よりも3度ほど多めに授乳だなんだで休憩をしつつ12時間ほどかかった。
1秒でも遅く到着したい往路は順調だったのに、1秒でも早く帰りたい復路は
ぐずって大変で何度もストップせねばならず余計に時間がかかったという皮肉…。

そもそも帰りの日はムスコクンは朝5時起き。
なぜか朝から目やにが出ていて、どうも体調がいまいちだったのか、
変なタイミングで何度もぐずったし、あと少しでメルボルンというところでもギャン泣き。
見ると、目やにで目がくっついたようになっていて、そんな姿を見たら
こんなに疲れさせて辛い思いをさせてしまった…と私も涙が出てきたのでした。
(目やには帰って来たらすっかり治ったけれど、いったい何だったのだろう。)

滞在中も、環境が変わったことでリズムがくるってしまい、
暑さもあってぐずぐずしてなかなか寝なかったりした。
普段あまり夜に寝なくて困ることなんてない親孝行な子ですが、
このクリスマスの期間はちょっと大変だった。
疲れ+暑さで、大人でもしんどかったのだから、赤ちゃんもぐずるのは当然なのだけれど。
それに加えて、私が「アデレード行きたくないな。早くメルボルンに帰りたいな」と
思ってストレスを感じていたので、敏感に感じ取ってしまっていたのかもです。

帰って来てからは、私のほうもどっと疲れが出たのか、
はたまたクリスマスのごちそうで甘いものを食べ過ぎたせいか、
胸がパンパンに腫れて大変なことに。
乳腺炎になりかかっていました。
一生懸命吸ってもらってなんとか大事に至らずにすみましたが、
岩のようにカチカチになってやばかった…。


ま、そんなこんなで大変なアデレード行きでしたが、
かわいい甥っ子姪っ子に会えたし、義家族の皆さんに息子を見てもらうことができて
いっぱい抱っこしてもらえて良かったです。
クリスマスの翌日には親戚一同が集まるクリスマス会があって、
そこでも親戚の皆さんに顔を見てもらおうと思っていたのに
ずっと寝てて一度も起きず、プレゼントだけ大量にもらってしまったけれど。
おもちゃを山のようにいっぱい頂いて、しばらく何も自分たちでは買わなくてよさそうです。
とってもありがたいことでございます。感謝。



d0084580_12114782.jpg


それから、アデレードに行くたびに通っているセントラルマーケットへも行けました。
赤子を連れてても、マーケット内のレストランやカフェなら余裕のよっちゃん。
ちょうどお利口にしててくれたので、つかの間の休息を楽しむことが出来ました。

他にも、はじめてビーチにも連れて行ったり(と言っても砂浜を歩いただけ)
アデレードのコーヒーチェーン店Ciboに何度も行ったりと、
振り返ってみたら、あれ、割と楽しんで来たやん…という感じの今回のアデレード行きでした。

子供が出来たので今後はもうちょっと頻繁に行くことになるかもしれないアデレード。
次は子供を預けて、マットとふたりでどこかおいしいレストランとかに行けたらいいな。




[PR]
# by skkiiiii | 2017-01-27 20:07 | オーストラリア国内旅行 | Trackback | Comments(0)

2ヵ月半が過ぎました

はやいもので、生後2ヶ月半が過ぎました。
はやいはやい。って毎回書きそう。
ちょうどあと1日で丸2ヶ月という12月22日に検診があったのですが、
その時までは色々と調子もよく、マットとも「なんだかうまく行き過ぎくらい順調よね」と言い合っていたくらい。

が、その翌日から怒濤のクリスマスで酷く疲れて調子がくるってしまい、
三が日を過ぎてようやく日常に戻るまではなかなか大変でした。
よくよく分かったのは、私の体調が整ってないとしんどい、眠れてない日はしんどい、ということ。
当たり前なんだけど。それから赤ちゃんは暑いと寝ない。
ひと夏に数回しか使う日もないし…と今まで買わずにきたエアコンをとうとう購入したのですが、買って良かった…。

さて、息子クンですが、順調にすくすくと育っており、体重はとうとう6キロを超えました。
すっかり太ももも立派なハムになっております。
いっぱい飲めるようになったのか、授乳間隔も開いてきて、今のところ1日7回。
でもまだ夜通し寝るなんてことはなく、夜中12時くらいと3時くらいに起きる毎日です。
ちゃんとネントレとかしている子なら、今くらいの月齢から夜通し眠るようだからうらやましい。

他にもいろいろ確実に成長しているようで、
クリスマス前くらいから少し笑うようになっていたのが
今ではすっかりニコニコ笑ってくれるようになりました。
お気に入りのおもちゃを見せると足をばたばたして声を出して喜びます。
今までも可愛かったけど、反応してくれるようになるとますますカワイイ。 

そのほか、ひと月ほどの暮らしぶりはというと…
何でも初めてはドキドキするけれど、2回目からは自信が持てるようになるもので、
シティへのお出かけも余裕になりました。といってもマットと一緒に車で出かけ、
しかも行き先はビクマとエンポリアムくらいなのですがね。
まだ電車には乗ったことがありません。

フジマートのセールのときにはプラーンマーケットに遠征してみました。
実は出産前に最後にふたりで行った場所がプラーンマーケット。
あの日マーケットレーンでコーヒーを飲んでバクラバを食べて、
そのあといろいろして家に帰ったら破水して、あれよあれよと言う間に産まれたのだった…と、
出産した日のバタバタが思い出されました。
あの日お腹にいた子をいまは抱っこして連れているのかと思うとなんだかとても感慨深かったです。
そんな急な出産のときに私の栄養補給に役立ってくれたのがこちらのバクラバ。
日持ちするしと思って今回もいっぱい買ったけど、ほんの数日で全部食べきってしまった。
だから痩せないのか。



d0084580_14265048.jpg


それから、クリスマスに便乗して自分の買い物をいろいろ。
ピンクと黒でかわいくてテンションがあがった。
ちなみにこのピンクのカップはイイホシユミコさんの。
Market Lane Coffeeで取り扱われていて嬉しい!


d0084580_14291462.jpg


産後初めての、友達との子連れ外食で、飲茶にも行きました。
久々にガッツをいっぱい食べられて楽しかった!
初めてカフェで授乳をしたのもこの日。授乳ケープありでもちょっとドキドキでしたが、問題なしだった。


d0084580_19164348.jpg



前は平日は引きこもってばっかりだったけれど、最近ではベビーカーを押して
散歩に出かけるのが日課になりました。
初めての時はすごく緊張して怖いことでも、慣れれば平気になっていくもの。
そんな初めてのことをどんどん重ねて、経験値を高めていっています。
ゲームでいろんなことを攻略していくような感覚で。

さて、今の悩みは断捨離したいがまとまって片付けをやれる時間がないこと。
子供が昼寝中にと思いつつも、ご飯作ったりなんだかんだしてたらすぐに時間が経ってしまうのです。
子持ちの皆さんはいったいどんなスケジュールで一日を過ごされているのでしょうか。
気になるわ。
年末の大掃除をしなかったけれど、どうも家の中がぐちゃぐちゃになってきているので
家中をがががーーーーっと掃除して、なんなら丸洗いしたい今日この頃です。



[PR]
# by skkiiiii | 2017-01-11 19:21 | 育児 | Trackback | Comments(0)

新年のご挨拶

d0084580_15154159.jpg


遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
2017年もよろしくおねがいします。

オーストラリアに来て以来、たぶん3回目だったメルボルンでの年越し。
相変わらずまったく年の瀬感もないまま、さらに赤児を抱えて日にちの感覚も
うやむやになるなかあっという間に大晦日を迎えました。
大掃除もしなければ、おせち作りもなし。
とりあえずお蕎麦だけ食べておきました。



d0084580_14265092.jpg


毎日10時くらいに眠くなるのですが、大晦日も例に漏れず。
ソファで横になって、「テレビで花火になったら起こしてね」と言いおいておやすみ3秒。
年越しの瞬間は、かろうじて薄目を開けて花火中継を見て、「シドニーの花火きれいだなぁぁzzz・・・フガー」
そしてそのあと、いつもどおり夜中の授乳から新しい一年がはじまりました。

あっという間の一年だった2016年に続き、2017年も目まぐるしい一年になるのでしょうか。
どんな毎日でも、楽しいこと、面白いことをいろいろ見つけながら
心穏やかに元気に暮らしていけたらなと思っています。

こんなゆるゆるブログですが、今年もよろしくお願いします。




[PR]
# by skkiiiii | 2017-01-05 18:29 | マットと私 | Trackback | Comments(0)

出産後初めてのシティ

d0084580_19143510.jpg

先週末、子供が産まれてから初めてシティに行きました。
生後1週間から近くのいつも行く大きなショッピングセンターとかは行っていたのですが、
シティに出るのは初めて。大丈夫かな…と心配だったけれど、全く問題なしでした。

実は先週はなんだかイライラしていて、ストレスが溜まってきていたのです。

その理由は…まず、日本映画祭になんと本木雅弘さんがゲストで来られていて、握手してもらったりサインをもらったりできたというのをFBでみんなが投稿しているのを見てすごく羨ましかったこと。
毎年日本映画祭のことはちゃんとフォローしているのに、今年はノーチェックだったんです。
今はまあ仕方ないか…。モックン好きだから残念。でも知っていたら、いっぱい搾乳してマットに任せて、何なら有休を取ってもらって行ったのにな…と思ったのが多分ことの発端。
さらに先週末はBig Design Marketというのがあって、なんか良いものないか見に行きたいなーでも無理だなーまた今度だなーと思い、その前にはフレンチフェスティバルも行きたかったけどやはりこんな小さな子を連れては行けないからまた来年…と我慢したのがあって、そうこうしてるうちに知らず知らずにストレスが溜まって行ったようで。
そんなところに、マットが「○○がブッククラブ(金曜夜とかに友達と月1くらいで集まってビールを飲みながら本の話をする会)できるかなーって聞いてきてるんだけどどうしよう。まだ無理かなー」と聞いて来たときに、なんだかもやもやの気持ちの蓋が開いたみたいで、そのあとすごくイライラし出しちゃったのです。夜に人と会ってビールを飲みに行くことが選択肢にあることが羨ましいわ、という妬みの気持ちがわいたみたい。

でも土曜、家族3人で近所へ散歩へ行ったあともモヤモヤが晴れずにいると、そんな私をみたマットが
「ビクマのカフェにコーヒーを飲みに行こ。そのあとでエンポリアムで車を下ろしてあげるから、しばらくひとりでゆっくりMUJIでも見ておいでよ」と言ってくれまして。新しくなったMUJIにまだ行ってないから行きたいし、ついでに赤ちゃんの服を見にGAPとかH&M行きたいなーでも行けないなーと思っていたけど、そんな気持ちはマットには言ってなかったのに、いろいろ気持ちを考えてくれたらしい…それで、「それならみんなで行きたい」と言いまして、初めてのシティ行きとなったのでした。

ビクマのpadreカフェでゆっくりコーヒーを飲んで、エンポリアムでいつも食べるジョージのラップも食べて、またお茶休憩もして、赤ちゃんの服をいっぱい買って…と、それだけなんだけれどなんだかすごくすっきりした、良い1日でした。
いつも行くショッピングセンター以外の場所に行けたのが良かったみたいです。
外でコーヒーを飲むだけでこんなに気持ちが鎮まるものなんだなと、カフェ効果半端なかった。そしてやっぱりリテールセラピーは効果あり。

まだひとりでシティにベビーカーで出掛けるのはハードルが高いと感じてしまうけれど、そのうち勇気を出して出掛けようと思います。
ペアレンツルームさえ近くにあれば大丈夫かな。

それにしても、近くに家族がいたら、ちょっと預けて息抜きに出掛けるということが簡単にできて良いな…と、この時ばかりは近くに家族が暮らしている人が羨ましくなりました。
ま、ないものはないので、あるものでやっていくしかないんだけど!

[PR]
# by skkiiiii | 2016-12-08 16:04 | Trackback | Comments(0)

クリスマスまであと少し

もうすぐクリスマス。
例年、年末年始は日本へ帰らせていただく私ですが、今年はさすがにオーストラリアに居残り。
義家族の暮らすアデレードへ行く予定です…久しぶりに。

何年やっても慣れないこの夏のクリスマス。
でもうちの子供にとっては、「クリスマス=夏」の公式ができあがるのね。
まだ何にもわからないから、というのを言い訳に、これといって何も家の飾り付けもしていないけれど、来年はクリスマス用にクッキーを焼いたり、ちゃんとツリーとかリースを飾って、12月に入ったらクリスマス気分を盛り上げていきたいな。


義家族から「クリスマスプレゼントに何が欲しい?」と聞かれたのは、今年ではなく去年の今頃。あれからもう一年も経ったのか!
その時から欲しいと思いつつまだ買ってないものたち。
①サボテン
②ブレッドナイフ
③織り機
今年こそ、サンタさんお願いしますよ。
贅沢言ってはいけないけれど、好みじゃない花瓶とか、趣味じゃないキャンドルホルダーとか、どうか今年は貰いませんように…。




[PR]
# by skkiiiii | 2016-12-08 15:39 | 育児 | Trackback | Comments(0)

生後6週間

12月!暦の上では夏に突入。
週末と2週に一度の給料日を心待ちに過ごしているうちにあっという間に時間が経っていきます。

昨日で生後6週間を迎えました。
木曜日には検診がありました。4週目の検診が都合で1週間遅れたのです。
体重は4770グラム。身長は55センチと、
たっぷり母乳がでているようでずいぶん育っておりました。
抱き上げるたびに、日々重くなっているのが分かる…。

マットの育児休暇が終わってすぐはまだ手探り状態だった生活サイクルも、
最近だいぶはっきりしてきました。

朝は6時〜7時 授乳で起きて、そのまま起床。
6時半〜8時 マットがゲップさせたりベッドで親子タイムを楽しんでる間に私はシャワーを浴びて身支度。
8時半 マットが出勤。
朝はお話ししたり、メリーを見たりしてしばらくご機嫌なのですが、
だんだん眠くなってぐずぐずし出すことが多い。
なのでいつも8時半〜10時11時まではぐずぐずタイムと割り切って、
泣き虫ちゃんにつきあいながら、合間に食洗機と、洗濯機を回し、干す。
10時11時くらいに授乳したらコテッと寝ることが多いので、
その後モーニングティー休憩、ドラマを見ながらシャツのアイロンがけなど。
昼食を食べて片付けたら、ついでに夕食の支度を進めておきます。
午後も1時くらいに授乳したら、昼寝もしっかりするので、その間に夕食作りを終わらせてしまい、
掃除機かけたり洗濯片付け。そして眠い日は自分も昼寝。
5時から5時半になると起きて授乳タイム。
いまのところ夕方の時間に夕食の支度をするのは不可能なので、午後早い時間に終わらせておくのが大事。
6時くらいにマットが帰宅して沐浴。
そしてマットが親子タイムを楽しんでる間に食卓を整え、
おとなしくしてくれている隙を見て夕食を食べる。
が、だいたいさあ食べようという時になって泣き出すパターンです。← 
夜は8時くらいに授乳して、すぐ寝るときもあれば、ぐずぐずな時もあり。
それでも9時までには寝て、夜間授乳が夜中1時と5時とか、0時と3時半とか、
とにかく3-4時間間隔で2回。
だんだん夜の睡眠時間が長くなっているのかな。

それにしてもマットがいる週末以外は散歩にも行ってなくて、家にこもりきり…。
もともと妊婦の頃も妊娠前も籠り生活だったので、自分としては全く違和感がないけれど
朝の散歩は習慣化したほうがいいのかな。
特に午前中眠いのに寝れずにぐだぐだとぐずっているような日には散歩が効果的なはず。
そしてちっとも落ちない私の体重にも効き目があるかも…。
そうなのです。出産でほぼ元の体重にまで戻ったところまでは良かったけれど、
その後、母乳をあげているにも関わらず体重がちっとも変化しません。
いっぱい食べても太らないけど、いっぱい食べてるから減りもしない!
母乳ダイエットになるかな、うしし…と思っていたのに、目論見がはずれている。

それはともかく、朝起きてしばらくしてからと、夜お風呂のあとしばらくして眠るまでは
ぐずぐずしやすいけれど、今のところ元気に育ち、よく飲みよく寝てくれるので助かってます。
ちょっと寝すぎかな…と心配なくらい。昼間起こしてもっと遊んだほうがいいのかな?

生活がルーティン化してくると、ますます1日があっという間に終わっていくような。
でも来年には、1月のシャーロックの新シーズン放送、2月の村上春樹の新作長編の出版と、
楽しみが待っています。がんばろー。






[PR]
# by skkiiiii | 2016-12-05 15:39 | 育児 | Trackback | Comments(0)

1ヶ月になりました

昨日で生後1ヶ月になりました。
もう新生児ではなくなったのかと思うと、なんだかじーんとくるものが。
体重も順調に増えているようで、生まれた日に着せた新生児用の服はとうとうきつくなってしまいました。

携帯が壊れてデータがなくなったときのバックアップの意味もこめて、「みてね」という無料アプリに写真や動画をアップしているのですが、アップした動画を自動で「1秒動画」というのにまとめてくれるという機能があるらしく、数日前に送られてきました。
生まれた日からの動画を1秒ごと切り取ったのをまとめたものなのですが、それを観たら…思わず涙涙。
もうこんなに大きくなったのかと思うと、嬉しさと寂しさが入り交じって。
今も書いていて涙が。産後のホルモンバランス恐るべし。
涙腺が弱過ぎてびっくりです。

でもほんとに、生まれた日から一週間くらいまでの姿はとくに小さくて
まだ目を閉じていることがほとんどで、とってもとっても脆そう。
ほんの少し大きくなった同じ子がここにいるのに、「ああ、この小さかった子はもういないのだな」と思うと、
よくこんなに大きくなったねという気持ちの一方で、なんだか無性に寂しい気持ちが沸いてくるのです。
出産したばかりの頃、すっかりしぼんだお腹をさすっては、
「ああ、もう大きかったお腹はなくなっちゃった。ここには誰もいないんだ。もう胎動を感じられないんだ」と寂しい気持ちになって涙ぐんだのと同じです。
ずっとこうやって、成長が嬉しい一方で、どこか寂しさをおぼえながら育てていくんですね。
私や姉妹が赤ちゃんだった頃や小さな子どもだった頃のことを話すときの母の気持ちもこんなんなんだろうな。

とまあ、この1ヶ月をまとめると、産後のホルモンバランスにやられて涙腺が著しく弱い以外は
心身ともに元気に過ごせています。
体重:妊娠前に戻った。(産前は妊娠前に比べて+7〜8キロだった)
体型:お腹がぷよぷよ…。ただしこれは妊娠前から持ち越しているという声も。
その他:お腹の正中線はいまだくっきり濃いまま。これはいつか薄くなるのか?!

授乳:授乳間隔はいまのところだいたい3時間。
おかげさまで母乳の出が良いようで、昨夜の沐浴前時点で体重は4300グラム。
出生時の体重3230グラムから1キロ以上増えた!順調に増加中。
よく寝る子なようで、昼寝を連続で3時間半とか4時間弱する日もあるし
夜もだいたい3〜4時間間隔なのでありがたい。
昨夜から今朝にかけても、21時半に授乳したあとずっと寝てくれ、起きたのは2時と6時でラクだった。
が、まれに2.5時間間隔で起きてしまうときがあって、それはちょっと辛い。
授乳−オムツ交換を1セットするのに30分から長いときは1時間近くかかるので、
授乳間隔が2.5時間だと、実質眠れるのは1時間半くらいになってしまう。
これだと寝れたと思ったらすぐ起こされる感じでしんどいので、3時間以上は開いて欲しいところ。
というか、夜ははやく5、6時間ぶっ通しで眠ってくれると良いのですが。
寝るのが大好きな私の子供なんだから、きっとこの子も眠るのが好きなはず…と思っていますが、どうでしょう。

産後ブルー:いまのところ特に問題なし。
バリバリ仕事をしていた人とか、いつも外に出ていたい、人に会っていたいタイプの人は、
生活のギャップに苦しむのかもしれませんが、もともと平日は家にひきこもる暮らしをしていたから
赤ちゃんとずっと家に籠っている暮らしが全く苦ではない。ただし、前述の通り、涙もろい。
30代後半での出産はやはり精神的に余裕があるような気がします。
おかげさまで寝不足でふらふら…ということもなく、産前とあんまり変らないペースで暮らせています。
家事も普通に出来ている。もちろん手を抜けるところはかなり手抜きですが。
でも産後訪問ナースにも言われましたよ。
「赤ちゃんが寝てるときにいろいろしようとしたらダメよ。ゆーっくり、のーんびり。
モーニングティでも飲んで、ゆーっくりゆーっくり。Take it easyね」って。
そこに加えて、ご近所友達が差し入れを持って来てくれたりして非常にありがたい。いつもありがとー!♡

もともと子供が好きな私とマットですが、とにかく我が子への愛情は想像以上です。
演歌「孫」の歌い出しが頭の中で流れるような…。
夜の授乳中とかに眠くて辛くても、「こんな風に腕の中に収まるほど小さいのは今だけなのだなあ。
すぐにひとりで歩き出して何でもするようになっちゃうのか。
そしたら、あのとき眠かったな…でも可愛かったな…って思うんだろうな」と思ったりすると、
眠気なんて吹き飛びます。いや、授乳しながら寝ちゃってたことがすでに幾度もあるから眠いときは眠いんだけど。でも授乳すると脳内になんかの物質が出るだかなんだか分かりませんが、
抱っこしてるだけでもものすごく幸せな気持ちで満たされます。
とある先輩ママが「新生児の期間は特にあっという間で特別だから、心と目にしっかり焼き付けておくといいですよ」とアドバイスをくれましたが、本当にその通り。
これを読んでくれている方のなかに、もしこれから赤ちゃんが生まれる人がいるならば、ぜひ私からも同じことを伝えたい。

まだ病院にいたときに夜中にたまたま読んだ絵日記ブログで
もう手がかからないほどに大きくなった子を持つお母さんが、子供が小さかった頃を振り返ってしみじみと
「家事なんてしてないで、もっと抱っこしてあげれば良かった」と描いていたのをみて
すごく心に響いたので、いまは抱き癖とか気にせず、いっぱい抱っこしています。
どんどん新しい毎日がやってくるけれど、どの瞬間もぜんぶ覚えていたいなあ。

ところで新生児の時期がラクだと、少し大きくなってから手こずらされるよーと聞いたことがあるけれど本当でしょうか。
つわりが軽いとお産がキツいと聞いていたけどそんなことなかったから、これもただの迷信であって欲しい。

いつまでもに心に余裕が持てるように、しっかり寝てくれるといいな。←そればっかり。




[PR]
# by skkiiiii | 2016-11-24 11:37 | 育児 | Trackback | Comments(0)

出産報告

予定日より3週間と1日早く、10月23日に元気な男の子を出産しました。
早く生まれてきたわりに、体重は3230グラムとお腹の中でしっかりと育ち、自分で勝手に「もう出まーす」と決めて出て来てくれたようです。
そこから、あっという間に3週間が経過。この調子だとあっという間に3年くらいが経ちそうです。

でもこの3週間は、ゆっくりじっくり充実の時間でもありました。
出産の前は、日本から誰も手伝いに来ないというと、
「えー大変だよー」なんて言われたりして心配なことがたくさんあったけれど、
実際は、想像していたよりもずっと余裕がありました。
3週間育休を取ったマットがいてくれたので、それ以上のヘルプなしで大丈夫だったし、
むしろ夫婦ふたりでじっくりゆっくり新生児の育児に取り組めて新生活のペースを作れて良かったです。
それもこれも、思いのほかスピード安産だったせいで体力の消耗が少なく(これが陣痛か…と思う痛みが来てから産声が聞こえるまで3時間ちょっとだった…)産後の回復がすごく早かったことと、
父親マット氏が想像していた以上の活躍ぶりで、授乳以外のお世話は率先して何でも全部やってくれたおかげです。

出産前にずっと「里帰りなし出産 ヘルプなし」などで検索をかけて色んな人のブログを読んで準備をする参考にさせてもらい、かなり辛い状況を想定して心の準備をしていたのも良かったのかも。

今週月曜からマットは仕事に復帰し、ここからがいよいよ育児本番な感じではあるけれど、いまのところ心穏やかに暮らせています。ってまだ4日しか経過してないけど。

ありがたいことにいまのところ睡眠も、一度に2時間、3時間の細切れだけど、1日合計8時間くらいは確保できているので、それほど睡眠不足で辛いということもありません。それでも夜中の2時とかに起きるのはやや辛いので、はやく朝までぐっすり眠れる日が来て欲しいなーと思っちゃうけど、そんなのはまだまだ先なのでしょうか。(゚∀゚)



[PR]
# by skkiiiii | 2016-11-17 10:11 | 妊娠経過 | Trackback | Comments(2)

春が来てるよメルボルン

d0084580_20330381.jpg


オーストラリアに来たばかりのときは、日本に比べて季節を感じることが少ないなあなんて思っていたけど、
なんのなんの。決してそんなことはないですね。食に関してはしっかり春がきたーと感じられます。
ルバーブとか、アスパラとか。

先日お友達から庭で穫れたルバーブを頂いたので、ジャムを作りました。
ちょうどこういう季節を感じる仕事がしたかったところ♡
バニラアイスに混ぜて食べるとおーいしーい!

そろそろ近所のファームでいちごも収穫できる頃だし、
いちごジャムも仕込みたいな…お腹の人が出てくる前に、と思っているけれどどうなることやら。



d0084580_20325178.jpg



色々思うに、昔は私の体内時計と季節がちっとも一致していなかったのでしょうね。
春になると黄色い花が一斉に咲き出して、AFLが終わってサッカーのシーズンが来る。
夏はクリスマスがあって、オーケストラピクニックがあって、チェリーピッキングに行って、
秋には栗拾い、冬は…何もない。
というようにオーストラリア生活も年を重ねるごとに、年中行事が出来上がってきています。
日本で春には花見、夏には花火、秋の紅葉、冬の雪を楽しみにしてたように
いつの間にかオーストラリア流の季節の流れを楽しみにするようになっていました。

春になったら一生懸命アスパラを、夏にはストーンフルーツを…というように
食もいつの季節にも楽しみがある暮らし。

夏ももうすぐそこ(たぶん)。
大好物のネクタリンとチェリーを値段を気にせず山盛り買える日が来るのが待ち遠しい。





[PR]
# by skkiiiii | 2016-10-20 20:36 | 食べ物/ベジ | Trackback | Comments(0)

おにぎり

d0084580_18532660.jpg


最近食べ物ネタばかりをアップしているから、「この人の頭の中には食のことしかないんじゃ」
と思われているのではなかろうか。まんざら否定できないですがね…

そんな食べるの大好きな私ですが、つわりの時期はさすがに少しばかり食が細ってしまいました。
今日はそんな妊娠初期の思い出を記録しておきます。

全くつわりのない人もいれば、吐きっぱなしで辛い人も、入院を余儀なくされる人もいるつわりの時期。
私は、「つわりはあったの??」と聞かれたら「うーん、大丈夫だった」と答えられるレベルだけれど、
いま振り返って考えてみたら、それでもやっぱり普段とは違いました。
なんだか「低空飛行」が続いている感じだったとでも申しましょうか。
なーんか絶好調ではない…好調でもない…という。

吐くことは一度もなかったのですが、とにかく眠い+空腹だと若干気持ち悪かったのと、
日替わりで食べたいものブームがやってきて、どうしてもこれ!!!と執着がすごかった。
食べたかったもの、実際に食べたものは記録に残してあって(振り返るとおもしろいからおすすめです)
ある時はコーラ味のものだったり、ある時はロールケーキだったり、ヤクルトだったり、
ぶっかけおろし蕎麦だったりした。子供の時から食べ慣れている味が恋しくなるらしいと聞いたことがある。
そうだとしたら、この食生活はだいぶダメな幼少期を反映しておりますが…
あとは定番のトマト、スイカがブームでした。

逆に食べたくなくなったのが、人参とパプリカ。
なんか甘みのある野菜が受け付けなくなったのです。不思議。

すごく辛かったのは、食べたいのにすぐに手に入らなくて食べられないものを欲したとき。
私はもずくが猛烈に食べたかった時期があったのですが、手に入らなくて泣いた。
そんな私を見て夫マットはおろおろしておりました。可哀想に。
つわり期間の1ヶ月くらいは、キッチンに立つのが億劫で、作ってまで食べたくない…
という気分になっていて、日本にいれば簡単にお惣菜を買ったりコンビニで簡単に買えて
欲望を満たせるのにな…と思って「海外 つわり」とかで検索しては、
異国の地でつわりに苦しむ人の声を読んでまた泣いた!(←ホルモンバランスおかしかったのね、きっと)

それでも、お米を炊く匂いにウプッとなる…とかそんなことは全くなく、
正直「誰かが作ってくれたら何でも食べられそう」という気持ちでした。
「テールスープやモツ煮込みが食べたい」なんてその頃の日記に記してあるくらい。
それでも、沢山は食べられなくて、例えばうどん一杯を完食できなかったりしたけれど。
そんな日々のなかでいちばん気に入って食べていたのが…「おにぎり」と「お味噌汁」でした。
小振りのおにぎりをちょっとずつ食べてました。

そんな私のために、マットさんが一生懸命握ってくれたおにぎりがコチラ↓。
この一生懸命さが出まくったいびつな形!愛と笑いがたっぷりつまっておりました。



d0084580_18590982.jpg



ついでに、ある日はこんなオムライス↓も食べていた。
ちなみにこの卵は、薄焼き卵を2枚焼いて欲しくて2つを割り混ぜ、マットに「卵は半分こね」と言ったら
厚焼きを1枚焼いて、それを半分に切って乗せてきたのだった。斬新。
…と、平和な我が家の記録でした。


d0084580_18591049.jpg


そんなこんなで、つわりの時期は1ヶ月少々続きましたが、
それほど絶望的に辛いこともなく無事に終わったのでした。
しんどい、しんどくないは体質だけど、葉酸を飲んでいたら比較的マシらしいと聞いたことがあるので
ずっと飲んでいたのがもしかしてもしかしたら良かったのかもしれませぬ。

そういえばつわり中は「マクドのポテト食べたい病」を発病する人が多いらしいけれど私も例に漏れず。
つわりが落ち着いてしばらくしてからも食べたい気持ちが続いていたので、
オーストラリアに来て初めてハングリージャックスとマクドナルドに行ったのだった。
とりあえず満足した。が、向こう4年はもう行かなくていいかな…。







[PR]
# by skkiiiii | 2016-10-15 18:38 | 妊娠経過 | Trackback | Comments(2)

辻利とかハーゲンダッツとか

「メルボルンにTSUJIRIが出来たよ!」と聞いたのは数週間前のこと。
Facebookやブログにアップする友人たちの写真を見て、
「お〜。あんこ&白玉が食べたい、、、」とずっと思っていた。
抹茶が食べたいわけではないの。あんこと白玉。

で、ようやく念願叶って行ってきました♡
フリンダースストリート駅寄りのスワンストンストリートという立地。
店内はアジア人しかいませんでしたー!
そうよねそうよね、こういうアジアスイーツはなぜか欧米人とかアジア圏外の人には受けが悪いのよね。
なんでかね???

何を食べるか迷ったけれど、結局「白玉サンデー」にした!
白玉とあんこが食べたいという初志貫徹。



d0084580_15073476.jpg



最初出て来たときは、「ちっちゃ!」と思ったけど、
白玉が下にも入っててあんこもいっぱいで、抹茶とバニラのソフトクリームもたっぷり…と、
充分なサイズでした。とってもおいしく頂きました。
抹茶ソフトは、そんなに抹茶ファンではない私にもおいしかった。
さすがお茶のお店の抹茶は違うね。
上にかかってるきな粉もおいしくて、もっと振りかけてくれても良い感じ。
サンデーで$8ちょっとだったかな? 
安くないけど、あんこと白玉を欲したらまたTSUJIRIに行けばいい〜と思えるのはうれしい。



d0084580_21104513.jpg



甘いもの繋がりで、最近メルボルンにやってきたのが「ハーゲンダッツ」!
昔もあったけど撤退したのが戻って来た?とか聞いたこともあるが、真偽のほどは不明。
しばらく前にフェデレーションスクエアにポップアップショップが出ていたのですが、
最近スーパーで買えるようになりました♡
スーパーのカタログで見つけたときには、「おぉっ!」と声が出ちゃったくらいうれしい。

というわけで、早速買いに行ってきました。いちご味。
基本的にアイスクリームはバニラが一番おいしいと思っているのですが(マットは逆にバニラはハズレなんだって)
ハーゲンダッツだけは、いちご味がおいしいと思っておりまして。
久しぶりに食べたハーゲンダッツアイスはやっぱり美味でございました。
毎晩大事にちびちび食べてます。
ハーゲンといえば、むかーしむかしまだ高校生だった頃は、休日に友達と難波へ買い物におでかけしたら
ちょっとした贅沢として、戎橋のところにあったハーゲンダッツの店舗でアイスクリームを食べるのが常だった。
いつの間にかなくなっちゃったけど…って、高校生の時って言ったらもう20年も前だ!
昔からよく飽きもせずいっぱい食べてるね、アイスクリーム。と自分につっこみたくなる。


とまあ、こんな感じでメルボルンにもいろいろな食べ物がやってきてます。
次はマカロンで有名なラデュレのお店ができるらしい。
楽しみ♡




[PR]
# by skkiiiii | 2016-10-12 15:05 | 食べ物/ベジ | Trackback | Comments(0)

ゴントランシェリエ


かれこれ半年以上前にポップアップショップがオープンして以来、
正式オープンを楽しみに待っていたゴントランシェリエ。

ちゃっかりオープン当日に行っていました。
6月の話だから大昔だけど!

黒山の人だかり…と言うほどではないけど賑わっていた店内は、
雰囲気が日本の店舗とはだいぶ違い(と言っても私は福岡の店舗しか行ったことはないんだけど)
なんだかとってもメルボルンぽい感じです。
座って食べるカフェスペースと、パン売り場があって、カフェメニューもメルボルンぽい感じ。



d0084580_21025830.jpg


初めて行ったときは、ミルフィーユとパンオショコラとトンカツサンド(正式名称はこんなんじゃない)、
そしてバゲットなどをお持ち帰りしました。
ミルフィーユすごくおいしい!
トンカツサンドもすごくおいしい!
パンオショコラももちろんおいしい!

2度目の時も、パンいろいろをお持ち帰りするだけのつもりが、おやつにケーキ。
この日食べたのは、オペラと、もう1つは失念。
おフランスの味でおいしかった。が、食べた中ではミルフィーユがいちばん好きだった。



d0084580_18441340.jpg



シンプルな基本のバゲットは何回食べてもとてもおいしくて、
ハムとチーズを挟むだけでなんだかとても贅沢ランチを食べている気分になれる。
そういや昔昔の大昔、まだ友人さーみちゃんがパリに住んでいて遊びに行ったとき、
毎日のようにランチにはバゲットを買ってこうしてふたりでなんか挟んで食べたなー。
すごくパリにいるのを実感して楽しかったしおいしかったのを思い出した。


しかし、どうして出店場所にはスミスストリートが選ばれたのでしょう。
我が家の優しい夫マットさん、「〇〇へ行きたいな」と言えば大抵願いを聞き入れて
どこへでも連れてってくれるのですが、街の北側はどうも苦手らしい。
同じくらい時間がかかるとしても街の南側ならふたつ返事なのに、スミスストリートあたりとなるといまいち。
City とかもっと行きやすい場所にあればもっと気軽に買いに行けるのにな…と、その点だけは残念。

あとは、柔らかいパンで甘いクリームを挟んだような日本やアジアっぽいパンもあれば最高なんだが。
こんなことを書いている間に、とってもクリーム系のものが食べたくなってきた。
とりあえずクリーム欲を満たすべく、またミルフィーユを食べに行こう。そうしよう。




[PR]
# by skkiiiii | 2016-10-11 12:36 | 食べ物/ベジ | Trackback | Comments(0)

今のうちに食べ歩き① Claypots

d0084580_21053232.jpg


現在妊娠34週。
「出産前にしておいたほうが良いよ〜」とよく言われるのが、「外食」。
我が家も今のうちに食べたいものを食べておこう作戦を実行中です。

これはちょっと前に行った、サウスメルボルンの Claypots。
胃が子宮に圧迫されるためか、食べ過ぎると胃もたれで眠れなくなりがちだったので
ランチタイムに行って来た。

マッスル、キングえび、イカ、蟹、そしてディップして食べる用にパンをオーダー。
どれもこれもとてもおいしかった。頼みすぎたかと思ったけど、余裕!
シーフードは軽いからぺろりと食べられますね。(ただし夕食は不要だった)
エビのエキスが染みたオイルからマッスルのソースまで、お皿をなめ尽くす勢いで食べてきた。

ここは雰囲気が、スペインとかのバーみたいで、楽しかった2年前のスペインポルトガル旅行を思い出す。
次はいつ行けるのかねぇ…としんみりしつつ、横でワインを飲んでいるカップルを見て猛烈に羨ましかった。
飲みたい飲みたい飲みたい、けど我慢。
が、お会計で、アルコールを飲まないとこんなに安上がりなのか!と驚いた。

お料理がおいしいだけじゃなくて、お店のスタッフもフレンドリーで、
「生まれてからも小さいうちは来れるわよ!動き回りたい年の子は難しいけどそれ以外なら大丈夫!」と言ってくれた。そうか、小さいうちならベビーカーで寝かしておけばまたすぐ来れるかな。
チャイルドフレンドリーな雰囲気はとってもありがたいものですね。

しかしそうは言っても、さすがに蟹だけは時間がかかるから当分食べられなさそうだな…と
ふたりでもくもくと身をほじりながら思った午後だった。とても甘い蟹だった。




[PR]
# by skkiiiii | 2016-10-10 20:23 | 食べ物/ベジ | Trackback | Comments(0)

D.O.C ピザ

d0084580_18585070.jpg



善は急げと言わんばかりに、早速行ってきましたD.O.C。
おいしかったー!すごくおいしかったー!
特に Pizza DOCというバッファローモッツァレラのマルゲリータ。
生モッツァレラチーズを食べていいのか悩んだけれど、結局食べてしまいました。
トマトソースがとっても良いお味。チーズもすごくおいしい。
もう一枚のほうは Pizza Salsicciaというブロッコリーのソースにソーセージとモッツァレラが乗ったピザ。
こちらもソーセージが味が濃くて美味。
チリオイルをもらって少しだけ辛くして食べたら更に楽しめたかも。

正直に言いましょう。こちらのピザ、今まで食べたピザでいちばんおいしかったと思った!
あるいは店員さんのイタリアンアクセントやウインクがそう思わせるのか?!
次はマッシュルームのピザも試してみたい。また行くぞ。

お店の中にはプラムで赤ちゃんを連れた人たちも数組いて、カジュアルな雰囲気だから
出産後でも落ち着いたらすぐ連れてこられそうだということも予習できた。



d0084580_18585188.jpg


食後はデリにも寄って、サラミやらハムやらをヨダレを垂らしそうな勢いで眺めてきた。
加工肉は体に良くないとか言われても、好きなものは好きなんです。
今は食べられない大好きな加工肉たちよ、出産後すぐにいっぱい食べてやる。
DOCカフェで飲んだカプチーノも泡がなめらかでおいしくて幸せな午後でした。
久々に行ったカールトン。イタリアンの雰囲気が楽しかった。


ちなみに昨日と今日は、Northcoteでサラミフェスティバルが開催されていた。
毎年気になりつつ行けずにいて、去年のが終わったときは「来年こそ必ず!」と意気込んでいたのに
今年もまた、「今はサラミを食べられない」という残念な理由で行けず。涙
来年は何があっても絶対!って、来年は開催されなかったらどうしよう。




[PR]
# by skkiiiii | 2016-10-09 19:50 | 食べ物/ベジ | Trackback | Comments(0)

咳が止まらないんです

d0084580_19141070.jpg



9月の半ばくらいにノドのイガイガからはじまり、熱は出ないけれど体がだるくなる風邪をひいてしまった。
一生懸命ハチミツを舐めたり、ミカンを食べたり、ハチミツレモンを飲んだりしてたら
数日でだるさからは解放された。が、なぜか咳だけがスッキリ治らず困っている。

という話をこの間ミッドワイフとのアポで相談したところ、マシュマロ茶をオススメされた。
が、マシュマロ⁇ いまマシュマロて言うた⁇
と、聞いたときは自分の耳を疑った。
そんなお茶が存在していることを初めて知りましたよ。
マシュマロ茶はオーガニックショップで売られていて、別にちっともおいしくないんだけど…
スッキリ治りたいから咳が出ちゃうときは頑張って飲んでいる。
おかげですっかり完治…といいたいところですが、しつこい咳はまだ治りきらない!

そうこうしてたら、マットがなんだか肌がピリピリと敏感になっていると言い出した。
それは風邪の初期症状じゃないの!
私の風邪はノドから。マットの風邪は鼻ではなく肌から。
とりあえず感染ると困るので、今日はふたりともレモンをたっぷり搾ったハチミツレモンティーを飲んでみた…
マシュマロ茶にレモンを搾ったらどうなるのか気になるけれど、まだ試してみる勇気は出ない。


そしてミッドワイフからもう1つオススメされたのがラズベリーリーフティー。
オーストラリアとか西洋文化の国では、出産を促す?とか安産になるとかなんとかで、
35週頃からラズベリーリーフティーを飲むことを勧められるのです。
逆に妊娠後期よりもまえに飲むのは禁忌らしいのでご注意ください。
こちらのラズベリーリーフティーはローズヒップなども入ってるからか、
酸っぱいけれどいい香りでおいしい。これならがぶがぶ飲めてしまう。
どうかお茶効果で安産になりますように。
酸っぱいから、風邪にもなんだか効果がありそうな。プラシーボか。








[PR]
# by skkiiiii | 2016-10-08 23:04 | 妊娠経過 | Trackback | Comments(0)

カフェいろいろ 甘いものが好きなんです 


前からうすうす気づいてはいたけれど、どうやら私は
カフェで何か食べるとなると、ついつい甘いものが食べたくなる。
パンケーキとフレンチトーストが特に好きなのです。
マットから「カフェにランチに行こう」と言われると、なんとなく費用対効果的に「う〜ん」と思うのに
「カフェでおやつ食べよう。パンケーキあるよ」と言われるとホイホイ行きたくなってしまう。


そんなこんなで、7月以降行き貯めたカフェスイーツまとめ。


d0084580_12121052.jpg


まずはHigher Ground。この日は女子会という名の婦人会だった。
新しいカフェだから人がいっぱい。大行列。
寒空のなかで長い時間待ったので、ホットチョコレートを頼んだらおいしかった!
前日からメニューを見て、この日はリコッタパンケーキに心を決めて行った。
そんな私に触発されて友人3人中2人もパンケーキを選択!
が!よく考えたらここはKettle Blackとかの系列店で、パンケーキは同じじゃないか。
しょっぱい系のランチメニューから選んで、パンケーキはみんなで1つを分けて
デザートにすればよかったねと反省会。


d0084580_12121127.jpg


その翌日。昨日のホットケーキは花とかナッツとかいっぱい乗っているけれど
もっとシンプルなのが好きなんだなぁ…と、なんだか欲望を満たせずにいた私。
ラクサキングで昼食を食べた後、コーヒーが飲みたくなってケンジントンのPremisesに行ったら、
スペシャルメニューがパンケーキ!
これはパンケーキリベンジをしろってことだな!!ということでおやつに食べることに。
そうしたら…まさに希望通りのがやってきた!
ごてごてしてないシンプルなパンケーキ。ふわふわでとってもおいしかった♡



d0084580_12121182.jpg



続いて翌週行ったのが、毎度おなじみChez Dre。
pain au chocolat french toast なんてものがあったので試してみた。
パンオショコラだけでもかなりのカロリーだと思われるのに、それを
フレンチトーストにしちゃって、さらにチョコをかけて食べるという危険な食べ物。
まあまあおいしかったけど、私にはちょっとくどかった…
もっと普通のフレンチトーストが食べたいねん…と思った次第。

この店のクロワッサンとパンオショコラがお気に入りなので買って帰ろうかと思ったけれど、
この日はもう1軒ずっと食べてみたかった、サウスメルボルンマーケット内にある
Agathe Patisserie というお店のデニッシュとクロワッサンを買って帰った。
デニッシュがおいしかった! クロワッサンはいまもChez Dreのがいちばん好き。



d0084580_12121205.jpg



そしてこないだ行って来たのがノースメルボルンの Auction Room。
フレンチトーストがあったので、迷わず選択。マットは何を血迷ったか、バナナケーキ。
(彼は甘いものが大好きなわけではないのでしょっぱい食事系を頼むべきなのです)
私のフレンチトーストは、重すぎず、軽すぎずのボリューム感でとっても満足の一皿だった。
また食べたい!ずっとメニューからなくならないで欲しい。
ちなみにこの日はAFLグランドファイナルの日で、試合が始まるころに入店したのですが
ずいぶん空いていたし、店内にいたのも見事にアジア人ばっかりだった!


そして今は…なぜか無性にクリームブリュレが食べたい気分。
どこかおいしいお店をご存知の方、ぜひ教えてください。情報求む!




[PR]
# by skkiiiii | 2016-10-07 18:55 | 食べ物/ベジ

メルボルンでもおいしいものを食べる & グルコーステスト


d0084580_12120933.jpg


メルボルンに帰ったら食べたいなーと思ったのが小麦粉系のもの。
パンとかチーズとか、異国の味のもの。

帰った翌週、400 Gradi で「99種のチーズピザ」なるものが限定で食べられるという記事を見つけ
猛烈に食べたくなり、行ってきました。
ここのピザはやっぱりおいしい。
薄い生地の部分も、端っこのもっちりのところも小麦粉の味がしっかりしてて。
普段食べる「夕食作るのめんどくさいからピザでもオーダーしよう」系ピザとは違う。
「日本のほうがおいしい」と思うものは多いけど、ピザはメルボルンで食べる方がいい。
メルボルンに帰ってきたんだな〜こんなおいしいピザが食べられるこの街が
やっぱり好きだわ〜と思いながら頂きました。


オーストラリアでは、妊娠25週から28週くらいのときに、妊娠糖尿病の検査である
グルコーステストを受けることになっています。
私はちょうどそのときに日本に行くことが決まっていたので、事前にミッドワイフと相談した結果、
メルボルンに帰って来てからすぐグルコーステストを受けに行って来ました。

実は日本でもマタニティクリニックに検診に2度通ったのですが、
その時の尿糖の値が2度とも、+++!(母子手帳への記録に+が手書きで足されていた…)
「ありゃ〜。糖がいっぱいだね〜。妊娠糖尿病になる妊婦さんは多いからね〜」と言われ、
「日本で検査していく?」と聞かれたけれど、メルボルンで受けることが決まっていると伝えると
あっさり開放されたので、日本では思い残すことのないようにいろいろ食べてきたわたし。
そして帰って来てすぐテストを受けたわけです。
どうやらこれはやばそうだ…ほぼ糖尿病決定だな…と半分諦めて。

で、このピザを食べに行った日の朝が、グルコーステストの結果が伝えられるミッドワイフとのアポだった。
有罪判決を言い渡されるような気分でドキドキで行った結果は…
なんとテストはクリアしていた!

というわけで、この日のピザはグルコーステストをクリアしたお祝いも兼ねていたのです。
わ〜い!わ〜い!わ〜い!
妊娠糖尿病は、すごく痩せていても、甘いものをほとんど食べなくても体質によってはなるというし、
そんなでもなっちゃうなら、私なんて危険因子がいっぱいすぎる…
(小太りだし、甘いものも白米も好き)と心配していたのです。
食事制限をしながら残りの日々を過ごす覚悟を決めていただけに、すごーーーくびっくり&安堵。


メルボルンではD.O.Cのピザもとてもおいしいらしいけれど、
まだ一度も行ったことがない。近いうちに行っておきたいな。







[PR]
# by skkiiiii | 2016-10-06 21:16 | 食べ物/ベジ | Trackback | Comments(0)

日本から買って来たもの

日本旅行記の最後は、日本から買ってきたものについて。

海外在住の人がいつも何を持って帰っているのかを知るのが楽しくて、ときどきグーグルで
「一時帰国」「買い物」など入力して、いろんな方のブログで
買って来たものまとめを読むのが好きです。

私はいつもジェットスターを利用していて手荷物代は追加料金として払っていることもあって、
「この物には荷物代を上乗せしてでも持ち帰る価値があるのか」「荷物代を払ってもまだ安いのか」を
シビアに考えるようになってきました。メルボルンでは大抵の必需品はもう手に入るようになっているしね。
これがJALとかANAなどのように、ひとり30キロとか46!?キロとかの荷物代がはじめから含まれていたら
遠慮なくわんさか持ち帰るんだけど!!!

特にここのところの$1=80円前後という、いやーな円高オーストラリアドル安もあり、
ドルではいくらなのかを常に念頭において「こだわりのもの」「メルボルンでは買えないもの」
「メルボルンで買うよりうんと安いもの」だけを買うように心がけてました。涙ぐましい努力。

が!それでも荷物はいつの間にか増えていき…今回はふたりで預け荷物60キロ+持ち込み手荷物7キロずつの
合計74キロにしたので、それなりに余裕があるはず…と思ってたのに結局ギリギリだった!!
夏なのでメルボルンから持って行った服などはかなり軽量だったはずなのに、なぜだ。なぜだ。


というわけで、買って来たもののご紹介。
だいたいいつも買ってくるものは定番化しております。



d0084580_14083621.jpg


まずはお気に入りの八幡屋の七味と、原了閣の黒七味。
ふつうにS&○などの七味ならメルボルンでも簡単に買えるんですよ。
でも、七味はこれがお気に入りで、いつも5袋くらい買ってくるようにしてます。
うどんとかきんぴらとかにふーりふり。
軽いし、みんな使うだろうと思って、過去何度かメルボルンの友人たちへのお土産にもしました。
たぶん好評なお土産だと思う…のですが、どうでしょう。


d0084580_14083633.jpg

続いて、これもテッパン商品の茅乃舎の出汁。少々お値段は張りますが、おいしい出汁は大事だ。
そして隣の田庄の海苔は、一度お友達に食べさせてもらって気に入って以来、ずっとお取り寄せしている。
パリパリ具合がとってもおいしい。
そして三輪そうめん。
今回持って帰って来た三輪そうめんは、何やら賞も取ったらしく、普通のより細めの高級品。
夏に帰ると、お中元で三輪そうめんがいっぱい実家にあるので、持って帰る率が高い。



d0084580_14083735.jpg


そして私の大好きな甘い物コレクション。

まずは芋屋金次郎の芋けんぴ。もともと芋けんぴは大好きでいつもスーパーで買ってきていたのですが、
一度これに出会ってからは、ものすごくおいしい、なのにべらぼうに高いわけでもない…
というので大のお気に入りとなり、いつも沢山お取り寄せしている。母や友人にも勧めたら気に入ってくれている。
ちなみに今回は…10袋持ち帰った。そしてすでに5袋食べた…
そして、とらやの一口羊羹。ベーシックな夜の梅がいちばん好き。
それから、とらやのアンペースト。これは姉からもらった!パンに塗って食べるのが楽しみ!
最後に、京都若菜屋の栗納豆。これ好き過ぎてやばいんです私。
たまたま大阪高島屋の物産展みたいなので販売されていて、小躍りして買っちゃった。



d0084580_15250319.jpg


そのほかは、友達たちからの頂きもののお出汁、昆布茶、昆布、ふりかけ、
京都で買ってきた大好きかつくら漬け、
それからちりめん山椒(完食してしまったけど今回は「はれま」のもの)。

ここまでどれも、メーカーに拘らなければメルボルンでも手に入るけれど
どうしてもこの店のこの品が良い!というものたちです。

あとは普通にスーパーで買える食品として、とろろ昆布、高野豆腐、ひじきなど乾物は軽いので沢山持ち帰る。
とろろ昆布やひじきはなんとなくメルボルンでは手に入りづらいんだけど、なぜだろう。
それから、今回特に絶対持って帰るぞと決めていたのが、小魚ナッツ。
カルシウムが足りないのか、なぜか6月頃から小魚が食べたくてたまらなかった私。
しかし日系スーパー、アジアングロッサリーを見て回っても、小魚とナッツだけのものは売ってなくて。
なのでたくさん(と言っても3パック)仕入れてきました。
ナッツだし持ち込みできるのかな…と心配したけど、申告して問題なしでした。


食品の他は服と靴、日本語の本、基礎化粧品、ふきんなど細々した雑貨なども持ち帰りました。
マットは1年分の服を日本に行ったときに買うくらいの勢いで、
今回もしっかりいっぱい買い込んでました。
夏物はセールになっていたうえ、秋物も出始めたところだったので、
今からメルボルンで使えるものばかり。季節が逆であることを最大限に生かさないとね。

私はというと、足がむくんで仕方ないので、日本に到着して数日後には
ビルケンシュトックのサンダルを買ったのが日本滞在中に大活躍。
良い買い物したわ〜と喜んでいたのですが、しかしこちらに帰ってきたらまだ寒くて履けない日々…
お腹が大きくなったせいで、靴ひもを結んだりは辛くてスリップオンタイプの靴が好ましい今。
もう一足、靴下を履いている時でも履けるタイプも買って来れば良かった…涙 と後悔しております。
ちなみに買ったサンダルは、免税で8000円だった。
オーストラリアドルに換算すると100ドルだったわけで、メルボルンで買うより20ドルほどは安かったです。


そして、今回日本でのお買い物の目玉だったのが、赤ちゃんグッズ。
毎回帰国の旅に、「今回はこれを手に入れて帰るぞ!」と決めているもの、
例えば前回帰国時はイオンドライヤー、その前は秋冬ものの薄手コート、
もっとずっと前は鬼おろし…などというように、目玉商品があるのですが、今回は赤ちゃんグッズ。
行く前から何を仕入れて来ればいいか、いろんなブログやサイトを読み漁ったり、
短期バイトで一緒に働いた、子育て真っ最中の方たちに色々と聞いてリサーチしていきました。

その結果、買ってきたのは以下の通り。
・前開きのコンビ肌着(短肌着よりオススメと聞いた)
・ガーゼハンカチ10枚
・赤ちゃん綿棒
・鼻水を吸い取るもの
・爪きり
・体温計
・タコ型にひらく洗濯物干し
・産褥パッド
・母乳パッド
・産褥パンツと授乳ブラ
・絵本

あとは姉から、トコちゃんベルト、産後用補正ベルト、マタニティ服数枚などを貸してもらったり、
メルボルンでも買えるけど可愛い模様だし安めだからという理由で授乳枕やガーゼケットなども買ってきた。

こうして、けっこうな大荷物が完成。
重量に余裕があれば、おいしいと聞いてずっと気になっているお米
「ミルキークイーン」を10キロと、オムツ数パックを買って来たかったのに、叶わず残念。
次に帰るときは、やっぱり思い残すことのないように、
マットに何と言われようとも荷物重量は制限ギリギリまで購入しようと心に誓ったのでした。

ちなみに今日本は、楽天お買い物マラソンと無印良品週間で盛り上がりを見せているようですね。
あちこちのブログでポチレポを見るのが楽しくて楽しくて。
日本にいたら、あるいは、もうすぐ一時帰国の予定があれば、
いやそれよりお金がいっぱいあればわたしも参戦したい!
やっぱり日本はお買い物が楽しい。
次回の帰国までに頑張ってお金貯めなくちゃ!






[PR]
# by skkiiiii | 2016-10-05 15:37 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

日本で食べたおいしいもの

海外在住者はみんな、日本一時帰国が決まったら…
①買い物リストを作る ②食べたいものリストを作る ③やることリストを作る

順番は人それぞれだろうけど、みんなこれらリストを作るんではないでしょうか。
私も例に漏れず、何か思いついてはエバーノートに記すようにしています。
特に食べ物について!

帰国前は「日本に帰ったらいっぱい食べたいから」を口癖に、食べ過ぎて体重を増やさないように気をつけ、
そのぶん日本では思いっきり食べたい物をたくさん食べてきましたよ。

今回リストにあった絶対食べたいものが、京都小旅行で食べた
・山元麺蔵のうどん ・かつくらのとんかつ ・ひつまぶし だったのですが、
それ以外に絶対行きたいなと思っていたのが鶴橋のお好み焼き屋さん「千寿」!

こちら、その昔マットさんとよくデートに行きましたの。仕事終わりの遅い晩ご飯とかに。
たしか2011年の夏に帰国したときに行って以来だったけど、相変わらずおいしかった。
特にお気に入りは焼きそばのこんにゃくです。
懐かしの鶴橋。住んでたくせに商店街で迷子になったのは良い思い出だ。
混沌の街で、楽しかったねーと、わざわざ行った甲斐がありました。


d0084580_16065535.jpg


夜遅くまで出かけるということを今回はほとんどしなかったので、外食も少なめで、
あとは一風堂のラーメンとお寿司を食べに行ったくらいだったのですが、
そのぶん、買い食いではおやつ&甘いものに力を注いだような…
ではいってみましょー。


d0084580_16065318.jpg


左上から右に向かって順番に…
・柿の葉寿司 ・京都の新都ホテルにてランチお弁当 ・お寿司
・あべのカツサンドパーラーロマン亭のカツサンド ・嶋屋のポテト ・長芋のお漬け物
・551の豚まん ・わなかのたこやき ・ドトールのミルクレープ

嶋屋のポテトは我が家のお気に入り。母と姉と、女3人でぺろり。あまーいの。
豚まん、たこやき、柿の葉寿司は、食べなかったら日本に帰った気がしない。
カツサンドもとってもおいしかった。豚肉LOVE。



d0084580_16065219.jpg

続いては、おうち&近所で甘いもの部門…

・ミスド(10回くらい行った)
・近所のカフェでフルーツパフェ
・赤福
・551アイスキャンデー
・パインアメのチューペット
・わらびもち
・桃
・コメダコーヒーのシロノワール
・トミーズのあん食
・だんご庄のだんご
・ぶどう
・よーじやのゆずシャーベット
・シャインマスカット


だんご庄のだんごは、食べたいなー食べたいなーと思っていたら、
近所の人から頂くというミラクルが起きた!引き寄せた!
わらびもちも貰い物で、スーパーで売ってる安いのとはだいぶ違う。黒蜜つき!
551のアイスキャンデーは、関西人の夏のおやつとしてはデフォでしょうか。
特にフルーツ味と、ミルク味が大のお気に入りでございます。

トミーズのあん食、こちらも長い間食べてみたくて、お取り寄せしようかな〜と思っていたら
近所のスーパーで期間限定で特別販売するという広告を発見!
無事に手に入ったので分厚く切って、毎朝うほうほ気分でバターをたっぷりのせて食べた。
甘じょっぱくてたまらなく好みのお味でした。

あとはフルーツ盛りだくさん。帰国してすぐの8月の初めころは、桃がいっぱいあったので
毎日桃を食べ続け、お盆を過ぎたころからは、ぶどうと梨が押し寄せてきた。
日本のフルーツはとっても甘い。むしろ甘すぎるくらい甘い。そして大きい。
桃が特においしかった。メルボルンで手に入る桃は小さくて、わざわざ皮を剥くのが面倒くさいので
あまり食べないのですが、実家だと母が剥いてくれるおかげで毎日食べられた。有り難や。



d0084580_16065492.jpg


そして最後にデパ地下甘いもの部門…

・チーズガーデンのチーズケーキ
・マールブランシュのモンブラン2種
・福砂屋のカステラ
・高島屋で買ったフルーツサンド
・グラマシーニューヨークの桃のロールケーキ


もう何も言うことはありません。思い残すことはありません。どれも美味。
日本のデパ地下はテーマパークです。
ふわふわのスポンジ生地とか、生クリームとか、キラキラのグルーツとか、
よだれが出そうなものがいっぱい並んでいて、もう浮き足立っちゃって大変でした。

チーズケーキはお友達から頂いたのだけれど、梅田の阪急に入っているお店だそう。
私は交通の便の都合上、もっぱら難波高島屋&あべの近鉄派なのですが
阪急百貨店の地下はかなりすごいらしい。
そう聞いて、行きたい行きたいと思いつつ行けなかったのがちょっぴり心残り。次回こそ。


一応断っておきますと、実家飯では牛肉たっぷり+野菜もいっぱい食べていて
決して甘い物だけを欲望のままに食べていたわけではありません。
が、こんな感じで来る日も来る日もおいしいものをたくさん食べた結果、
帰るころには体重は+3kgとなりました。(メルボルンに戻ってきてしばらくしたら2kg減ったけど)

酷暑による夏バテ&食欲不振なんてまったくどこ吹く風。
おいしい楽しい日本滞在でした。










[PR]
# by skkiiiii | 2016-10-04 15:18 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

2016夏旅日本 洞川

d0084580_19510705.jpg



京都&奈良2泊小旅行のほかには、日帰りで洞川温泉にも行ってきました。
奈良県南部の吉野郡天川村にあります。洞川と書いて「どろがわ」と読むのですよ。
標高がやや高めの場所にあるので、避暑地として知る人には知られているのだとか。
天川村あたりはキャンプ場もいっぱいあるようで、アウトドアな家族連れにも人気らしい。

私は奈良県南部出身のくせに行ったことがなく、
洞川と言えば「陀羅尼助(だらにすけ)」という胃腸のお薬くらいしか知らなかった。
*ちなみにこの薬、南米旅行でマットがお世話になりました

実家から車を走らせればすぐに山深いエリアに行ける環境にあり、
マットも山のほうに行きたい!ということで、行って参りました。
折角だしどっか良い温泉旅館に1泊したいな〜と思ったけれど、調べてみたら1泊4万円とかだったので撃沈。
近いことだし、日帰りで、公共温泉に行くってことでいいだろうということになりました。安上がり!


d0084580_17103142.jpg


山道を心配したけれど、対向が難しいほどの険しい箇所はなく、無事に到着。
ちなみに渓谷沿いには2時間くらいの遊歩道もあるみたい。あと、鍾乳洞も。
私はさすがに今回はすべるとまずいので歩きませんでしたが、きれいな景観が楽しめるみたいです。


さて、洞川には、温泉旅館と並んで陀羅尼助のお店がほんとうにそこかしこにあります。
おみやげに買おうかなと思ったけれど、マットに「え〜。いらんのちゃう」と言われ止めた。

が!この日から10日ほど経った帰国間際になって、マットが猛烈にお腹を下すという事件発生!
実家に買い置きしてあった陀羅尼助丸にお世話になり、ことなきを得た。
ほれみたことか。だから買おうって言ったのに!!
あんた、だいたいアンデス山脈を超えられたのもこの黒いつぶつぶのおかげやで!
と、私は陀羅尼助丸のまわしものではないのですが、なんとなく持ってたら安心なお薬なのです。
昔から家にあるからかな?




d0084580_19510856.jpg



あとは温泉街をぶらーり歩き、高級旅館ではなくて
公営の洞川温泉センターでゆっくりお風呂につかってきました。
私たちが行ったのは3時くらいで、あまり人もおらずのんびり入れましたが、出て来たころには
キャンプの人たちや、遊歩道を歩いたり山登りの人たちで混雑タイムが始まりそうになっていました。
ピークタイムにあたらなくて良かった良かった。


d0084580_17103212.jpg



その後、ごろごろ水という湧き水の出るところを見たり、
母公堂という、山上ケ岳の開祖、役行者(えんのぎょうじゃ)の母親が
ご本尊だというお堂があるのをたまたま見かけ、安産祈願のお参りもしてきた。


そしておみやげには、名水とうふ山口屋のお豆腐を買って帰りました。
この洞川地域は名水で知られていて、こちらのお豆腐がとっても有名なのだとか。
何も容器を持って行かなかったのだけれど、お豆腐を2丁買えば専用の保冷容器に入れてくれるということ。
ちょっとお高めで、容器込みで950円だったかな。
夕食に冷や奴で頂きましたが、たしかにとっても濃厚でした!
あと、1丁がかなり大きめだったような。今度は湯豆腐にして食べてみたい。
日本はおいしいお豆腐が食べられていいですね。
私はいつもメルボルンに戻ってきてもしばらく豆腐は食べないように気をつけています。
だって…やっぱり味の違いにがっかりしちゃうから…悲しいねぇ。






[PR]
# by skkiiiii | 2016-10-02 17:08 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

2016夏旅日本 京都 3日目

d0084580_19230371.jpg


最終3日目は、チェックアウトの後、荷物をホテルに預けて嵐山へ行ってきました。
またまたマット氏のリクエスト。
「バンブーがいっぱい生えてるところへ行きたい」と言われ、最初は???どこだっけ???状態だった。
嵐山は私も長い間来たことがなかったので新鮮でした。



d0084580_15445687.jpg


野宮神社に寄って、竹林をてくてく歩き、よーじやカフェで一服。
この日も暑いけれど、沢山の観光客でにぎわっておりました。
竹林の素敵な写真を撮りたい人は、早朝から来るんだろうね〜などと話しながら散歩。
渡月橋のほうはマットも行ったことがあるというので、無理をせず、竹林だけの嵐山散策コースとなりました。

嵐山というと、大学の同級生に嵐山が実家のお友達がいたから、
松尾大社、鈴虫寺などに何度か連れて行ってもらったことがあった。
たしかかわいいお地蔵さんがいる苔寺と呼ばれる寺もあったはず。
遠足として、紅葉の季節にゼミのみんなで(先生も一緒に)
北野白梅町から京福に乗って、落柿舎のほうを散策したこともあった。
26、7歳のころにも、同じく北野白梅町から京福で嵐山に友人2人と来たことがあって
そのときはレンタサイクルなどして走り回ったな…などとおぼろげながら思い出した。

こんなに何度も来たことがあるはずの嵐山。
なのに!今回は行き方を完全に失敗してしまった…。
嵐山までは、なぜかバスか阪急か京福じゃないと行けないと思い込んでいた私。
京都駅前からうっかりバスに乗っちゃったら、走れど走れどなかなか着かず(実際はバスだから停留所が多い)
結局1時間近くかかってしまったぞ…。
おいグーグルよ、なぜ昨日行き方を調べたときはバスのオプションしか出さなかったのだ??
そのくせ、帰りは京都駅までの帰り方を調べようとしたら、JRを指定してくるではないか。

JRならラクラク20分くらいであっという間に到着でしたよ。
昔からJRの駅ってあった??ほんまにあった??
人間というのは、10年もたつと記憶が曖昧になっちゃうものなのね…。
ま、渡月橋のあたりなどをバスから見られてよかったけれども。


そんなわけで嵐山から京都駅まではJRで快適にさくっと戻り、ランチタイム到来。
京都駅ビルにある「はしたて」に行こうかなと思っていたのですが、
私が昔何度か行ったことのある、五条大橋近くにあるうどん屋さんも選択肢としてあげてみた。
そうしたら、「デリケートなお料理よりも、うどんのほうがいいな…」というマット。
わかりやすい味のほうが良いってことだな!

ということでバスで五条の橋の近くにある「辨慶」へ行ってきました。
10年近くぶりに食べるここのうどん。細めの麺のおうどんです。
辛めのきんぴらとお肉が乗ってる辨慶うどんと、きつねうどんとかやくご飯のセットを選び
昔のほうがもっと辛かった気がしたけれど、おいしく頂きました。かやくご飯が良かった。


d0084580_19225761.jpg


マットはこのあと徒歩で東本願寺を見学に行き、
私はバスに乗って京都駅へ戻って、伊勢丹の地下でお買い物。
お気に入りのおいしいケーキやお漬け物などを購入し、
荷物をいっぱい抱えて近鉄特急で帰路へとついたのでした。
たった2泊だけど、楽しい小旅行でございました。
今度は、マットはたぶん行ったことがないであろう宇治へも行きたいな。










[PR]
# by skkiiiii | 2016-10-02 16:43 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

2016夏旅日本 京都 2日目


d0084580_19225748.jpg



京都は奈良と違って広いし、見所がいっぱい。
どこに観光に行こうか…と話し合った結果、マットのリクエストで銀閣寺に行ってきました。
金ピカな金閣寺に比べてずいぶん趣がある銀閣寺。好きなお寺なので大賛成。
京都駅からバスに乗って、揺られること30分ほどで到着です。
経由地の清水寺、五条坂あたりでほとんどの人が降りて行ったけど、
京都駅前のバス乗り場は大混雑で圧倒された。
これは紅葉の季節だと恐ろしいことになっているのでしょうね…



d0084580_19230182.jpg



さて、銀閣寺はいつ行ってもしっかり手入れが行き届いているいいお寺だなという印象。
真夏で全体的に観光客は少なめであるおかげか、地味な銀閣寺はたいして人気がないのか、
銀閣寺も哲学の道も混んでおらず、のんびりできました。

d0084580_19364759.jpg





そして私のなかで本日のメインイベントのランチタイム!
京都に行くと決めたときから、ずっとずっと行きたかったお店に行ってきました。
それが平安神宮のそばにある、うどん「山元麺蔵」さん。
いつも読んでいる食べ物系人気ブログでも大絶賛されていて、行ってみたかったのです。

銀閣寺から京都駅に戻るバスがお店にほど近いところを通るので、途中で降り、
しめしめ、マットが銀閣寺行きたがってくれて良かったわ〜ふふん、といそいそとお店へ向かう。
が!そこで待っていたのは予想以上の長蛇の列。
こんな真夏に!(←何度も言うが暑いのよ日本の8月)みんな並ぶんか!
一瞬心が折れそうになりましたが、
「へこたれてはダメだ、私たちはメルボルンに住んでいて、また今度にしよう…なんて
おいそれと言える立場にはないのだ」とマットと自分に言い聞かせ、列の最後尾につきました。
そこから並ぶこと…1時間以上。正確には忘れた。
が、はっきり覚えているのは、
「並ぶ価値あるよ!!ほんま並んで良かった!!」ということ。



d0084580_21355070.jpg



私は「カレーうどん」を、マットは「牛と土ごぼうのうどん」を選択しましたが
どちらも出汁がすごーーーくおいしくて、今思い出しても涎が出てきそうなほど。
暑い中、汗をかきながら食べるカレーうどんは絶品。辛いなかに甘いおいなりさんが入っててたまらん。
ごぼうと肉の方の出汁もすごい。お汁をしつこくぜんぶ飲み干したくなるくらい大満足でした。
私たちの後に並んでいた常連さんだという人いわく、夜は更に混んで行列が2周することもあるんだとか。
それも納得のおいしさでした。また行きたい…。


お腹が満たされたあとは、八坂神社前でバスを下りて、ぶらぶら。
清水寺とかのほうに向かいたい??とマットに聞いたけど、
「もう今日の分のお寺とかの観光は満足」ですと。
実は東山に、アラビカコーヒーというメルボルンみたいにラテなどが飲めるお店があって
行ってみたかったのですが、観光エリアに興味ないなら、
藤井大丸にも店舗があるらしいからそっちへ行こうーと行ってみた。
そしたら…なんと藤井大丸がまさかの定休日!ガーン。

ま、そういうこともあるよね、おいしいコーヒーならメルボルンでいくらでも飲めるから
まあいっかと気をとりなおして、サンマルクでサクッと桃のスムージーなんぞを飲んで休憩。


d0084580_19230033.jpg

そして錦市場を歩いて、有次などをのぞいたりしてきました。
有次さんは相変わらず観光客などでたいへん賑わっていました。
いつかこちらの卵焼き器とか、野菜の型抜きとか欲しいなぁ。


さて、疲れたこの日の晩ご飯は京都駅八条口地下でうなぎ。
どうしてもうなぎが食べたい気分だったのでおひつまぶしを食べて満足した。
本当は、本当は、日本滞在中に名古屋にひつまぶしを食べに行きたかったわたし。
でも遠出で疲れてはいけないと断念した経緯があり、その無念をちょっとだけ晴らすことができた…かな。


d0084580_19225612.jpg


それでも、ホテルの部屋の窓からは京都駅のホームが見えて
新幹線がくるたびに「あれに乗れば名古屋なんてあっという間なのに…」とか
「あのサンダーバードに乗れば金沢もすぐ行けちゃうのに…」などと
往生際の悪いことを考えてしまう私なのでした。

ま、今回は行けなかったけど、またいつか行けるよね。たぶん。きっと。涙



[PR]
# by skkiiiii | 2016-09-30 18:33 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

2016夏旅日本 京都 1日目

奈良から京都までは近鉄特急であっという間。
ぼんやりしてたらすぐに到着です。

今回のプチお泊まり旅、滞在先にはホテルグランヴィアを選びました。
ちょうど3年前の8月に帰国したときにも京都1泊旅行をし、
そのときは京都御所近くのブライトンホテルに泊まった。
とってもとても良いホテルだったんだけど、
今回は違うところも試してみたい&とにかくラクチンなのが良かったので
京都駅直結というのが決め手でグランヴィアを選択。
前日までキャンセル無料のサイトから、いちばん安い部屋を予約しておいたところ、
チェックイン時に、「予約されたものより大きめのお部屋をご用意させていただきました」と。
ありがたい。京都駅のホームが見える、広めのスタンダードルームで快適だった。

京都駅直結は何かと便利。すぐに伊勢丹にも行けるしね!
夕方に京都に到着して一休みしたあと、晩御飯は伊勢丹の上にあるかつくらへ行きました。


d0084580_19225898.jpg


大学生の時は本気で週に1回くらい通ってた気がするかつくら。
…しかしかつくらさん、昔に比べてずいぶん高くなったような…
とんかつも漬け物も相変わらずおいしいけども、
ビール、とろろにお土産用のお漬け物まで買ったからか、5000円以上になったぞな、もし。
昔はひとり900円くらいでお腹いっぱいだったはずが…



d0084580_19225979.jpg


その後はマットが「川のとこにお店とかあるとこに行きたい」というので、
バスで三条あたりまで行く。木屋町や先斗町を歩き、三条スタバの床で甘いフラペチーノを飲んで来た。
妊婦じゃなければお酒でも飲めるのですがね。
それでも暑い夏の夜は楽しい。
若者がいっぱいで、私もあんなふうに自転車であっちこっち走り回って
集まって飲んだりしてたなーと大学時代が懐かしくなったのでした。














[PR]
# by skkiiiii | 2016-09-27 19:04 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

2016夏旅日本 奈良

日本滞在中はどかーんと旅行などはなにもせず、
大阪に何度も出かけたほかは、観光らしいことは京都に行く予定を立てていたくらい。
京都には2泊するので、ついでにちらりと奈良にも寄って行くことにしました。

奈良公園、前も行ってなかったっけ?と思われるかもですが
奈良県民だけれど奈良市民ではないわたし。
むかしから、奈良公園界隈に行くのが好きなのです。



d0084580_21543369.jpg



近鉄奈良駅を下りて、ちょっと歩いたら、そこはもう鹿たちの公園。
鹿〜鹿〜♪

真夏の奈良・京都なんぞに行く酔狂な人間はあまりいないだろうと思っていたけれど
外国人観光客の皆さんで賑わっておりました。
こんなあっつい8月に日本に来るなんて!しかも盆地は暑いんだから、もっと涼しいとこに行けばいいのに!と、
自分たちのことは棚に上げて思ってしまった。そのくらい暑いですよ、8月の日本。




d0084580_21544172.jpg



仁王像は相変わらずかっこいいな〜でっかいな〜と感激し、
大仏殿前まで行って、相変わらず大仏様は拝まず外観だけを眺めて、
あとはひたすら鹿のいる公園&ならまちをぶらぶらし、まったりしてきました。



d0084580_21543591.jpg


ランチは、日本ではずっと実家で昼晩も食べることが多くて和食に飽きていたのもあり、
猿沢池近くの Bambuno というイタリアンのお店で。
酒粕のパスタと、大和茶のパスタ。
お茶のがとてもおいしくて満足満足。

その後はかき氷を食べにいくことに。
かき氷は夏になると全国各地で有名店の名前が出たり、雑誌で特集が組まれたりしているけれど、
奈良でも人気なようで、かき氷ガイドなるものがありました。



d0084580_13133726.jpg



事前に雑誌などで読んでいて行きたかったお店「ほうせき箱」は
昼過ぎの時点でなんとすでに予約で完売!涙 だったので、駅近のちがうお店で食べました。
いちごミルクと、マンゴーのと。普通においしかった。
そしたらマットはなんと、かき氷を食べるのはこれが初めてだと!
そんな人がこの世の中に存在することにびっくりでした。

我が家では、夏のおやつと言えばかき氷(コアラかペンギンの形で手でくるくる回すやつ)だったのに。
国としての文化の違いか。あるいは家庭の文化の違いか。
残念ながら我が家の手動式のは数年前に処分されてしまったけど、
うちの母は「こないだ電動でめっちゃふわふわに削れるかき氷機が売られてて、
買うかどうかめっちゃ迷ってん。孫たちがもうちょっと大きくなって食べれるようになったら買うで〜」
などとおおいに張り切っていた…。



d0084580_21544457.jpg


まあ、そんなことはさておき、今回は元興寺にも行きました。
あとは、ふきんや、鹿クリップ、だるまちゃん模様のマステなど、
奈良みやげをいろいろ買いこんで満足満足。
心残りは、行きたかった雑貨のお店が月曜でお休みだったこと…。

でも、奈良は帰国したらいつでも行けるので、また今度!
駅で大仏プリンを購入したら、近鉄特急に乗って次は京都へ向かいました。



d0084580_13133962.jpg


[PR]
# by skkiiiii | 2016-09-26 22:34 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

2016夏旅日本 妊婦で飛行機



d0084580_15351068.jpg


8月はずっと日本にいた私とマット。
「日本に行く」というと、なかには「妊娠してるのに飛行機大丈夫??」と心配してくれる人がいた。

実はこの8月の日本行きは、妊娠が発覚するよりも前の今年のはじめにセールで予約をしてあった。
姉のところに赤ちゃんが生まれるので顔を見に帰って(元気に生まれた)
夏の暑い日本でビールいっぱい飲もう〜なんて考えて予約していたのだけれど、
そうこうしている間に自分の妊娠が分かったのだった。
8月の日本となると暑いし、25週から29週でかなりお腹も大きくなっているかも…と分かった時点で
日程を変更することも考えたけれど、ジェットスターなので変更にもお金がかかる+面倒くさい。
というわけで、そのまま予定通り行くことになったのでした。

「マタ旅」という言葉があるくらい、妊娠中に最後の思い出旅行をしようーみたいなのが
一部で流行っているらしいけれど、私は知らない土地で何かあったら嫌だなと思うタイプ。
海外生活&旅行慣れしているだけに、海外でもしものことがあった時の大変さを理解しているつもり。
それでも、例えば医療システムとか医療費のこととか、日本かオーストラリアでなら
何か不測の事態となっても何とかなるはずと思ったので日本行きは決行し、
計画を立てつつあった台湾 or 沖縄行きはあきらめて、
実家周辺でのんびり過ごすということにしたのでした。
残念だけど、こればっかりはしょうがない。
(かといって、自己責任で保険もしっかりかけてマタ旅に行く人はそれはそれで良いと思います)


結果として、日本でも帰って来てからも、何事もなく元気に過ごせてます。よかった。
安定期の最後ということで体調もよかったし、食べ物もおいしく食べられたし。


さて、行くと決めたものの、25週−29週と結構お腹が大きくなってから長距離国際線に乗ることに対して
ドキドキして担当GP(女性)&ミッドワイフ(女性)にお伺いをたてたところ、どちらも
「大丈夫!Don't stress!家族に会えるなんてファンタスティックー♡楽しんできなさい!」と言ってくれました。
妊娠経過にはなんの問題もなかったからか、拍子抜けするくらいあっさりと。

ただ、ずっと診てくれてたGPが日本行きの直前から違うクリニックに移動になってしまったので
代わって担当になった比較的若いアジア系(男性)GPに
念のため診断書を書いてもらう&チェックアップに行ったところ
「ふむ…何時間のフライト?…ええっ、長いね…うーん…」という感じで
先の2人とは違って最初はかなり不安顔。
こういうの、同じオーストラリアでもアジア人は保守的とか、文化の違いが出るのかなと思った次第。
とは言っても、結局OKが出て、彼も「楽しんでおいでね〜」と言ってくれたのですが。
ただし、飛行機での長距離移動の注意事項として
①水をいっぱい飲む ②20〜30分おきに歩き回る ③着圧ソックスをはく
この3点はしっかりしっかり気をつけるように言われた。
もし足に血栓のようなものが出来たら、何があってもすぐに病院に行くこと!とも。
あと、ネットでいろいろ調べていたら、
「炭酸飲料は気圧のせでお腹がパンパンになっちゃうから避けるように」とあったので、それも気をつけた。


で、実際に乗ってみてどうだったかというと…
まあ足はパンパンにむくみはしたし、妊娠してないときよりは格段に疲れたけれど、
血栓などはできずに大丈夫だった。

行きは、1人299ドルでビジネスにアップグレードできますよーというオファーが来たので
それを利用してビジネスクラスで飛びました。ビジネスと言うのは名ばかりで、
LCCじゃない航空会社ならプレミアムエコノミーくらいのレベルだけれども。
このオファー、以前も来たことがあったけど、その時はマットに「もったいない」と言われ断念。
でも今回は、さすがに広々移動したいなーと思っていて、
なぜかこのオファーがくるような予感がしてたら、ほんとに来てラッキーでした♡
どうやって誰を対象者に選んでいるのか知りたい。

一番前の席を選んだので足元も広く、さらに、隣の席の人が
「君たち新婚さんぽいから」と移動してくれて(いや!全然新婚じゃないんです!)
さらに広々と使えました。
夜中発の便だけど、ご飯食べて、水をいっぱい飲んで、何度もトイレに行って、寝て…ラクラク成田に到着。

しかし、楽だったこの便の次に乗った成田−関空の国内線は、狭いし、満席だし、
滑走路での待ち時間が長かったしで、短時間の割に何気にちょっと辛かった。。。


そして帰りの飛行機はというと、残念ながらアップグレードのお知らせは来ず。
往路便に乗ったときよりもお腹は大きくなっているし、
29週に入っているので、制約があって、非常口前のextra leg room席を予約することもできない。
とりあえず少しでも負担を減らそうと、ケアンズ−メルボルン便の国内線を、
関空–ケアンズ便と同じドリームライナーの便に変更しました。
荷物をメルボルンまでピックアップしなくて良いし、
狭い国内線と違って、ドリームライナーだと広い機体だしと思って。
(ジェットスター国内線の狭い席はこりごりだと思ったのです)

あらかじめ3-3-3並びの真ん中のDEF席のうち、D席とF席を座席指定し、
搭乗手続きのときに、「もし満席でなければ間のE席をブロックしてもらえないか」とお願いしたのですが、
結果的にそんな必要はまったくなかったくらい、関空−ケアンズ、ケアンズ−メルボルン便のどちらもかなり空いていた。

座席に余裕があったので、足をのばしてマットにマッサージしてもらえたし、
空いているからトイレもいつも赤ランプなんてこともなく安心だったし、
血栓が出来るといけないから何度も機内をうろうろしたけれど
空いてる便は乗客みんな、なんか余裕があっていいですね。


結果として、選んだ便は往復ともに当たりでした。
それでも足はパンパンにむくんだけれど!

次に飛行機に乗るときにはお腹の赤ちゃんも出て来ているわけで、
はてさてどうなることやら、いまからドキドキです。
大事なのは、なるべく空いてそうな便を選ぶこと、これに尽きるような…













[PR]
# by skkiiiii | 2016-09-23 15:49 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

本と映画と

なんか暇だ暇だ〜と思いつつ、
昨日は「渡る世間は鬼ばかり」スペシャル前後編、計4時間も観てしまった。
赤ちゃんが生まれたらゆっくりテレビを観たり本を読んだりする時間なんてなくなるかも…を言い訳に
怠け者街道まっしぐらです。
(実際は、出産後はどこにもいけずひきこもりで、テレビが大親友になるらしいけれど)


で、テレビばかりではなく本も読んでいるので、
最近読んだ面白かったのを記録しておこうかと。
また図書館で借りて来た本ばかり。

①ランチのアッコちゃん 著者:柚木麻子
こういう、仰々しい大物語ではない日常のちょっとした話で、
でもちょっとだけ普通じゃない設定のなかで食べ物が出てくる物語が大好き。
ドラマ化もされていたようで、観なくては!

②タルト・タタンの夢 著者:近藤史恵
③ヴァン・ショーをあなたに 著者:近藤史恵
こちらも物語のなかに料理が絡んでくる、日常のなかにちょっとスパイスを効かせた話。
近藤史恵さんという作家の作品では「サクリファイス」を読んだことがあるけれどかなり趣が違う。
いろいろ書けてうまい作家さん。全部読んでみたくなる。

④シンデレラティース 著者:坂木司
⑤ホテルジューシー 著者:坂木司
「和菓子のアン」を前に読んでおもしろかったので読んでみた2冊。
主人公は若いのだけれど、周りの登場人物たちが魅力的。
人生の大事な段階で、どんな人に出会うかって大事だなーと思う。


ついでに、このあいだ公開になったばかりの映画「ブリジット・ジョーンズ」も観て来た。
公開すると聞いて下調べしてみたら、なんとダニエル役ヒューグラント出ないとあるではないですか!
がーんがーんがーん。
ヒューグラントが出演してないならもう観なくていいわ…と思いつつ、宣伝用ポスターをみたら、
あら!!パトリックデンプシーが出るじゃないの!!
グレイズアナトミーをやめてから、こんなところにいたのね、あなた。
というわけで、すぐに意を翻して観てきました。

d0084580_19113646.jpg


今回はブリジットが赤ちゃんを生むというお話なのですが
いろいろつっこみどころ満載。でもエコーのシーンなんかでは何故か泣きそうになったりした。
しかしコリンファースもレニーも、当たり前だけどみんな年を取った…
そしてコリンファースと並んだら、なんだかパトリックデンプシーが見劣りした。
(マットはコリンファースよりデンプシー氏のほうがずっとかっこ良くて
「こんなおっさんになりたい」像に近いと思ったらしいけど)

気楽に観られて楽しい映画でしたがね。最後にちょっとびっくりもあるし。
そして前作、前々作を観たり、本を読んだのはもう10年以上も前なのか…と
あっという間に流れる時間にまた思いを馳せたのでした。







[PR]
# by skkiiiii | 2016-09-21 19:43 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

最近の我が家

何も書かずにいたら、いつのまにか9月も中旬を過ぎていた。
「おとなになったら1年1年が早いわよ〜」なんてよく聞くけれど、
ほんとうにあっという間に今年も残り3ヶ月半ではないですか。

私の場合、数ヶ月書かずにいることもザラで
「この数ヶ月特に何も書くことがなくって…」というのが常ですが、
今回はちょっと違って、最後に投稿した4月以降
我が家は大きな変化に向かってゆっくりと、しかし着実に動いています。
というのもわれわれ夫婦、とうとう子宝に恵まれまして、11月が出産予定なのです。
31週のお腹はすでにぱんぱんです。
ここからまだでっかくなるのか…と思うとドキドキ。



d0084580_16055815.jpg



というわけで、何も書かなかった期間から今に至るまで妊婦として過ごしているのですが
4月はなんとなく体調不良で寝てばっかり、
5月は翻訳の仕事などでそれとなく、
6月は週5でのアルバイト、
7月はなんやかんやでバタバタ、
8月はマット共々一時帰国という感じの日々でした。


その間、オーストラリアで出産育児に励む方たちのブログを読みふけったりして
いろいろ参考になったので、私も出産してしまったら
全然ゆっくり振り返ることなんてできないだろうから
いまのうちに、何も書けずにいた期間の妊娠記録も軽く記しておきたいな…などと思ってます。
誰も興味ないかもですが、ひょっとしたら私のつたない記録が誰かの役に立つかもしれないのでね。


というわけで、ブログ書くぞー。
まずは忘れてしまわないうちに、日本一時帰国記を書いておこうかな。










[PR]
# by skkiiiii | 2016-09-19 16:11 | マットと私 | Trackback | Comments(0)

夏の思い出 フェスティバルなどいろいろ

今年も夏が終わった。
暦の上では秋である3月は、まだ夏っぽい暑さも残っていたけれど、
とうとうサマータイムも終わって今日を最後にたぶんもう寒い冬に向かって一直線。

毎日引きこもりな日々になってしまいそうな冬を前に夏の思い出を振り返ってみた。
2月の終わりから3月にかけては、毎年なんだかフェスティバルと名のつくイベントが多い気がする。


3月の第二週末にはサウスメルボルンマーケットで、マッスルフェスティバルがあった。
マッスルと言っても、筋肉自慢の会ではない。
ムール貝のほうね。


d0084580_16031377.jpg

色んなお店のがあったけど、claypotとkoyのを食べた。
とってもおいしい。最後はちょっとだけしょっぱかったけど。
また今年もマッスル鍋やるぞ。



d0084580_14061119.jpg


ゴントランシェリエのパンを買ったのは、Food and Wine フェスティバル。
パンにばかり気を取られていて、おいしそうなアイスクリームを
食べ損ねたのがすごく心残り。



d0084580_14061146.jpg



2月の終わりには、毎年楽しみにしているMSOのピクニックコンサートに行った。
今年は毎年一緒に行っているけだま夫妻は都合がつかなかったので、
マットとしっぽりふたりきりのロマンチックナイト。

今年は3回公演があり、スケジュールを見て最終日に行くと決めた。
なぜなら、この日の演目はタンゴだったから。



d0084580_14061291.jpg



これがすっごく良かった。音楽も素敵だったし、踊りも観られたし、
いつもは寝転がってぼけーっと空を見ながら楽しむこの演奏会ですが、
今回は三角座りで前のめりになって聴きいったのでした。

このイベントの問題は、人が多過ぎることかな…。
私が行き出して、かれこれもう6年目なのですが、
確実に昔に比べて人が増えています。
早めに行ってピクニックを楽しんでいるころは、隣の人ともほどよく間隔をあけて
のんびりできるけれど、だんだん人が増えてくると、「え!あなたそこに座っちゃうの?」
みたいな感じで、お尻をねじ込んで来られます。

譲り合いの精神は絶対大切なんだけれど、お尻をねじ込んできた人のせいで、
せっかく早くから行ってた人の方が変な体勢で見なければいけなくなったりしては残念。
だから、早めに行った人たちのほうも、人が増えて来たら、
ピクニックシートをくっつけあって、余分なスペースを空けたりしないのが大切かな、
そしたらみんな嫌な気持ちにならないのかもな…と思ったり。むずかしいですな。


他にもWhite Nightやジャパンサマーフェスティバルもあった。
夏はいろいろイベントがあって楽しかった。


残念だったのは、今年は一度も海に行けなかったこと。
(ベトナム旅行では行ったけど)
来年の夏は、モーニントンとアデレードの海に行きたいな。
そして来年はちょうどいまの桜の季節に日本に居たいぞ。

そんなこんなで、来年のことばっかり考えて、冬が来る憂鬱と戦っております。













[PR]
# by skkiiiii | 2016-04-05 18:51 | メルボルン | Trackback | Comments(0)

ゴントランシェリエのパン


d0084580_13441258.jpg


とうとうやってきました!
メルボルンでゴントランシェリエのパンが食べられる日が!
今週末まで開催中の、Melbourne food and wine festivalにポップアップショップが出店中なのです。


思い返せば、1年に近く前…
メルボルンにお店ができるらしいと言うお知らせを読んだものの、
その後調べてもなにも新しい情報が入ってこないまま時は流れ、
年末日本に帰るも大阪には店舗がないので悲しい気持ちのまま
ゴントランさんのパンのことを恋い焦がれておりました。


が!今年に入ってから、オープンが正式に決まったとアナウンスがあり、
さらに3月にMelbourne food and wine festivalに
ポップアップショップが出るとのお知らせを目にしたのです。


それを知ってからの私といったら、クリスマスを指折り数える5歳児のごとく、
まだかまだかと首を長くして待っていたのでした。


そして待ちに待った先週末、早起きしていそいそとパンを買いに向かったわれわれ夫婦。


Lune クロワッサンとか(今の店舗にはまだ行ったことないんだけど今もかな?)
Flour marketとか、人気のパン屋やイベントには長蛇の列ができるから、
きっとそんな感じに違いない…早く行かなくちゃ…と、黒山の人だかりを予想して
早起きして土曜日朝10時に着いてみたところ、全く列なんて並んでいなくて拍子抜けしたのでした。


すんなりバゲットとクロワッサンを買ってまず朝ごはんに食べ、
その後また持ち帰り用にバゲットなどを買いに行ってチョコクロワッサンが焼き上がるのを待っていたら、
PR担当らしきおじさまが話しかけてきて下さり、さらにゴントラン氏ご本人ともちょっとお話しできたりして
なんだか嬉しすぎて舞い上がってしまったのでした。

おじさまがゴントランシェリエ氏を指差して、
「彼はフランスでもあちこちの国でもすっごく有名なペイストリーシェフなんだよ!
なのにここではだーれも知らない!なんてこっちゃ!ほんとにもう!」と力説するので、
「知ってます知ってます!日本ではこの店有名ですけんね。
わたしなんかこないだから寝られないくらい楽しみに待ってましたんです、はい」とこちらも力説しておきました。
それにしてもフランス語もフランス語訛りの英語もとっても耳に心地よい…♡



d0084580_19143782.jpg



焼きたてのチョコクロワッサンは、サクサクで、
今まで食べたチョコクロワッサンの中でいちばんおいしかった。
バゲットも、ほんとおいしい。
クロワッサンは今もまだChez Dreのがメルボルンではいちばん好きだけど、
バゲットはゴントランシェリエだな!と思った次第でございます。


その後も、友達を誘って2回も買いに行ってきました。



d0084580_13441118.jpg



6月にオープンするお店はどんな商品が並ぶのか、今からとても楽しみです。
メロンパンと、ヴィエノワールミルクと、モンブランがあるといいなぁ…♡


とりあえず今週末も、最後にまたいっぱい買いに行かなくては。
小麦粉過剰摂取気味な今週の私です。





[PR]
# by skkiiiii | 2016-03-11 13:57 | 食べ物/ベジ | Trackback | Comments(0)

2015年を振り返ってみた&2016年の目標など

毎年恒例の、昨年を振り返ってみるシリーズ。
2015年のまとめも今さらだけれどやってみた。
振り返って反省してこれからに活かすことは大切だから。
2月も後半だけど、そんなことは気にしちゃだめ。


2015年の抱負はこんなのだった。
・刺繍をする
・仕事量をもうちょっと増やす
・3月までに体重−5キロ
・車を買い替える
・アジア旅行
・毎日丁寧に暮らす


意外にもほとんど実現していて
刺繍は冬のあいだにひとり刺繍部状態でいっぱいしたし、
仕事量は増えなかったけど、やりたいことはやったし、
車は買い替えた。
アジア旅行はベトナムに行ったし、
まあそれなりに毎日丁寧に暮らそうと努力はした。

が、どこをどう計っても体重−5キロは実現していない…。
むしろ+5キロに近いくらい増えたような…。


思い返せば、2015年は1月のサッカーアジアカップではじまった楽しい1年だった。
1月のシドニー、3月の日本、9月のベトナム、年末年始の日本と、
気がつけば旅行が多かった。おかげでただいま絶賛貧しい暮らし中。

青梅を見つけて初めて梅酒を仕込んだほか、他の果実酒もいろいろ仕込んだ。
キムチ仕込んだり、栗仕事をしたり、チェリーもいっぱい食べたりと
年を重ねるにしたがって、年中行事が増えている感じがする。

しかし、いいことばかりではなく、11月1日に初めて車の事故に遭った。
そこからは運気が下降気味で、その後年末年始にかけて、
どうもぱっとしないもやもやした数ヶ月となっていました。
が、なんとか今月最初にそれは抜けたよう。
運気が底の時は、そんなときもあると思って、じっと静かに身を潜めておりました。


そんなわけで、毎年同じような内容だけれど、
2016年の抱負は以下のとおり。 

・英語の本をたくさん読む
・毎日規則正しくきちんと生活する
・今年こそ真面目に本気で痩せる(8月までに−6キロ)
・寝室の壁飾りを織る
・ヨガをやる


目標を立てるときは、長期目標を立ててから、細かくゴールを設定していくことが大切。
貯金もしかり。なので体重コントロールは1ヶ月1キロ減を目指す。
今年は運動センターでヨガとかのクラスに参加したいな…と思っておりますが
どうなることやら。

とりあえず2016年も、健康で良い一年となりますように。







[PR]
# by skkiiiii | 2016-02-24 20:18 | 考えごと | Trackback | Comments(0)


オーストラリア生活記


by skkiiiii

カテゴリ

全体
アデレード
メルボルン
ともだち
本・映画
旅行
南米旅行 2012
中米旅行 2009
オーストラリア国内旅行
ハンドメイド
食べ物/ベジ
マットと私
op shopping/サステナ
wedding
flower
メルボルンでの部屋探し
オーストラリア移住準備
いえ/インテリア
スペインポルトガル旅行2014
考えごと
ガーデニング
妊娠経過
育児
未分類

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

プロフィール

2010年4月にアデレード出身のパートナーと一緒にメルボルンに移住してきました。

旅と本と猫が好きな私+夫+飼い猫ミニーの暮らしの記録。

最新のコメント

> sowhat99さん..
by skkiiiii at 11:29
久しぶり~に覗いてみたら..
by sowhat99 at 19:15
++きんさん ご無..
by skkiiiii at 18:57
久しぶりです。ワタシ日本..
by きんさん at 19:04
++ Mehreenkh..
by skkiiiii at 12:31

検索

タグ

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28